セダン

セダン好きのショップ社長が選んだサメ顔のチャージャー【コーストモータリング】

DSC_3977

とことんモダンマッスルと戯れる!!
AMERICAN MODERN MUSCLE CARS
ショップスタッフはどんなアメ車に乗っているの?

アメ車を取り扱うショップ。そこで働いているスタッフたちは普段どんなクルマに乗っているのかって意外と気になる。希望としてはもちろんアメ車に乗っていてほしいと思うが、実情はさまざま。だが、この真っ赤なボディのチャージャーは歴としたアメ車ショップの社長が所有する愛車。彼はセダン好きで、サメっぽい顔をしたチャージャーがとにかく気に入っている。

DSC_3977

2007 DODGE CHARGER SRT-8

DSC_3962
DSC_3953

アメ車のセダンでもやっぱりチャージャー

31歳と若くてノリの良い松本さんが率いる「コーストモータリング」は、夏に開催された「SUMMER COAST 2017」を主催するなど、アメ車を盛り上げようと精力的に活動しているショップ。そういえば、以前に彼と話をしていた際に話題となったのが「アメ車ショップの社長やスタッフはどんなクルマに乗っているのか?」ということだった。実のところ、こういった声は読者からもあり、企画にできないものかと思慮した記憶がある。確かにアメ車に携わっているならば、もちろんアメ車に乗っているんだろうと、いやそうであってほしいという思いを抱く。しかし、数多くのアメ車ショップと接してきたなかで言えるのは、必ずしもそうではないということ。夢をつぶすようで申し訳ないけれど。とはいっても、もちろんショップスタッフたちだってアメ車が好きだからこそ仕事を始めたハズ。だが、彼らも仕事で数多くのクルマと接するため、アメ車に限らずオモシロイと感じるクルマを愛車として選んでおり、言えるのは「クルマが好き」だってことだ。ひとまずほかの人はどうであれ、そんな疑問を投げ掛けてきた松本さんに関して触れて行こう。もちろん彼もクルマ好きであり、アメ車好き。最初に買ったアメ車は2009年型チャージャー。その当時はラグジュアリースタイルが流行りだったこともあって、24インチの大径ホイールを履かせていたという。後に独立して自分でショップを始めた頃にはチャージャーから2009年型エスカレードにスイッチ。そして、それからしばらくして旧車にも興味を抱き1962年型インパラも購入したそうだ。ちなみにこの2台は現在も所有している。そして今回撮影を行なった真っ赤なボディのチャージャーはというと、原点回帰じゃないが、回りまわって彼の元へとやってきたらしい。元々は松本さんの先輩が所有していたのだが、手放したいということで下取りし販売。その際「もし手放すとなった場合には連絡をください」とオーナーには伝えていたとのこと。商売柄、普段数多くのアメ車と接している彼だけど、個人的に好きなジャンルはセダンなんだとか。アメ車で最初に購入したのがチャージャー。その前は国産のセダンに乗っていたという事実からしても、セダン好きが裏付けられている。そんな彼がなぜチャージャーに惹かれるのかというと、ズバリその見た目。サメっぽいフェイスで攻撃的な装いにソソられるそう。そんなチャージャーを松本さん色に染めるべく磨き上げているが、仕上げはまだまだ途中段階。目指す方向性としてはスタンス系。ほかとは一味違ったチャージャーのカスタムスタイルを見せてほしい。

DSC_3942

スポーツやセダン系のモデルは車高の落とし具合でスタイルが決まるため、とにかく最重要。落とすにはロワードコイルや車高調といった手段もあるが、車高を自在に操りたいという思いと、可能な限りの低さを求めてユニバーサルエアのエアサスペンションをインストール。

撮影時に履いていたボトムスはフォージアート・マルテラート22インチ。両サイドでカラーの異なるペイントを施す。だがこれは仮の姿で、現在はワーク・エモーションCR 2Pの20インチにタイヤを引っ張りでイン。これはスタンス系を意識してセレクトしたもの。

APRパフォーマンスのフロントスプリッターを装着したことでスポーティな装いを強めることに成功。リアウイングが純正、マフラーは社外品へと換装されている。エンジンルームは、ボディと同色のカバーやキャップをあしらってメイク。

■Thanks:COAST MOTORING
tel.04-2946-7203
http://coast-jp.com

■Model:Maya&Miyu
■Photo&Text:編集部

2018年 アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

  1. _N6I2600 ハイパフォーマンスMOPARもSPORT名古屋でGetできる!【…
  2. AL3O06951 CHALLENGER NEW PARTS.1 チャレンジャー用新…
  3. DSC_4630 愛犬と一緒にキャンプに行ける頼もしい相棒 ダッジラムバン YUC…
  4. 01_GC_Main2_opt カスタムも視野に入る 59年型シボレーインパラ【グレイスキャブ】…
  5. CA4R0031 日本でもっとも300Cを愛するアメ車女子 進化への情熱は止まらな…
  6. RSF_3006 クールな雰囲気のツヤ消しブラックにフルラッピングしたダッジチャー…
  7. _N6I9096 ファッションのような気分でクルマをチョイス クライスラー300C…
  8. _DSC77677 “悪さ” を追求してたどり着いたアウトローダークスタイル クライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP