【右ハンドルのマスタングが人気な理由】フォード・マスタング右ハンドルの魅力まとめ

フォード

ショップ

FLC

右ハンドル

マスタング

フォード

フォード・マスタングといえば、アメリカンマッスルカーの代名詞。力強いパフォーマンスと独自のスタイルが特徴的だ。

そんな多くのファンを持っているキング・オブ・アメ車「フォード・マスタング」に、実は右ハンドルが存在することをご存じだろうか?

今回はそんな右ハンドルのマスタングが、いかに魅力的か、ご紹介していこう。


マスタング「右ハンドル」の利点とは?

・日本の交通ルールに適合
・コインパーキングなどでの利便性
・追い越しの容易性
・バス停やタクシー乗り場へのアクセス

アメ車でも運転が安心!その秘密は右ハンドルにあり。

まず、日本では右ハンドル車が主流だ。そのため左ハンドルでは運転面で不安を感じ、購入ハードルが少し高く感じることも。

そんな方こそ、右ハンドルのマスタングは魅力的なのだ。アメ車らしいタフな外見や、エンジンはそのままに、運転しやすいという安心感がある。

左側を走行する日本の道路では、追い越しを行う際も、対向車との距離や速度をより正確に判断できる点から右ハンドルの方が有利だ。そんな点からも右ハンドルのマスタングは魅力的と言えるだろう。

右ハンドルで変わるマスタング・ライフ

そして、忘れてはならない「外車あるある」と言えば、コインパーキングなどの支払い機器や、公共交通機関の停留所もそのひとつ。

どちらも右側に位置しているものがほとんどだ。慣れない左ハンドルでドライブデートを想像してみて欲しい。コインパーキングでは彼女の前で支払いにモタモタ、駅に彼女を迎えに行けば拾う場所でモタモタ。などなど、決してカッコいいものではない。

そんな点からも、右ハンドルのマスタングなら常にスマート。クールなマッスルカーの外見でありながら、日本に適した快適なドライブライフがおくれるってワケ。

右ハンドル版マスタングの貴重さって?

実は日本で右ハンドルのマスタングを販売しているところは凄く希少だ。そんな希少な右ハンドルのマスタングを取り扱っているのが「FLCグループ」。

英国から右ハンドルのマスタングを直輸入し、日本の法規に合うように改造して販売をしている。そのため他では買えない貴重なマスタングと言える。

百聞は一見に如かず。どんなものか一度、展示されているクルマを見に行けば魅力が伝わること間違いなし!

FLCのHPを見る

右ハンドルマスタング記事まとめ

【記事の概要】

FLCが販売する右ハンドル(RHD)車、2017年型フォード・マスタング・エコブースト・コンバーチブルについて紹介。このマスタングは英国仕様のRHDモデルで、経済性だけでなく実用性も兼ね備え、若者だけでなく年配のドライバーにもおすすめしたい点を語っている。

FLCは販売だけでなくメンテナンスサービスも提供しているので、購入後のメンテナンスも頼りになるぞ。

【記事の概要】

英国から右ハンドルのフォード車を輸入する専門店として、 "幻の "右ハンドルのマスタングを日本で販売するフォード岐阜。

ショールームには他のフォード・モデルも展示されており、新車と中古車の両方が見られる。この記事では右ハンドルの特徴と新車保証についても解説。

また、1年間走行距離無制限の保証や24時間365日のロードサービスも提供しているので要チェック!

【記事の概要】

この記事では特別仕様のマスタング、2019年型フォード・マスタング「Bullitt Right Hundle Ponies」について取り上げている。

Bullittエディションは、1968年の映画「Bullitt」とその象徴であるGT390マスタングへのオマージュで、同車は5LのGTエンジン、6速マニュアルトランスミッションを搭載し、ユニークなダーク・ハイランド・グリーンのカラーを紹介。

インテリアにはレカロシートやブリット特有のディテールが盛り込まれて、見ごたえ充分だ!特にBullittエディションは「希少な」モデルであることから、車好きなら見逃せないぞ!

【記事の概要】

右ハンドルのフォード・マスタングGTを日本で所有する魅力を紹介。最近右ハンドルのマスタングを購入した、長年のアメ車愛好家である北川氏へのインタビュー記事だ。

北川氏は、右ハンドルであることが、自分にとっても妻にとっても扱いやすいクルマとなり、決断の大きな要因となったそう。日本での右ハンドルの利便性や、長時間の移動の際、妻との運転交代が可能な点などを挙げている。

また、このクルマがV8エンジンを搭載している点や、車の重要視する点についても熱く語っている。

【記事の概要】

10速ATやLEDヘッドライト、排気音をコントロールできる「アクティブバルブパフォーマンスエキゾースト」など、さまざまな装備を搭載したマスタングを紹介。

この記事で紹介するマスタングは4色。すべて5.0L V8エンジンを搭載。右ハンドルのマスタングを購入することの利便性と信頼性がしっかり語られている。

【記事の概要】

日本における右ハンドルのフォード・マスタングの在庫状況と魅力について解説。

フォードは当初、2016年春に右ハンドルの7代目マスタングを日本に導入する予定だったが、日本市場を撤退することに。

そのため、FLCが独自に英国から右ハンドルのマスタングを直輸入し、日本の法規に合うように改造。日本で右ハンドルのマスタングを購入できるようになったというわけだ。

FLC co.,ltd.店の特徴

カーライフに関する様々なサービスを提供する日本の総合自動車販売をしている「FLC(エフエルシー)」。BYD、フォード、スズキの正規ディーラーとして、新車、中古車、メンテナンスサービスを提供。

愛知県、岐阜県、三重県に複数の販売拠点を持ち、未使用車の「オリジナルメンテナンスパック」やAIS認定中古車など、独自のサービスも展開。

FLC co.,ltd. 店舗一覧

フォード四日市

住所:三重県四日市市日永4-2-7
TEL:059-346-5322
HP: https://www.f-l-c.jp

フォード岐阜

住所:岐阜県岐阜市西河渡2-5
TEL:058-254-0330

フォード松阪

住所:三重県松阪市市場庄町1148-1
TEL:0598-56-5220
 


最新記事


2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】