インディ500ペースカー1995年にわずか527台のみ製造された希少限定モデル。

クーペ

シボレー

アメマガ2023年11月号

コルベット

ブルーリバー

大阪府

インディ500ペースカー

C4コルベット

インディアナポリスペースカーエディションとして1995年にわずか527台のみ製造された希少限定モデル。そんな激レア車両が本国未登録のまま日本へ持ち込まれ、さらに現在まで日本でも未登録のまま眠っているという“お宝案件”に迫る!

AMERICAN SPORTS


コレクターも唸る、未登録のグッドコンディションは必見

1995 CHEVROLET CORVETTE INDY500 PACE CAR

2023年夏に大型屋内展示場が新たに加わり、リニューアルオープンした関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。フルサイズバンやC/K、タホ、サバーバン、スクエアボディを中心に、総在庫数約50台を保有するスケールの大きさもさることながら、激レア車やお宝物件を隠し持つ宝庫としてもその名を馳せる。そんなブルーリバーの中でここ最近、筆者的に気になっていた個体が、紹介するコルベットC4・インディペースカーレプリカだ。

何とこの個体は本国未登録のまま新車の状態で1995年に日本へ持ち込まれ、現在まで屋内保管されてきた正真正銘の未登録車である。当然ながら走行距離は保管場所の移動などで走らせた程度でインテリアの状態もクリーン。強いて言えばタイヤなどのゴム類の経年劣化は見受けられるものの、ここまで綺麗な状態で残っていること自体が奇跡だ。

ちなみにインディアナポリス500は、毎年戦没将兵追悼記念日の5月末の日曜日に開催されるアメリカを代表する人気イベントの一つ。そのレースの中でコルベットは歴代モデルでインディペースカーが制作されており、その数は20を超えている。現車は1995年当時のインディアナポリスペースカーを忠実に再現したレプリカモデルで、わずか527台のみ製造された希少限定モデル。それが国内新規登録で手に入るなんて、もう二度と叶わない夢の様な話。まさにお宝案件である!

パープル×ホワイトツートンを基調にレーシーなグラフィックデザインを採用する90年代らしいボディカラーは、30年近い時を経てもなお色褪せない魅力がある。リトラクタブルヘッドライトも正常に作動しており、永い眠りから目を覚ました様な、生き物の様な錯覚を覚えるこの個体。令和になった今だからこそ、その価値もより高まってネオクラシックアメリカンスポーツとしての存在感を示す。800万円のプライス以上の価値はあると言えるだろう。

搭載するエンジンはLT-1。300hpを4速ATで操る90年代ならではのダイレクトな加速感は、現行モデルとは異なる味わい深さが魅力。まだ慣らし運転もままならない状態で30年近く眠っていたことも感慨深い。

白い幌の状態も雨に晒された形跡がなく非常にクリーンで、インテリアは専用レザーシートにインディ500の刺繍があしらわれる。デジタルメーターに記される走行距離はわずか3,000km。登録してオーナーが街を走らせたことがないだけに、未登録の新車に相応しいグッドコンディションを誇る。程度の良いC4コンバーチブルを探しても中々見つからないだけに527台限定モデルの未登録車は、まさに激レアモデルに相応しい!


THANKS:BLUERIVER
TEL:0725-56-6400


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


関連記事

RELATED


【WORK ZEAST ST2】研ぎ澄まされた刃の様な妖艶な魅力を漂わせる

アメ車を始め、様々な輸入車を扱うオールインポート。スタイルだけでなく性能も追求したカスタムに定評があるが、同社が絶大な信頼を置くのは、メイド・イン・ジャパンが誇るWORKだ。

ヤフオクで購入したボロボロのカマロがここまで化ける!?

ディスカバリーチャンネルの人気番組でお馴染みのガス・モンキー・ガレージ。錆びだらけで朽ち果てる寸前のクラシックカーを買い取り、レストアやカスタムを施して極上車へと仕上げるあの場面。まさにそんなヒストリーがナオキモータービルドに実在した。

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

71年型アイアンボディ×81年型のシャーシ×LT-1はC3の理想形

「オリジナルこそビンテージの極み」と称賛する一方で、本国では見た目は当時のままに電気自動車を製作したり、ニューエンジンを組んでミッションも新調して現行車両同様の走りを楽しむスタイルも増加傾向。紹介するC3は歴代コルベットの良いところのみを組み合わせた理想形である。

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

 

最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】