スタンダードなポストセダンのビスケインをHotにアレンジ

クーペ

ビンテージ

シボレー

アメマガ2021年8月号

クレーガーホイール

ヤレこそ粋なラットスタイル

ビスケイン

ホワイトレター

ラットスタイル

1960 CHEVROLET BISCAYNE

RUSTY ヤレこそ粋なラットスタイル


1960 CHEVROLET BISCAYNE

見事なまでのパティーナルックとしていながら、Hotにアレンジされたヤル気のあるビスケイン

バブルトップで人気のインパラに対して、スタンダードなポストセダンのビスケインをHotにアレンジした個体。外見はやさぐれていても、パワートレインはビッグブロック427エンジン& 4速OD・ATでアップグレード!

ヤレた雰囲気の見た目にハイパフォーマンスを投入

一見すると、ローライダーやカスタムのフィールドで人気のインパラとおもいきや、Bピラーがあり、窓枠の分一段ルーフが高いベーシックグレードのビスケインなのだ。Bピラーをもたず、各ピラーが極力細くデザインされたハードトップのいわゆる「バブルトップ」に人気が集中しているが、安くて速い、が基本理念のホットロッドのフィールドでは、チープにして軽量かつ強靭なポストセダンなビスケインはアリだ。

1960 CHEVROLET BISCAYNE

この個体は、見事ともいえるほど、全体的に錆びたパティーナなルックスながら、ビスケインのキャラクターに見合うホットにアレンジされているのがポイント。サイドマフラーも伊達ではなく、搭載エンジはC2コルベットで採用されたハイパフォーマンスな427ci。ホイールはクレーガーSSを装着したオールドスクールな雰囲気ながら、CPP社製チューブアームや、ウィルウッド社製ディスクブレーキ、オーバードライブ4速AT(700R4)などのアップグレードを実施。60年以上前のモデルなうえに、パティーナなルックスとあって、まともに走るのか?と思われそうだが、ビッグブロック搭載のストリートカーとして年式を忘れさせるパフォーマンスを発揮。希少なビンテージモデルの中にも、グレードや仕様によっては価格や扱いにおいてフレンドリーな個体も存在。この個体もそんな1台で、アメリカより輸入し、現オーナーによって新規で登録。コレクションとしてではなく、純粋に愛車として気兼ねなく付き合うには不満なしだ。


60年以上前のフルサイズセダンでやさぐれたルックスではあるが、マッスルなビッグブロック427エンジンや、オーバードライブ4速AT、チューブラーアームを採用したHot Rod。色んな意味でギャップ萌えな要素が多い魅力的な個体。好みの割れるタイプではあるが、コスパが良いのも大きな魅力。

1960 CHEVROLET BISCAYNE

Bピラーのある2ドア・ポストセダンは、“バブルトップ” なハードトップに比べて、窓枠の分ルーフが高い。そのため、美しさではハードトップに劣るため、人気と価格は低めだが、Hot Rod 的にはアリ! 丸形のテールレンズがインパラは片側3連装なのに対して、ビスケインは2連装となる。

IMG_5068

C2コルベットで設定されたビッグブロック427ciに換装。オレンジのブロックやクロームのバルブカバー&エアークリーナーがオールドスクールで雰囲気あり。エアコンをはじめ、ブレーキ&ステアリングのパワーアシストのないドラッグマシン的な仕様。

IMG_5085 IMG_5050

リアシートを撤去して、樹脂製バケットシート2脚にロールケージといった、ドラッグレース向けの仕様。ロールケージはレースのレギュレーションを踏まえたと思われるしっかりとした造り。カーペット、ヘッドライナーは撤去、ドアパネルの独自なアレンジは軽量化に向けたアプローチ。

IMG_5093 IMG_5154

クロームの5スポークホイールは、オールドスクールのド定番、クレーガーSS。スポークの形状がなめらかなデザインのビンテージ品。タイヤはホイールに見合う高扁平なホワイトレター(F:215/70R15、R:255/60R15)。アーム類は、フロント、リア共に、CCP社製のチューブタイプを採用。リアエンドは、インパラ用でアップグレード。


PHOTO&TEXT:石橋秀樹
アメ車マガジン 2021年 8月号掲載

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】