ロングルーフのプ ロポーションの良さが際立つコロニーパーク

ステーションワゴン

ビンテージ

OTHER

Coast Line Rod&Kustom Reunion

コロニーパーク

アメマガ2021年7月号

マーキュリー

1961 Mercury Colony Park Station Wagon

Coast Line Rod & Kustom Reunion


1961 Mercury Colony Park Station Wagon

素材を活かしたハイセンスワゴン 絶妙な車高アレンジにより際立つグッドプロポーション

絶妙な車高アレンジによってワゴンならではのロングルーフのプロポーションの良さが際立つコロニーパーク。車種選択の時点でマニアックな印象を受けるレアなモデル。ステーションワゴンが主流でステイタスが高かった時期のモデルとあって、デザインの随所に当時ならではのトレンドやスタイルが盛り込まれている。 フォードの中でもハイエンドなブランドであるマーキュリーのワゴンは、リッチさと真面目さが共存する独特のキャラクターが魅力。

 

それだけに、こんな感じで、サーフィンのお供としても現役活躍するパティーナな状態がフレンドリーで好感が持てる。そしてなんといっても、ロー&ロングな持ち前のプロポーションの良さが、絶妙な車高アレンジによって格段に際立っている。

 

モデルのイメージやキャラクターにも完璧にマッチするウッド製のルーフラックは、なんともマニアックなVWフリドリン(配達専用車両)用からの流用だったりと、オーナーのアンテナの感度の高さが伺える。オーナーはこのイベントの開催を担当するカークラブ「ストロンガーズ」、そしてショップ「フェローズ」の代表とあって、素材を活かす、さすがなチョイス&アレンジといった感じ。

1961 Mercury Colony Park Station Wagon

本来なら気難しいイメージのクラシックマーキュリーをベースに、ワゴンというキャラクターを活かした飾らないパティーナ状態のルックスがなんともフレンドリーでステキだ。絶妙な車高プロポーションの良さが、この個体の魅力に直結している。

1961 Mercury Colony Park Station Wagon

アイボリーの車体色と、ウッド&ホイールの茶系、そして、ちらっと見える内装の赤系とのコントラストがモデルの年式に見合ったサバイバー的グッドコンディションな個体。全体のやさぐれた雰囲気と、ドライブラシによってリペイントしたウッドパネルの愛称が良い。何はなくとも絶妙な車高アレンジによるプロポーションの良さが魅力大!

IMG_4476

ワイドなホワイトウォールタイヤ、スチールホイール+ハブキャップの組み合わせは、定番中の定番ながら、ここではなんと、ハイエンドなマーキュリーらしからぬ、カジュアルなドッグディッシュ(56年型用)を採用。ドッグディッシュならではの配色がアクセントとしても効果的なのだ。

IMG_4469

当時のフルサイズフォードでは最も主流となっていた390ciエンジン&3速ATの組み合わせ。パワートレインをはじめ、エアコンなどの装備も含めストックをキープ。ブレーキ系でアップグレードを施してデイリークルーザーとして活躍中。

IMG_4464 IMG_4460IMG_4461

クロームを多用したダッシュ周辺は、さすがはフォードの最上級ブランド、マーキュリーの名に恥じないリッチなデザイン。ステアリング、コラム部もふくめて赤で配色した贅沢な仕様。状態も機能もストックを保持。追加した社外のゲージ類が、モデルの時代に見合ったデザインで◎。


Coast Line Rod & Kustom Reunion
Sunday April 18,2021 at Rinku north


Photo & Report ◆ Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2021年 7月号掲載

最新記事


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]