X5ファイナルでトップに輝いたシボレーK-10のこだわり【グレイスキャブ】

ピックアップトラック

シボレー

愛知県

CHEVROLET

シボレー

X5ファイナル

グレイスキャブ

クロスファイブ

シボレーK10

Grace Cab

2017年12月に名古屋で開催されたカスタムショー「X5ファイナル」。そのトラックマイルドクラスでファーストに輝いたのが、このK10である。オーナーがそそぐ情熱をみる。


1979 CHEVROLET K-10 2018年はトラックに乗る!

情熱のTRUCK今注目のHOT MODELが大集結

_HMP2495

2017年12月に名古屋で開催されたカスタムショー「X5ファイナル」。そのトラックマイルドクラスでファーストに輝いたのが、このK10である。オーナーがそそぐ情熱をみる。

素性の良かったベースそこにプラスの感性

_HMP2487

K10オーナーの鈴木さんは、国産車を2台乗り継いだあと、流行に乗ってタンドラへ乗り換えたことからアメリカントラックの世界に入った。それから一度は63年型インパラに乗り換えたが、半年ほど乗ってK10への乗り換えを検討する。タンドラとインパラを経て行き着いた結論は「古いトラックが好き」だった。タンドラの頃から頼っていた、愛知県のグレイスキャブ代表・戸田氏に相談すると、思いのほか早くこの1台が見つかった。

その時点でリフトアップなどの基本的カスタムは施されていたため、タイヤとホイール、ヘッドライトのLED化、タイヤ上部の照明といった、足回り以外の細かなブラッシュアップを施しショーに出展。そして見事に受賞というサクセスストーリーである。ベースを見つけ仕入れた戸田氏のファインプレーがあり、そこに鈴木さんのセンスが加わったカタチだろう。鈴木さんはトラックの魅力について「オトコらしい」「ワイルド感」といった言葉を使う。

そして「敢えて言うなら」と前置きして「大きすぎるところが悪いとこかな」とも話す。そしてすぐ「でも大きいからこそ良いんですけどね」と笑う。仕事のアシには国産車があり、気兼ねなくアメリカントラックを楽しめる鈴木さん。「グレイスキャブは居心地の良い店ですよ」とニッコリ教えてくれた。

_HMP2557

高い車高は購入時点から。「しかしもっと上げたい」と鈴木さん。ステップを付けていないのは「敢えて。それが良い」とも。乗車する際は「ヨイショ」と足をかけてAピラーを持ってエイッと乗りこむ。

足回りのほとんどは購入時点ですでに完成していたため「詳細は分からない(笑)」と鈴木さん。タイヤ上部の緑のライトは購入後追加。エンジンなどには特別な手を入れておらず、購入時点で良質なものを手に入れたことが伺える。メンテもグレイスキャブが担当。
_HMP2555

ステアリングを雰囲気にマッチしたものに交換。それ以外のインテリアは購入時のまま。「メーターなどまだやりたい」と鈴木さん。
_HMP2538

CORLEONE(コルレオーネ)のフォージドホイールは深リム14Jの24インチ。これに組み合わせたマッドタイヤは37インチというド迫力。まさにこれが鈴木さんの「やりたかったこと」だと語る。


_HMP2536

オーナーの鈴木貴大さん。K-10を購入したのは2017年5月のこと。「前を走るクルマを照らし過ぎちゃうから、夜にはあまり乗らないようにしています」とジェントルな心遣いを見せる28歳。
_HMP2530


SHOP INFO
GRACECAB【グレイスキャブ】
●所在地/愛知県春日井市惣中町3-84-2
●TEL/0568-35-7790
●URL/http://gracecab.jp/


写真&文/加藤山往(ハチメガプロダクション)
アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

RELATED


ついに時代が動き出す!熱い時間がやって来た!俺たちが愛するC/K Truck CHEVROLET C1500【桂田板金】

90年代後半にアストロやカプリスと共に一世風靡を果たしたC/K。滋賀県は彦根市、琵琶湖湖畔からすぐのロケーションに位置する桂田板金。C K の専門店として2007 年より営業、現在はC K のプロフェッショナルとして注目を集めるまでに成長を遂げた。

ローダウンもリフトアップも理想のカタチを仕上げる匠 シボレーシルバラード&GMCシエラ【カープロデューサーK&G】

岐阜県各務原市にある「カープロデューサーK&G」は、アメリカントラック全般を専門とするカスタムショップ。旧車から最新型まであらゆるスタイルを実現する注目店だ。

コンバーチブルだけの開放感と優越感、それらを強めるAZRカスタム【アズールモータリング】

オリジナルパーツも含め、世界的に知られた「AZR」に、2台のカマロコンバーチブルがあった。どちらも異なったカスタム済み。

アバランチなのにシエラ!? 究極のスラムドで魅せる シボレーアバランチ

サバーバン、H2に続くバルフォーエス迫真のスラムドカスタム第三弾として、完成前から各専門誌からの取材オファーが殺到していたアバランチ。

美しいボディだけが美学ではない傷や汚れも本物の証 シボレーC10【ホットスポット】

日本でもヴィンテージ・トラックに対する評価が高まり、価格も年々上昇傾向にある。中でもシボレー・C10は人気のモデルで、アメリカでも価格は日本以上に急騰中。

 

最新記事


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]