憧れだったチャレンジャーMT仕様で第二の人生を遊び尽くす!

クーペ

ダッジ

Let's Enjoy CHALLENGER

チャレンジャーSRT392

アメマガ2020年10月号

チャレンジャー

カーボックス

広島

2012 Challenger SRT392 HEMI

Let's Enjoy CHALLENGER -かっこいいが一番楽しい


2012 Challenger SRT392 HEMI

定年退職で自分へのご褒美。第二の人生を遊び尽くす!

定年退職まであと1年。長谷川さんは頑張った自分へのご褒美として、憧れだったチャレンジャーMT仕様の購入を決める。これから始まる第二の人生は、走ってイジって、たっぷり遊び尽くすのだ!

我慢できずにカスタムに目覚める

遡ることと4年前「来年定年退職なんだけど、夢だったチャレンジャーのマニュアルを買いたいから、そのときはヨロシク!」と、カーボックスを訪れ1年後の来店を告げた長谷川さん。特殊な経緯でショップを訪れるオーナーも過去に居たことから、当初はショップも「陽気で面白いおじさんが来たね」ぐらいに思っていたが、それから1年後、退職金でチャレンジャーを買うことを奥様に了解も得て、鼻息荒く、買う気満々で本当に来店した長谷川さん。

2012 Challenger SRT392 HEMI

だがしかし、チャレンジャーのMT仕様は、豊富な在庫を揃えるカーボックスでも滅多に入庫しないレアモデル。当然、入庫までだいぶ待ってもらうことになる…ハズが、なんと極上車がオークションに登場!まさにミラクル!もちろん長谷川さんは即決し、MT仕様の12年型SRT392をゲットしたのである。

2012 Challenger SRT392 HEMI

その後、購入3年で9万kmを走破するなど、走りの楽しさに没頭する長谷川さんだったが、次第にノーマルでは物足りなさを感じ、カスタムへの欲求が徐々に湧いてきていた。だが「年齢的に我慢すべき」との思いもあり、しばらくは葛藤の日々。が、ツーリングで仲間の派手なクルマを見て我慢が抑えきれず、ショップの在庫で一番目立つキャンディレッドのVOSSENホイールを即決。こうなると歯止めは利かず、ハニービーのデカールで大胆に装飾までしてしまった。「派手過ぎて奥様に怒られるのでは?」と心配するショップを横目に、当の本人は満面の笑み。長谷川さんは、今後もとことん遊び尽くす!

_DSC5119_DSC5133

購入当初はノーマルを維持していたが、カーボックスに通う仲間達とツーリングすると、周りはカスタム車だらけで次第にカスタム欲が湧いてきたという長谷川さん。だが、年齢的な部分やお孫さんもいる身だけに、着手には葛藤もあったとか。しかし結果的に、我慢できずにキャンディレッドのVOSSENホイールを即決購入し、ド派手なハニービーデカールなどもボディに投入してしまう。ここまで仕上がると、お孫さんがいるおじいちゃんが乗っているとは、誰も想像できないハズだ。

_DSC5147 _DSC5142 _DSC5051

絶対条件だったMT仕様を手にし、新たに就職した職場には毎日通勤で使用中。通勤以外でもドライブが日課で、購入して3年で9万kmを走るなど、とにかく走ることが楽しくてしょうがない長谷川さんだ。もしかしたら次はチューニング?

_DSC5085

Owner:長谷川(はせぴょン)さん


CARBOX【カーボックス】

TEL:082-815-8448
HP:http://www.bs-carbox.jp/
写真/高原義卓 文/相馬一丈
アメ車マガジン 2020年 10月号掲載

最新記事


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]