70年代バニングスタイルなGMCバンデューラ

バン

アメマガ2021年10月号

BLUE RIVER

バニング

バンデューラ

スターキーズ

Let's Enjoy Van Life!

1989 GMC VANDURA

Let's Enjoy Van Life! AMERICAN VANS -いまこそVANに乗ろうじゃないか!!-


1989 GMC VANDURA

ロングフォークチョッパー乗りのクレイジーさんが惚れたVANDURA!

映画イージーライダーに魅せられて、ヒッピーなUSカルチャーとUSモーターサイクルシーンの虜となったCRAZYさん。'70sバニングスタイルのバンデューラは、そんな彼の生き様にシンデレラフィットするドンピシャなフルサイズバン!

ビビっと来た瞬間に即決がモットー!

スキンヘッドにサングラス、顎鬚と強面な印象のCRAZYさん。取材相手じゃなかったら、まず目も合あわさないレベルの危険人物なオーラが漂う彼。極太タイヤのケツ上がり、ルーフバイザー付きでヤレたダークシルバー系の塗装が危ない雰囲気を盛り立てる70年代バニングスタイルなバンデューラに乗って撮影現場に現れる様は、〝触るな!危険!!〟的な、港に積み上げられたスチール缶の雰囲気も相まって、危ない取り引きでも始まりそうだ。

1989 GMC VANDURA

実は彼、これまでも様々なアメ車ミーティングに存在感アリアリなインパクト抜群の超ロングフォークチョッパーに乗って現れる、巷じゃ有名なワル…いやお方で、関西近郊のアメ車乗りたちの中でも有名。2020年まではバイク一筋で長年愛用するバルカン800と、40歳の節目に手に入れた念願の69年型パンヘッドの2台を所有するロングフォークチョッパー界のドン…ではなくて、生粋のフリークである。

 

そんな彼が年始早々に行きつけのハンバーガーショップ「スターキーズ」にランチで訪れた際、偶然在庫車両の撮影でお店に乗りつけたバンデューラを見て、直感的に「ええやん?」と一目惚れ。「ちょっと試乗してみます?」との誘いに乗った瞬間、「コレや!」と即決した。大胆なバニングスタイルは、ロングフォークチョッパーとの相性も良く、世界観もどことなくリンクしており、似合わないわけがない。いや、漆黒ボディのラグジュアリーなセダンやSUVに乗られちゃ、誰もより付かなくなる(笑)。

1989 GMC VANDURA

でもバンデューラならアメ車乗りたちもクルマをキッカケに距離を縮めやすいところが救いだ。年始に購入してから早速、天上のウッド×青い生地の張り替え作業に着手するなど、最近はもっぱらバンデューラのカスタム構想を妄想している時間が至福の時。バイクもクルマも普通じゃつまらない。CRAZYさんのクレイジーカスタムプロジェクトは、まだ序章に過ぎない!

DSC_9614DSC_9616 DSC_9609

塗装がヤレてまるで地金が見えているかの様な雰囲気ながら、ダーク系のシルバーと同化して雰囲気アリアリのオリジナルペイント。とくにルーフとボンネットは劣化が激しいが、これも味として楽しむ。ビレットグリルもワイルド&クールで粋!

DSC_9659DSC_9620 DSC_9638

リアゲートウィンドーはルーバーで武装し、片側4本、左右8本出しのサイドマフラー、そして極め付きはディープリムに285/70R15の極太タイヤ!フロントのホワイトレターに合わせてシルバータウンラジアルもホワイトレター化。

DSC_9663 DSC_9674DSC_9682 DSC_9700

全部ウッドで覆うと重い雰囲気になるからと、配分を絶妙にアレンジしてDIYで仕上げた天井貼り。シートはモデルイヤーの異なるオリジナルシートをブルーリバーから譲り受けて自分で設置。ネイビー基調の中にパープルが絶妙に融合しており、赤いオクタゴンのステアリングもパンチが効いてGood!

S__286269445IMG_8754

7年ほど前からコツコツと仕上げてきたバルカン800。そして3年ほど前、40歳の節目にいつかは手に入れたいと思っていた69年型のパンヘッドを縁あって購入。イージーライダーが上映されていた当時に作られたサバイバーは一生モノの宝物。こんなの街中で乗りこなせるなんて、マジCRAZY!!

1989 GMC VANDURA

OWNER : CRAZY


THANKS:BLUE RIVER&STARKEY'S【ブルーリバー&スターキーズ】

TEL:0725-56-6400
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 10月号掲載

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/05/24

基本的にはノーマルのグランドチェロキーであるが細部で個性を主張する!

SUV

ジープ

2016 JEEP GRAND CHEROKEE