カスタムも視野に入る 59年型シボレーインパラ【グレイスキャブ】

セダン

ビンテージ

シボレー

グレイスキャブ

Grace Cab

愛知県

インパラ

オールペン

Impala

カスタムシーンで数々の受賞をプロデュースする、愛知県の実力派ショップ「グレイスキャブ」。同店のインパラは、貴重なオリジナルパーツを残す、かなり珍しい1台だった。


[vc_row][vc_column][vc_column_text]カスタムシーンで数々の受賞をプロデュースする、愛知県の実力派ショップ「グレイスキャブ」。同店のインパラは、貴重なオリジナルパーツを残す、かなり珍しい1台だった。[/vc_column_text][vc_custom_heading text="官能のビンテージアメリカン Vintage Ecstasy 1959 Chevrolet Impala"][vc_column_text]01_GC_Main2_opt オリジナルを活かすも、カスタムもオーナー次第
伸びやかにデザインされたテールフィン、フルサイズセダンならではの存在感。アメリカの古いムービーシーンでもその姿を見せつけてきたインパラは、現代になってなおさら、その価値を高めている印象だ。 グレイスキャブにあった59年型シボレー・インパラは、オリジナルパーツが残された貴重な1台。もとの外装色はレッドだったのだが、ヤレがそれなりにあったため、当時の純正色にあった黒・白のツートンにオールペン。しかし、それ以外はそのまま。だから、オリジナルのヴィンテージアメリカンを大切に所有したいという人には、垂涎の1台である。

ただし、同店の戸田代表はひとつ提案する。当時のパーツがそのまま残っており、また状態も良く動かすことに問題はないのだが、快適に、例えば普段使いでもインパラを乗りこなそうと考えるならば「ある程度は手を加えた方が良いでしょう」と。なにせトランスミッションは2ATで非効率、ブレーキは4輪ともドラムで制動性能は頼りなく、そして古いオルタネーターは性能が低く発電性能が弱い。オリジナルパーツが残っているからこそなのだが、今の公道で日常的に使うのには、あまりにも不安要素が多い。

だから例えば3または4AT化、ディスクブレーキ、性能の高いオルタネーターにするといった、カスタムをしてこそ、格好良いヴィンテージカーライフを送れるのではないかというわけだ。ETCだって欲しい。 無論、エアサスをインストールするなど本格的なカスタムでも、グレイスキャブは力になってくれる。戸田代表自身も1957年型キャデラック・デビルを所有しており、こうしたクルマへの造詣も、愛情も深いのだ。

[/vc_column_text][vc_column_text]02_GC_Rear_opt インパラを代表格として、当時のフルサイズセダンには、テールフィンと呼ばれるリア側のデザインがある。このインパラのテールフィンはとりわけ特徴的で、翼のように大きくカーブを描いている。類するものが他になく、公道で目立つことは間違いない。[/vc_column_text][vc_column_text]03_GC_Drivers_opt 04_GC_Int_opt 内装はレザーシートも含めて真っ赤で統一されている。もとは外装にも赤色が使われていたため、相当派手な1台だった。車齢にしては美しいため、どこかのタイミングで1度張り替えられているかもしれない。[/vc_column_text][vc_column_text]_8MP7956_opt _8MP7951_opt 05_GC_Eg_opt 外装ペイントを除いては、すべてが当時のパーツで残されている貴重なインパラ。ハイドロカスタムを施した経歴もなく、言わば健康的な状態である。車齢にしては傷みが見当たらず、保管状態も良かったのだろう。[/vc_column_text][vc_column_text]Special Thanks◆GRACE CAB tel:0568-35-7790 Photo&Report◆TAKAYOSHI KATO[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2018年1月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

×