スクエアなフォルムが印象的な ザ・アメリカンSUVのGMCジミー

SUV

アメマガ2022年10月号

ジミー

ジミーハイシエラ

THE AMERICAN TRUCK & SUV

5m以内という駐車場の条件をクリアするアメ車としてチョイスしたGMCジミー。フルサイズピックアップのC10ベースにしてショートホイールベースで市街地にフレンドリーなマルチSUV。スタイリングもこれぞアメ車って感じで魅力的!

THE AMERICAN TRUCK & SUV


シボレー・ブレイザーの兄弟車となるGMCジミー

1979 GMC JIMMY High SIERRA

60年代~70年代のスクエアトラックの人気が沸騰する中、メインストリームのC10とシンクロしてSUV版のシボレー・ブレイザー&GMCジミーの人気も高まっている。スタンダードなショートボックス(シングルキャブ/ショートベッド)よりもホイールベースが短く、脱着式のルーフによって2ボックス化。フルサイズトラックでありながら、取り回しが良く、セカンドシートが装備されてファミリーにフレンドリーなSUVとして機能する。

90年代リバイバルの影響でタホの魅力が再認識される中、ブレイザー/ジミーへの注目度も高まっている。シボレーから69年にK5ブレイザーがリリースされ、続いて70年よりGMC版のジミーがラインナップ。グリルのデザインやバッジの異なる兄弟車で、基本的には同等。GMCは商業でのニーズが高いブランドなだけにSUVとしてのジミーは、一般ユーザーがメインのシボレー版ブレイザーよりもマイナーな存在だが、よりタフで誠実なイメージがある。

 

現車のオーナーは2輪ではハーレーを所有するアメリカ志向。クルマを購入するうえでは、駐車場に収まる全長5m以内という条件のなかこのジミーに巡り合った。

 

内外装ともに年式を感じさせないクリーンな状態で、機関系もしっかりとしているだけに、長距離トリップから市街地での渋滞まで難なく対応してくれている。

スクエアトラックの象徴的存在であるC10よりも35cmほどホイールベースが短く、よりスクエア~なフォルム。フルコンバーチブルでデビューしたが、76 年よりハーフキャブ式となり剛性も向上。大きめのオーバーライダーがキャラクターにマッチしていい感じ。ホイールは純正のトラックラリータイプ。装着タイヤはストックよりもワイドな32×11・50R15LT(BIGHORN764)。

ステーションワゴン同様に、電動式リアガラスはゲートに格納。全開状態でリアゲートが開閉可能。2ndシート後部のラゲッジスペースは十分なサイズ。

シート、内張、カーペットまで、外装色に合わせてブルーで統一。基本的なデザインはピックアップと共通。ゲージの追加以外は、ステアリングも含めストックをキープ。

搭載エンジンはマイルドパフォーマンス160hpの350ci。2輪駆動では、独立したフロントサスペンションとリアトレーリングアームに対し、4輪駆動ではソリッドフロントアクスルによる前後共にリーフスプリング。リアアクセルは最大の12ボルト。


PHOTO&TEXT:石橋秀樹
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


オリジナルの良さを維持して、乗り続けていきたい名車GMCジミー

K5ブレイザーよりもさらにレアキャラなGMC・ジミーを愛車に持つ田中さん。トラックにシェルを乗せただけに見えるルーツの濃さが、元サニトラ乗りの心を鷲掴み。“イジるよりも維持る”がモットーだ!

アメ車と、仲間と戯れる、最高の空間を手に入れた夫婦

夫婦でそれぞれクルマを所有しているのは珍しいことではないけれど、それが共にアメ車となれば話は別。さらにガレージ、アメ車が10台以上止められる広い敷地、これはもうアメ車乗りの理想形が詰まっている!

スタイルヨシ、乗ってヨシの アメリカン4×4の優等生【フォードブロンコワゴン】

6世代目として初代のデザインをオマージュして復活するなど、何かと注目度の高いブロンコ。中でもこの「初代」は、近年コレクタブルカーとして注目度が高まっているが、このワゴンはアップグレードを施して通勤からショップのサービスカーまでオールマイティに活躍!

躍動感溢れるスタイリングと利便性を兼ね備えた万能SUV【インフィニティQX60】

ラグジュアリーSUVに乗りたいけれど、人と同じクルマには乗りたくないし、日常の使い勝手も重視したい。そんな要望を満たすクルマって…と思っていたら、QX60が急浮上。ある意味ダークホース的存在だ。

純正デザインを壊さず違いを生み出すZERO DESIGN

2021年、新型エスカレードを日本最速導入したアズールモータリング・アメリカンショールームは、ノーマル展示をすることなくZERO DESIGNによるボディキット製作に着手。ようやくその全貌をお伝えする機会を得た。

 

最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。