【フォードマスタング】マッスルではなくエレガント、流れるようなシルエットに一目惚れ

オープン

フォード

アメマガ2024年3月号

マスタング

グレイスキャブ

愛知県

AMERICAN CUSTOM COOL RIDES

フォージアート

2023年10月に開催のカーショー「SLS」で、USクーペ部門1位となったマスタング。ボリュームあるボディや統一されたカラーリングが拘りだが、それを日常の足として使うのもオーナーさんの大きな拘りだ。

AMERICAN CUSTOM COOL RIDES


カーショー専用ではなく日常でも使える愛車へ

'12 FORD MUSTANG

以前まではチャレンジャーを愛車にし、マッスルを謳歌していたShelandさん。だが、アメリカで製作されグレイスキャブに入庫した、今まで見たことのないエレガントなマスタングに一目惚れし乗り換えを決める。

ボリュームあるボディは流行のワークスフェンダーではなく、ボディ一体型の造形。それをブラッシュアップさせるべく、グリルはパンチングメッシュに変更しフォージアートのエンブレムを配置。もちろんホイールはフォージアート(MARTELLATO)を選択し、リムはボディ同色のパールホワイト、そこに入るロゴはステッカーではなくペイントで、センターキャップは内装と同色のキャンディレッド。また、レッドの幌もホワイトのボディに大きなコントラストを与えている。

インテリアも大きく改装。シートはアメリカで張り替えたもので、そのカラーをより強調させるべく、純正シルバーのパネル部分を全てキャンディレッドに変更。さらに、ステアリング&シフトノブをレッドレザーに張り替え、フロアマットはワンオフのフォージアートロゴ入りレッドを敷く。

エアサスタンクは日常でも使えるようにトランク下に収納し、Shelandさんは毎日の買い物からレジャーでもマスタングを出動させるなど、見せるだけではなく、普段の相棒として活躍中だ。

オーバーフェンダーではなくボディ一体型となるシルエットが、Shelandさんが購入を決めた理由。ホイールはフォージアート・MARTELLATOの22インチ。リムをボディ同色のパールホワイトにし、そこにペイントでロゴを注入。センターキャップは内装に合わせたキャンディレッド。エアサスはユニバーサルエアで、タンク類はトランク下に収納。レッドタイプに変更した幌もお気に入りのひとつで、コンバーチブルのカラーコーデにはおススメアイテムだ。

シートは購入時にブラック×レッドのコンビに張り替えられていたが、よりインテリアに統一感を出すために純正シルバーパネル類をキャンディレッドに変更し、ステアリング&シフトノブをレッドレザーに張り替え。フロアマットもフォージアートレッドタイプをワンオフ製作。ドアスピーカー(キッカー)もLED付きに造形してインストール。


OWNER Sheland さん


Photo:犬塚 直樹
Text:相馬一丈
アメ車マガジン 2024年3月号掲載


関連記事

RELATED


豪快なワイドフォルムで、圧巻のオーラを放つマスタングコンバーチブル

2012 FORD MUSTANG CONVERTIBLE

大排気量のマッスルカーよりも、唯一無二の存在というべきカスタムカーの方が好きだった

クライスラー300を皮切りに、V8 チャレンジャー、そしてこのマスタングと乗り継いできたオーナー氏。誰もが一度は大排気量のマッスルカーに乗りたいと思うが、いざ乗ってみて分かったことは「マッスルよりもカスタムカーが好き」という事実だった。

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

個性的すぎるフロントマスクは多くの人が間違いなく振り返る【ポンティアック グランビル】

ポンティアックの絶頂期であった1970年初頭、上質さとパワフルさを備えてデビューしたグランビル。後に到来するオイルショックに翻弄されてしまうが、フルサイズ&大排気量の輝きは、今も決して色褪せない。

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger