デビューしたのは、なんと1926年。MOPAR 最高級のプレミアムカーがインペリアルだ。

クーペ

ビンテージ

クライスラー

スカイオート

1960-1970

インペリアル

アメリカンビンテージvol.04

フルサイズボディに搭載された、超ゴージャスな快適装備


気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー

AMERICAN DAILY VINTAGE CAR

'69年はちょうどインペリアルがフルモデルチェンジを遂げた年。マスクの全幅を覆うグリルはこの年式で初めて採用。
クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。


1960-1970年代

レース活動が活発になり、ハイパフォーマンスカーが次々に登場。大排気量エンジンなどメカニズムにおいても大きな進化を遂げ、後年の「マッスルカーブーム」を作るきっかけとなった時代でもある。

1969y クライスラー・インペリアル

MOPAR最高級のプレミアム・ビンテージ

1969年 クライスラー・インペリアル

キャデラック、リンカーンと肩を並べる、MOPAR 最高級のプレミアムカーがインペリアルだ。デビューしたのは、なんと1926年。'93年に車名はなくなったが、'50~'60年代は、豊かな、そして強いアメリカを象徴する存在だった。このインペリアルはその一番いい時代だった頃のモデルである。
 

現代にも十分に通用するプレミアム装備が充実

1969y CHRYSLER IMPERIAL

アメ車ディーラーとして40年以上の実績をもつ「スカイオート」。ハマーH1の取り扱いを得意とするが、レアなビンテージカーもユーザーからの買い取りで、時に入庫するのだという。この'69年式インペリアルも、そんな1台。全長は6mに迫る巨体だが、流麗な2ドア・ハードトップボディ。

ファントムグリルでカバーされたマスクや、ゴールド×ブラックのボディは、いかにも豊かな時代のアメリカン・ビンテージカーの象徴のようにも思える。パワーステアリング、パワーウィンドウ、エアコンも装備しているから、普段乗りも快適にこなしてくれる。


'69年からのインペリアルは、従来より丸みを帯びたフォルムが特徴。後輪を覆うフェンダーカバーが採用されているのも、'69モデルならでは。


'69年はちょうどインペリアルがフルモデルチェンジを遂げた年。マスクの全幅を覆うグリルはこの年式で初めて採用。

ホイールはIMPERIALロゴが入る15インチ。プレミアム感のあるデザイン。
ホイールはIMPERIALロゴが入る15インチ。プレミアム感のあるデザイン。
 
シートは人工皮革のベンチ 式。パワー調整機能も標準装 Topic! 備されている。
シートは人工皮革のベンチ式。パワー調整機能も標準装備されている。
 
エンジンは当時のクライスラーでも 最大級の440(7.2ℓ)。コラム式の3速ATとコンビ。
エンジンは当時のクライスラーでも最大級の440(7.2ℓ)。コラム式の3速ATとコンビ。足まわりはフロントに独立式を採用する。


フルサイズボディに搭載された超ゴージャスな快適装備

1926年、クライスラーの最高級モデルとして登場したインペリアル。'55~'75年、また'81~'83年にかけて、インペリアルはクライスラーから独立したブランドとなっていたので、今回の'69年式には、どこにもCHRYSLERの文字は見えない。


だが、フルサイズのハードトップボディにはMOPERの最大級の440エンジンを搭載。エクステリアにはファントムグリルや、“サメのエラ”と呼ばれた前部コーナリングランプなど、この年式の特徴が見える。

一方、インテリアも超ゴージャスで、フェイクレザー張りのシートはパワー調整機能付き。ウッドを多用したインパネ&トリム、パワステ、パワーウィンドウなど高級装備が充実している。


■取材協力:スカイオート
所在地:埼玉県越谷市南荻島708-1
TEL:0489-76-1235
http://www.skyauto.co.jp

■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン
アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】