【71年型チャレンジャー】グラフィックが際立つMOPARマッスル

クーペ

ダッジ

THE VINTAGE

ダイレクトイグニッション

チャレンジャー

アメリカンレーシング

アメマガ2021年1月号

MOPAR

北海道

MOPARマッスルのチャームポイントであるグラフィックが際立つ71年型。マスキー法によってマッスル氷河期に突入したタイミングの車両なだけに、現在では激レアな存在の71年型ダッジ・チャレンジャーといえる。

THE VINTAGE


ダッジが放ったポニーカーのチャレンジャー!トランザムレース参戦を目指して投入された。

1971 DODGE Challenger

08年に復活し、現在でもラインナップ中の3代目チャレンジャーのスタイリングの元になった初代Eボディのチャレンジャーは、同世代の他社モデルと比較しても、とりわけロー&ワイドに特化したシャープなシルエットが魅力的。初代70年型に対し、細かなディテールの違いでマイナーチェンジを受ける71年型は、単純にエンジンパワーが低下している点で、マッスルカーとしてはポイントが落ちるため、70年型が総合的に頂点とされている。

 

マイナーチェンジでアレンジされたグリルやテールにしろ、追加されたダミーダクトなど、70年型よりも厚化粧な感じ。グラフィックのデザインもよりインパクトが高いのがポイントだが、それこそが71年型ならではの魅力であり、マッスルカーらしい色気を感じるし、激レア車としてのステイタスも味わえる。この個体はそんな魅力にハマった若干22歳のオーナーのリクエストに応じて、ダイレクトイグニッションがアメリカから輸入~国内新規登録している。

 

SCCAのTrans-Amレース参戦に向けて70年に投入したダッジ初のポニーカー。マスタングやカマロの対抗馬として完全なる新設計されたEボディは、プリマス・バラクーダの姉妹車であり、ローアンドワイドに特化したプロポーションの美しさで高い人気を誇る。Trans-Amレースのホモロゲーションモデルとしては、Trans-Amの頭文字からT/Aのネーミングが与えられた。他のMOPAR同様に、搭載エンジンは、スタンダードV8の318ciをメインに、340、383、440、そして最強の426HEMIまで選択可能。マッスルカーとしても人気も高かったが、GM、Fordに対して、MOPARはマイナーな存在だったうえ、マスキー法制定によってハイパフォーマンスカーが低迷する中、74年をもって潔く生産中止となった。

1971 DODGE Challenger

内外装は基本的にオリジナルのスタイルなだけに、純正のラリーホイールがお約束だが、ポリッシュのアメリカンレーシング5スポークにアレンジすることでカジュアルな雰囲気で好感度が高い。

IMG_1916

公道からレースまで(ロード&トラック)を意味するR/Tをよりアピールした71年型特有のグラフィックは大きな魅力。フードとサイドストライプとで、R/Tのフォントが独自のフォントでデザインされている。

IMG_1696

R/T=ビッグブロックではあるが、この個体はスモールブロック最強の340ciを搭載する。ハイパフォーマンスな4バレルによる275hp仕様。トランスミッションは、3速ATのTF727。

IMG_1689 IMG_1691

インテリアは、ウッド調の化粧パネル&4連装ゲージによる“ラリーダッシュ”とセンターコンソールのオプションを装備。ステアリングや茶色の内装色とのコントラストが時代性が現れて雰囲気が良い。

IMG_1924IMG_1920

ボディラインの美しさを強調したサイドストライプは、70年型T/Aに通じるいかにもMOPARらしいデザイン。71年型特有のストライプだったが、3rdにおいて復活採用された。ダミーダクトはハイパフォーマンス専用のパーツ。


取材協力::ダイレクト イグニッション
TEL:011-776-0001
Photo&Text:編集部
アメ車マガジン 2021年 1月号掲載

関連記事

RELATED


見た目は70年型だが 中身は最新モデル!?【ダッジチャレンジャー】

1970 DODGE challenger

ハイパフォーマンスMOPARもSPORT名古屋でGetできる!【グッドスピード SPORT 名古屋】

近頃、JEEPとマッスルカーを積極的に手がけているSPORT名古屋。経済性に優れたスタンダードモデルを数多くラインアップするが、今回はその中でもHOTバージョンのMOPAR車を紹介しよう。

SOUL OF MOPAR GOOD SPEED SPORT NAGOYA

【エッジカスタムズ チャレンジャーS】フロントマスクの印象から、付いたサブネームは「レッドアイ」

DODGE CHALLENGER SRT Hellcat
EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE

2019年モデルのチャレンジャーに変化あり?オプション設定でグレード展開は増加。

2019年モデルのダッジ・チャレンジャーの大幅な変更について紹介。特にSRT392の廃止、特別グレードのオプション化、ヘルキャット・レッドアイとヘルキャットのパワーアップなどにフォーカス。R/T Scat Packがノン・スーパーチャージド・モデルのトップとして注目されている。

初代チャレンジャーの魂を色濃く反映 MOPARらしさが光る「T/A 392」

ダッジ・チャレンジャーはトランザムレース参戦を前提として1970年に新設計で投入されたスペシャルモデルである。

 

最新記事


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]