豪快なワイドフォルムで、圧巻のオーラを放つマスタングコンバーチブル

オープン

フォード

フォージアート

マスタングコンバーチブル

マスタング

ユニバーサルエア

TOPPO

CSD

アメマガ2021年3月号

愛知県

EXTREME CUSTOMS

グレイスキャブ

FORGIATO

2012 FORD MUSTANG CONVERTIBLE

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味


2012 FORD MUSTANG CONVERTIBLE

2012 FORD MUSTANG CONVERTIBLE

アメリカのTOPPOが製作したワイドボディを自分色に染める

豪快なワイドフォルムとディープリムから溢れ出す存在感が、圧巻のオーラを放つマスタングコンバーチブル。アメリカで製作された車両をただ日本へ持ち込むだけじゃなく、オーナーの個性やアイデア、そしてイメージを惜しみなく取り入れたオンリーワンカスタムの魅力に迫る。

クビレのない独創的なフラットワイドフォルム!

ここ数年のトレンドと言えばワイドボディキット。チャレンジャーを筆頭に超ワイドフェンダーをまといディープリムを履きこなすスタイルは本国でも日本でもトレンドのスタイルとして定着している。しかし、そのほとんどはフェンダー部分を膨張させつつウェストラインにクビレをもたらす、C3などにありがちなクビレを強調させたグラマラスボディが主流。そんな定番を払拭させるかの如くアメリカのTOPPOが製作したワイドボディをまとうのが紹介するマスタングだ。

2012 FORD MUSTANG CONVERTIBLE

もはやシルエットだけではマスタングと判別不可能なレベルにまで造型が変貌を遂げており、ドアを開けるとフルサイズSUVのサイドステップ幅を超える厚みを誇るこのワイドボディキット。その独創的なフォルムに魅了されてグレイスキャブが仕入れた車両を見て一目惚れ。コレをベースに自分の思い描くマスタングのワイドコンバーチブルを製作したいと即決で購入したオーナー。


特筆すべきは白黒基調のモノトーンカラーコントラストの中に上手く融合させたワンオフメッシュグリル、CSD社製8ポットキャリバー、社外ヘッドライトなど細部へのこだわりだ。チャージャーにも通じる話ではあるが、決して色や装飾物で誤魔化さないシンプルさと、シンプルでありながらも主張の強い部分を引き出す味付けが絶妙に脚色されていることである。クビレのないワイドボディはそれだけで存在感があり、それ相応のアクセントを添えるのは至難の技。この足し算引き算がカスタムセンスを問われる最重要項目であり、グレイスキャブの腕の良さが際立つ瞬間と言って良いだろう。

TOPPO社製のワイドボディ DSC_2098

フロントバンパーからフェンダーへとナチュラルな造形美でリアエンドまでワイドシルエットを生み出すTOPPO社製のワイドボディ。ワンオフメッシュグリルにフォージアートのエンブレムが似合う。キャンディレッドにペイントされたダッシュパネルとツートーンで赤を取り入れたカスタムインテリアも特筆物だ。

ディープリムなFORGIATO MARTELLATO DSC_2107

ユニバーサルエアー社の2輪独立エアサスを採用して、フロント245/30R22、リア335/25R22の極太タイヤをディープリムなFORGIATO MARTELLATOで履きこなすボトムスは圧巻。ホイールをボディとマッチする様に白黒基調として、CSD社製の赤いブレーキキャリパーの存在感を絶妙に際立たせる。

DSC_2094

OWNER:Sheland


Grace cab【グレイスキャブ】

TEL:0568-35-7790
HP:http://gracecab.jp
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載

関連記事

RELATED


ネイリストとして活動するアメマガガールの愛車はマスタングGTカリフォルニアスペシャル

彼女たち流のアメ車との付き合い方
FORD MUSTANG GT CALIFORNIA SPECIAL CONVERTIBLE

レーシー且つストイックなスタイルでアシンメトリーにカスタムされたマスタングGT!

2014 FORD MUSTANG GT

大排気量のマッスルカーよりも、唯一無二の存在というべきカスタムカーの方が好きだった

クライスラー300を皮切りに、V8 チャレンジャー、そしてこのマスタングと乗り継いできたオーナー氏。誰もが一度は大排気量のマッスルカーに乗りたいと思うが、いざ乗ってみて分かったことは「マッスルよりもカスタムカーが好き」という事実だった。

ローライダーでありつつ、ビンテージ感も演出するシボレーベルエア!

1956 CHEVROLET BEL AIR

アズールモータリングの魅力を凝縮したような1台 / ビュイック・リビエラ

ハイセンスなカスタムカーを世に送り出しているAZRことアズールモータリング。モダンマッスルやSUVなどイマドキのモデルを扱っているイメージが強いが、実はビンテージアメリカンにも力を入れている。シェベル、リビエラ、マスタングエレノア仕様を紹介しよう。

VINTAGE AMERICAN Produced by AZZURRE MOTORING
1966y BUICK RIVIERA / 1967y FORD MUSTANG Eleanor Ver.

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。