スタンダードなポストセダンのビスケインをHotにアレンジ

クーペ

ビンテージ

シボレー

アメマガ2021年8月号

クレーガーホイール

ヤレこそ粋なラットスタイル

ビスケイン

ホワイトレター

ラットスタイル

1960 CHEVROLET BISCAYNE

RUSTY ヤレこそ粋なラットスタイル


1960 CHEVROLET BISCAYNE

見事なまでのパティーナルックとしていながら、Hotにアレンジされたヤル気のあるビスケイン

バブルトップで人気のインパラに対して、スタンダードなポストセダンのビスケインをHotにアレンジした個体。外見はやさぐれていても、パワートレインはビッグブロック427エンジン& 4速OD・ATでアップグレード!

ヤレた雰囲気の見た目にハイパフォーマンスを投入

一見すると、ローライダーやカスタムのフィールドで人気のインパラとおもいきや、Bピラーがあり、窓枠の分一段ルーフが高いベーシックグレードのビスケインなのだ。Bピラーをもたず、各ピラーが極力細くデザインされたハードトップのいわゆる「バブルトップ」に人気が集中しているが、安くて速い、が基本理念のホットロッドのフィールドでは、チープにして軽量かつ強靭なポストセダンなビスケインはアリだ。

1960 CHEVROLET BISCAYNE

この個体は、見事ともいえるほど、全体的に錆びたパティーナなルックスながら、ビスケインのキャラクターに見合うホットにアレンジされているのがポイント。サイドマフラーも伊達ではなく、搭載エンジはC2コルベットで採用されたハイパフォーマンスな427ci。ホイールはクレーガーSSを装着したオールドスクールな雰囲気ながら、CPP社製チューブアームや、ウィルウッド社製ディスクブレーキ、オーバードライブ4速AT(700R4)などのアップグレードを実施。60年以上前のモデルなうえに、パティーナなルックスとあって、まともに走るのか?と思われそうだが、ビッグブロック搭載のストリートカーとして年式を忘れさせるパフォーマンスを発揮。希少なビンテージモデルの中にも、グレードや仕様によっては価格や扱いにおいてフレンドリーな個体も存在。この個体もそんな1台で、アメリカより輸入し、現オーナーによって新規で登録。コレクションとしてではなく、純粋に愛車として気兼ねなく付き合うには不満なしだ。


60年以上前のフルサイズセダンでやさぐれたルックスではあるが、マッスルなビッグブロック427エンジンや、オーバードライブ4速AT、チューブラーアームを採用したHot Rod。色んな意味でギャップ萌えな要素が多い魅力的な個体。好みの割れるタイプではあるが、コスパが良いのも大きな魅力。

1960 CHEVROLET BISCAYNE

Bピラーのある2ドア・ポストセダンは、“バブルトップ” なハードトップに比べて、窓枠の分ルーフが高い。そのため、美しさではハードトップに劣るため、人気と価格は低めだが、Hot Rod 的にはアリ! 丸形のテールレンズがインパラは片側3連装なのに対して、ビスケインは2連装となる。

IMG_5068

C2コルベットで設定されたビッグブロック427ciに換装。オレンジのブロックやクロームのバルブカバー&エアークリーナーがオールドスクールで雰囲気あり。エアコンをはじめ、ブレーキ&ステアリングのパワーアシストのないドラッグマシン的な仕様。

IMG_5085 IMG_5050

リアシートを撤去して、樹脂製バケットシート2脚にロールケージといった、ドラッグレース向けの仕様。ロールケージはレースのレギュレーションを踏まえたと思われるしっかりとした造り。カーペット、ヘッドライナーは撤去、ドアパネルの独自なアレンジは軽量化に向けたアプローチ。

IMG_5093 IMG_5154

クロームの5スポークホイールは、オールドスクールのド定番、クレーガーSS。スポークの形状がなめらかなデザインのビンテージ品。タイヤはホイールに見合う高扁平なホワイトレター(F:215/70R15、R:255/60R15)。アーム類は、フロント、リア共に、CCP社製のチューブタイプを採用。リアエンドは、インパラ用でアップグレード。


PHOTO&TEXT:石橋秀樹
アメ車マガジン 2021年 8月号掲載

最新記事


2023/09/22

稀少限定色のレインにルビコン392を搭載するモンスター!

SUV

ジープ

1981年まで生産されたCJ以来、40年ぶりにV8エンジンを搭載した「RUBICON 392」。モパーらしさを色濃く感じさせるハイパフォーマンスな走りは、良い意味でラングラーらしからぬ魅力を放つ。

2023/09/21

ひと手間加えて防音・猛暑対策も!たるんだ天井を自らの手で張り替える!

メンテナンス

最近、愛車の天井がたるんできた。そんな悩みを持つオーナーは多いのでは?でも張り替えって、お願いすると高いんでしょ? だったら自分でやってみる?生地もネットで買えるし専門工具も不要。やろうと思えば、なんだってできる!

2023/09/20

【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!

2023/09/20

【ジープ グラディエーター】遊びに使うことに特化した、ある意味スーパーカー

ピックアップトラック

ジープ

JLラングラーが空前のヒットを続けており、それに続けとばかりに日本で正規発売されるJTグラディエイター。ただボディを伸ばしただけはない本気度が感じられるモデルだ。

ランキング


2023/09/21

ひと手間加えて防音・猛暑対策も!たるんだ天井を自らの手で張り替える!

メンテナンス

最近、愛車の天井がたるんできた。そんな悩みを持つオーナーは多いのでは?でも張り替えって、お願いすると高いんでしょ? だったら自分でやってみる?生地もネットで買えるし専門工具も不要。やろうと思えば、なんだってできる!

2023/09/22

稀少限定色のレインにルビコン392を搭載するモンスター!

SUV

ジープ

1981年まで生産されたCJ以来、40年ぶりにV8エンジンを搭載した「RUBICON 392」。モパーらしさを色濃く感じさせるハイパフォーマンスな走りは、良い意味でラングラーらしからぬ魅力を放つ。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]