1/18 スケールのアメリカン4×4 が熱い!!

ホビー・雑貨

アメマガ2022年7月号

ミニカー

ダイキャスト

アメホビ

アメカル

イジリーズ・ルーム

IJIRY'S ROOM:1/18 scale American 4x4 Model

イジリーズ・ルーム


数あるアメ車のカテゴリーの中でもっとも「アメリカらしい」のがピックアップトラックやSUVなどの「ヨンク」ではないだろうか。そんなヨンクたちのビッグスケールミニカーが今とても熱い! 今回はリリースされたばかりの新旧のアメリカン4×4の1/18スケールミニチュアを紹介していくぞ。

ビッグスケールで楽しむアメリカン4×4の重量感

やっぱアメ車というとトラックや4×4でしょう。手に持って各部を舐めるように見るのもヨシ、たくさん集めて並べて楽しむのもヨシ、ミニカーの世界は無限だ。今回注目するのは、新旧のアメリカン4×4の1/18スケールの「ビッグスケール」と言われるもっともポピュラーなスケールのもの。日本やヨーロッパでは住宅事情なども影響しているのか、1/43スケールの小スケールが主流だが、何でもデカいものが正義とされるアメリカでは1/18ビッグスケールが人気だ。

さて、そんな人気の1/18スケールミニチュア界では4×4やピックアップトラックのリリースラッシュが続いているのだ。アクメブランドから発売されたばかりの72年型K-10は、ダイキャスト製(金属製)でずっしり重くてサスペンションやステアリングダンパーもしっかり再現されたリアルモデル。開閉ギミックやステア機構もあるので様々な表情を楽しむことができる。そして、今回の一番のトピックは、リフトアップ仕様だってことで、ノーマル車高よりも迫力大でアメリカントラックらしさが光っている点だ。

 

そしてレジン製のプロポーションモデルとしては新型ブロンコのロングとショットモデルがリリースされた。そのハイディテールっぷりは文句のつけようがない超絶リアルなもの。ビッグスケールならでは重厚感もハンパないのだ。


1/18 ACME 1972 CHEVROLET K-10 4x4

アクメブランドからリリースされたばかりの1/18スケール・ダイキャスト製の72 年型シボレーK-10。これまでにC10のノーマル車高はモデル化されていたが、今回は4×4仕様でリフトアップされオフロードタイヤを装着したもの。ビッグスケールなので大迫力だし、重量感もたまりません!ボンネット、左右ドア、リアゲートの開閉、スエア機構などビッグスケールダイキャストモデルならではのギミックを誇る。細部まで精巧に再現されており、その完成度は文句なし!

1/18 ACME 1972 CHEVROLET K5 BLAZER

K-10に先駆け2021年に発売されたK5ブレイザーのリフトアップ仕様。トップの着脱、ボンネット、左右ドア、リアゲートの開閉、そしてステア機構などのギミックを誇る1/18スケールのダイキャストモデルだ。やはりヨンクはリフトアップされている方が「らしい」し、迫力が段違い。どこから見てもハイディテールな超ハイクオリティモデルなのだ。

www.acmediecast.com


今ドキのヨンクのビッグスケールのレジンモデル

1/18 GT SPIRIT 2021 FORD BRONCO WILDTRAK

ビッグスケールのレジンモデルメーカーとしてトップを走り続けているGTスピリットから新発売の2021年型フォード・ブロンコ。開閉ギミックはないが、その精密さはダイキャストモデルを凌ぐほど。4ドアロングはこちらのレッドのワイルドトラックの他に、ブルーのファーストエディションもラインナップ。

1/18 GT SPIRIT 2021 Jeep WRANGLER RUBICON 392

ブロンコに先駆けてGTスピリットからリリースされたラングラー ルビコン392。どこから見てもすんごいカッコイイレジンモデルなのでオサエておくべき逸品だぞ。こちらのブルーの他に、グラナイトクリスタルグレイもリリースされた。この精密さと重量感はビッグスケールならではのもので、リアルさがハンパない!

1/18 GT SPIRIT 2021 FORD BRONCO FIRST EDITION AREA 51

今回4ドアロングに続き、2ドアショートモデルのブロンコもGTスピリットがリリース。こちらはランプバーをバンパーに装着したグレイカラーのファーストエディション エリア51仕様だ。ショートモデルでは他にイエローのワイルドトラック仕様もラインナップ。ロングモデルもいいんだけど、やっぱ4×4 はショートモデルは絶対にオサエておきたいね。

https://www.gts-models.com/


アメ車マガジン 2022年7月号掲載


最新記事


2023/12/04

-アメカルにまつわるエトセトラ- #33 NICE BUDDY

コラム

2023/12/04

色のコダワリは無いが、何故か黄色のチャレンジャーを3台乗り継ぐ

クーペ

ダッジ

走れるチャレンジャーカスタムを提案するCARBOX。ヘルキャットオーナーの竹林さんは、実はこの車両が3台目のチャレンジャーだったりする。

2023/12/01

道なき道の先の目的地へ、クルマ選びは走破性最優先!ラングラーアンリミテッドサハラ

SUV

ジープ

「Jeepとアウトドアは相性が良い」。そんな生温い話ではなく、一歩間違えれば死を覚悟して挑む過酷なクライミングに挑戦し続ける週末冒険家の藤本さん。そんな彼が愛用するラングラーが生々しくてカッコいい!

2023/11/30

半世紀を超えてもなお、ファンを魅了し続けるベビカマ

クーペ

ビンテージ

シボレー

2ℓ搭載がスタンダードになった現代版のシボレー・カマロ。決して現行モデルが物足りない訳じゃない。扱いやすさに快適性、燃費にパフォーマンスと、何を比較しても半世紀前のモデルの比じゃない。それでも魅力的に映えるカマロのファーストモデル。通称「ベビカマ」。その魅力に迫る。

ランキング


2022/05/31

知名度が抜群に高いのがファースト・ジェネレーションのダッジ・チャレンジャー

クーペ

ビンテージ

1973 DODGE CHALLENGER

2019/03/27

漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生まれたNEW STYLE。

クーペ

ビンテージ

シボレー

アメリカン・ヴィンテージカーの金字塔、シボレー・シェベルについてご紹介。1970年にカスタムされたシボレー・シェベルSSに焦点を当て、その特徴やアップグレードを詳細に解説する。深みのあるブラックボディ、モダンなカスタム、LS1エンジン、大型ホイール、強化ブレーキ、高度なサスペンションなど見どころ満載。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]