ロードランナーのデカールがキャッチーとして人気のモデル。

クーペ

プリマス

アメマガ2023年1月号

アズールモータリング アメリカンショールーム

愛知県

ロードランナー

もはや日本で、販売中のプリマス・ロードランナーと出会うことは無いに等しい。今や世にあるロードランナーの多くは、コレクションとして保管されていることだろう。


出会いは一期一会、この機会を見逃すな!

1970 PLYMOUTH ROAD RUNNER

日本でもアメリカでも、アメリカンビンテージの価格の上昇は凄まじい。その車両価格が、必ずしも人気を表す指標ではないが、シボレーでもフォードでもなく、やはりモパーの高値は群を抜く。その代表的モデルが、ビンテージファンでなくても名前は知っているだろう、プリマス・ロードランナーだ。

60年代に起きたマッスルカーブームでは、各メーカーが次々とハイパフォーマンスモデルをリリースし、クライスラーもハイスペックモデルを投入。しかしそれでも、GMやフォードの過激モデルに対抗できず、クライスラーは大きく水をあけられてしまう。

 

そこで開発に着手したのが、ブームの中心は富裕層ではなく「若い世代」とニーズを改め、豪華装備などを極力排除した「廉価モデル」。ブランドは、クライスラーの下級ブランドであるプリマスにすることで、徹底的に価格を抑える作戦だ。

 

そのプリマスの、ハイパフォーマンスモデルがGTXなのだが、前述したように豪華・快適装備を外し、当時若い世代で人気の高かったワーナーブラザーズのキャラクター「ロードランナー」の名前を、多額の使用料を払ってまでして付けられた。ホーンは、キャラクター同様に「Beep!、Beep!」と鳴るギミック付き。そしてその甲斐あって、ロードランナーは68年の登場から大ヒット。

今回撮影した70年型は、初代モデルの最終年型にあたり、ロードランナーのデカールがキャッチーとして人気のモデル。ただし撮影モデルは、ボディサイドのダストレールのデカールがフロントフェンダーだけに残されている状態だ。

 

搭載するエンジンはオリジナルオプションの440 +6バレル。ショップに入庫してバッテリー交換だけは行なったようだが、一発始動で撮影中は問題なく走行できた。シートや天井はレッドの本革で張り替え済み。オリジナルに拘ったブラックシートもいいが、ボディ同色レッドもインパクトがあって見栄えがイイ。

アズールモータリングの代表や、工場長といったスタッフがビンテージの所有歴もあり、ビンテージを所有する心構えやメンテナンス経験も豊富なので、このロードランナーで初めてのビンテージデビューも安心だ。とはいえ、ロードランナーを探しているユーザーは世界中に多く、正直あまり悩んでいる暇はない。

 

現に、撮影が決まってからも問い合わせが複数あったそうだ。もしかしたら、この記事が出る頃にはオーナーが決まっているかもしれないが、販売中の可能性もなくはない。ビンテージとの出会いは、まさに一期一会だ。

70年型のロードランナーは今回の2ドアクーペの他に、2ドアピラードクーペ、コンバーチブルがラインナップ。初代モデルの68~70年ではマイナーチェンジを繰り返しているので、年式によって外観デザインが違うのも、マニア心をくすぐる。しかし、年式指定買いは今となっては難しいだろう。

ホイールはモパーロードホイールの15インチ。タイヤは定番のBFグットリッチ225/70R15。

スタンダードエンジンは383スーパーコマンドだが、撮影車両のエンジンは69年に登場したオプションの440 +6バレル。最高出力は395hpにも達する。

車内を細かく見る前に、とりあえず押したくなるのがホーンだ。これぞロードランナー。シートはボディ同色のレッドレザーシート。天井も同様に張り替えられている。オリジナルに追加しているのは、社外オーディオデッキ、追加油温・水温計ぐらいだ。


AZZURRE MOTORING アメリカンショールーム
TEL:0562-95-1118
http://azzurre-motoring.com


Photo&Text:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


関連記事

RELATED


現行のチャレンジャーからビンテージモパーへ!【1973 PLYMOUIH BARRACUDA‘CUDA】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

一体どうした 東海カーズ!クルマがキレイで新しいゾ

「新しいクルマは興味ないし、ノーマル車はビンテージでも好みじゃない! やっぱりクルマは自分の色に染めて走ってナンボでしょ!」と言ってきた東海カーズ細井さん。初めてC5&C6が誌面に登場だ!

見た目は70年型だが 中身は最新モデル!?【ダッジチャレンジャー】

1970 DODGE challenger

ジープの功績、SUVの原点を華麗に創出【グランドワゴニア】

SUVの先駆者といえるジープ・ワゴニア/グランドワゴニアが、2023年に復活をした。1991年まで発売されていた先代は、大胆にボディ側面にウッドパネルを装飾するなど、アメ車の長い歴史においてもその個性は際立つ。約30年の時を経て新型が登場することで、改めて先代は注目されるだろう。アズールモータリングでは、そんな先代グランドワゴニアが絶賛発売中だ。

日本では割とマイナーな68年型ダッジ・コロネット

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

 

最新記事


2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

ランキング


2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]