日本で一番熱いマスタング、アメリカから凱旋帰国

クーペ

フォード

ジェットシティ

ユニバーサルエア

トゥルースパイク・ラグナット

ジェットシティ×ユニバーサルエアー

KRZ

サヴィーニ

AMERICAN CUSTOMS

LBワークス

広島県

アメマガ2022年4月号

マスタング

2017 FORD MUSTANG

AMERICAN CUSTOMS


2017 FORD MUSTANG

SEMAショー2021に、ユニバーサルエアとコラボレーションしてマスタングを出展した広島のジェットシティ。日本の最高峰カスタム技術を駆使して車両は製作され、本国でもメディア紹介されるなど大きな反響を呼んだ。そのマスタングが遂に凱旋帰国したので紹介しよう!


本国ユニバーサルエアがジェットシティを単独指名

【ジェットシティ×ユニバーサルエアー】最強タッグで世界に挑む


見た目だけではなくしっかり走るのもジェット流

1年の延期を受けたものの、満を持して2021年のSEMAショーで世界デビューとなったジェットシティのマスタング。 基本ボディパーツはLBワークスのコンプリートタイプだが、フロントリップは延長加工され、オーバーフェンダーもワイド幅を拡張しスムージング。メンテナンス性を考慮して分割できる仕組みにもなっている。グリルもワンオフで、フレア型の鉄板で立ち上げるGTウイングも当然ワンオフだ。アメリカでも大きな反響だったアート的な取り回しのマフラーは、日本最高峰の溶接加工を行なうRUIが手掛けた。

2017 FORD MUSTANG

ボディペイントは、往年のアメリカンカスタムのクラシカルさを目指し、フレイムス&リアルフレアを取り入れた新旧ホットロッドスタイルがテーマとなる。最新の塗料や日本を代表するペインター技術を駆使することで、全く新しい奥深いボディペイントが誕生した。

_DSC6442

マスタングはユニバーサルエアとのコラボレーションで、SEMAショー出展には完全着地が必須条件。既製品では不可能であるため、ユニバーサルエア・ソリューションをベースに専用オリジナルキットが製作され、サビーニ・CARPI・20インチを履いて圧巻の完全着地を実現。ロサンゼルス~ラスベガスを実走で移動するなど、しっかり走ることができる仕様にしたのも大きなポイントだ。

_DSC6477_DSC6462

LBワークスのオーバーフェンダーをスムージングしワイド幅も拡張。メンテナンス性を考慮し、グリル側とセパレートする仕組みにも改良されている。ホイールはサビーニ・CARPIの20インチ(F20×10J・R20×12J)。トゥルースパイクラグナットを取りつけ、ブレーキはKRZで強化され、キャリパーはF8ポット・R6ポット、ローターはドリルドスリットローター。

_DSC6421 _DSC6482_DSC6498

既製品のエアサスでは完全着地は不可能。ユニバーサルエア・ソリューションシリーズをベースに改良され、完全着地できるオリジナルモデルを製作し、完全着地を実現。トランクに張り巡らされたエアパイピングも見どころだ。オーディオシステムはキッカーをインストール。バンパーからフレア型の鉄板で持ち上げるGTウイングは、カーボンと鉄板を組み合わせたワンオフ。

 

中国人からは、このウイングが「龍」を連想させて大好評のようだ。SEMA ショー開催中、一番多くの質問にあったのがワンオフマフラー。ダミーではなくリアル排気の取り回しで、日本でも最高の溶接加工を行うRUIによって製作された。

_DSC6407

90年代のアメリカンカスタムの代名詞であるフレイムス&リアルフレアを、現代に蘇らせるホットロッドスタイルがテーマとなるボディペイント。最新塗料を使い、日本を代表するペインターであるTMオートサービス・市場氏、エアブラシアーティスト・A-HAND氏によって芸術的なペイントが完成した。

_DSC6563_1 _DSC6549_1_DSC6510

外装のカラーコーデに合わせ、インテリアも張り替えやペイントによってリニューアル。

JETCITY【ジェットシティ】

TEL:082-820-0377
HP:http://carshop-jetcity.com
PHOTO:高原義卓
TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年4月号掲載

関連記事

RELATED


掟破り? LBワークスフェンダーのスムージング加工したマスタングエコブースト

2017 FORD MUSTANG EcoBoost

大胆にピンクを取り入れ厳つさを消し去る!フォードマスタングGT500E【ジェットシティ】

マスタング乗りの憧れであるエレノア仕様に変更しながら、そのゴリゴリのスタイルをあえて消し去るピンクをボディ各所に注入。こんな斬新なやり方は、とっても個性的だし何より面白い

LBワークスボディキットをまとい、広島で一番のチャレンジャーに乗る!

オーナーの熱い想いにジェットシティが出した答えが、LBワークスボディキットの装着だ。

世界が待ち望んだLBワークスの新作 2015FORD MUSTANG ECOBOOST【リバティーウォーク】

LBワークス第3弾が発売開始モデルはマスタングだ!今年6月にLBワークス第2弾となる300が登場したのも記憶に新しいが、今度は第3弾となるLBワークスが登場した。モデルはフォードマスタング。その公開モデルをいち早く撮影したぞ!

夫婦で北海道旅行を模索その相棒にラングラー

イクメンパパとして、大好きなクルマ遊びを封印し10年。子育ても落ち着き解き放たれた西本さんは、エスカレード、チャレンジャー、そして現在のマスタングGTと次々に乗り換えていく。そしてマスタングのカスタムもひと段落すると、またしてもウズウズ。そろそろ、新しい遊び相手が欲しい!

 

最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。