初代F-150ラプターの中でも、レアなスーパーキャブを紹介!

ピックアップトラック

フォード

AMERICAN 4×4 & TRUCK

アメマガ2019年7月号

北海道

コンフィデント

F-150 SVT ラプター

F-150ラプター

AMERICAN 4X4 & TRUCK
FORD F-150 SVT RAPTOR


FORD F-150 SVT RAPTOR

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

広大な大地を誇るアメリカで生き抜くためにはタフでなければならない。まさにそれを体現するのが、ビッグでパワフルな4×4とトラック。さらにここ最近のトレンドはオフローダースタイル。益々タフネス度を強め、ワイルド感溢れるスタイルでファンを魅了する。もっともアメリカンスピリッツを踏襲するのは4×4とトラックに間違えない。

コンパクトで軽量なボディは、より一層走りが楽しめる!

2008年のSEMAショーで発表された、初代F-150ラプター。2016年には現行型にバトンタッチするが、今なお魅力的なモデルであることに間違いはない。そんな初代ラプターの中でも、レアなスーパーキャブを紹介しよう。

ピックアップの概念を覆すワンランク上の上質な走り

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

オンロードはもちろん、オフロードでの高いパフォーマンスを追求した ラプター 。日本語に訳せば猛禽類になるが、その名に相応しくストックの F‐150 とはまるで異なるスタイルと走りに魅了される人は多い。


2010年から正式にデリバリーが開始されたが、ここで紹介する コンフィデントラプター は、まさに最初期モデル。エンジンはスタンダードな5.4ℓのV8を搭載しており、2011年から追加された4ドアのスーパークルーより292mm短いので、ある意味取り回しも良く、軽量。言わば、 ラプター のポテンシャルをフルに発揮できる仕様。

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター
ラプター の注目ポイントを今更説明するまでもないかもしれないが、最大のポイントは存在感溢れるエクステリアよりも、むしろ中身にある。両側合わせて7インチワイドとなるオーバーフェンダーは、315/70R17サイズのタイヤを装着するためだけではない。フロントの独立懸架サスペンションのストローク量をアップさせるために、アルミ製のロングアームに変更。

もちろんノーマルよりも車高はアップしており、そこへ組み合わすショックはオフロードレースで高い評価を得ているFOXレーシングのリザーバータンク付き。言わば ラプター はメーカー自らがチューニングしたスペシャルマシンというワケだ。フロントバンパーはプレランナー風に変更されているが、そのほかはホイールに至るまでオリジナルをキープ。むしろバネ下重量を考えれば、 ラプター はこのまま乗るべきだ。


_N6I0184
今回試乗した コンフィデント のラプターはすでに15万kmを過ぎているとはいえ、そのしなやかな走りはまだまだ健在。リアサスペンションはリーフなのだが驚くほど快適で、ピックアップのイメージを見事に覆してくれる。


フロントグリル、ワイドフェンダー、ボンネットなど、ラプターの専用装備が各部に満載。サイドステップは金属製となっており、ヘビーデューティーな使用が前提となっている。


ベッド部分にはUNDERCOVERのトノカバー
BEDRUGのインナーも装着

FORD純正のカーゴエクステンション
ベッド部分にはUNDERCOVERのトノカバー、内側にはBEDRUGのインナーも装着。ベッドに収まらない大きな荷物の落下を防ぐ、FORD純正のカーゴエクステンションも装備。


FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター




最新のアメ車と比べると、シンプルな雰囲気が漂う運転席周り。基本的にスタンダードなF-150と共通だが、シフト前方にオフロードモードやヒルディセントコントロールのスイッチが備わる。横のトグル風のスイッチは、後付ランプの装着を考慮し、標準で装備。


FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター
FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター
FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター
全席レザーシートを採用。スーパーキャブは観音開き方式となる。スーパークルーと比べると、足もとの居住性はやや損なわれるが、軽快さではこちらが上だ。


FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター
ノーマルよりも片側で3.5インチワイドなフェンダーを装備。タイヤサイズは315/70R17となり、ストックのF-150より遥かに大きなグランドクリアランスを確保する。軽量かつ強靭な専用ホイールにはSVTのロゴがあしらわれる。


前後とも、FOXレーシングのリザーバータンク付きショックを採用
前後とも、FOXレーシングのリザーバータンク付きショックを採用
前後とも、FOXレーシングのリザーバータンク付きショックを採用。フロントサスペンションのロアアームはアルミ製で、ノーマルよりも長くなっている。これにより、サスペンションのストローク量を増大させている。


5.4ℓV8ガソリン
エンジンはナビゲーターなどにも採用される、5.4ℓV8ガソリン。これに6ATを組み合わせる。6.2ℓV8エンジンは、2010年の当時ではオプション設定となっていた。


アメ車専門店「コンフィデント札幌」が指南する、アメリカ車の正しい買い方と選び方
SUVからバン、パッセンジャーまで幅広いラインアップを誇る、札幌のコンフィデント。
コンフィデントが手掛けたニッサン・タイタン。オールシーズンで楽しめる最高の相棒


CONFIDENT
TEL:011-799-0321
HP:https://www.confidentsapporo.com


Photo:浅井岳男
Text:空野稜
アメ車マガジン 2019年 7月号掲載


関連記事

RELATED


2019年型 F-150ラプターが降臨!究極のベストセラーのモンスタートラック

アメリカン・スピリットを体現するプレミアムでパワフルな4x4トラック、2019年型フォードF-150ラプター。このトラックは人気が高く、アメリカ国内でもプレミアム価格で販売されることが多い。しかし、愛知県にあるアメリカ車専門ディーラーのライオンハートは、この新型車をリーズナブルな価格で輸入販売!詳しくは記事をチェック☆

AMERICAN 4X4 & TRUCK
2019 FORD F150 RAPTOR

【アレンジの極み】フォード・F-150ラプターが超絶ワイド化で個性を爆発させる!

フォードF-150ラプターを特集。最強オフローダーがさらなるワイルドさでカスタマイズ。ワンオフオーバーフェンダーやリフトキット、ワイドボディキットなどの過激な改造を紹介。最新のアメリカントレンドを取り入れたカルウィングが注目ポイント。ラプターのタフさとワイルドさを体感しよう!
AMERICAN 4X4 & TRUCK
FORD F-150 RAPTOR

本気でラプターが欲しいアナタに新旧&第3の選択肢を提案する

FORD F-150 RAPTOR

どっちのチェロキーを選ぶ?四駆らしさを追求したトレイルホークと、都会的なリミテッド。

AMERICAN 4X4 & TRUCK
2019 JEEP CHEROKEE TRAILHAWK
2019 JEEP CHEROKEE LIMITED

シェビーのミドルサイズトラック、シボレーコロラドは走りもサイズ感も絶妙

AMERICAN 4X4 & TRUCK
2019 CHEVROLET COLORADO

 

最新記事


2023/09/22

稀少限定色のレインにルビコン392を搭載するモンスター!

SUV

ジープ

1981年まで生産されたCJ以来、40年ぶりにV8エンジンを搭載した「RUBICON 392」。モパーらしさを色濃く感じさせるハイパフォーマンスな走りは、良い意味でラングラーらしからぬ魅力を放つ。

2023/09/21

ひと手間加えて防音・猛暑対策も!たるんだ天井を自らの手で張り替える!

メンテナンス

最近、愛車の天井がたるんできた。そんな悩みを持つオーナーは多いのでは?でも張り替えって、お願いすると高いんでしょ? だったら自分でやってみる?生地もネットで買えるし専門工具も不要。やろうと思えば、なんだってできる!

2023/09/20

【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!

2023/09/20

【ジープ グラディエーター】遊びに使うことに特化した、ある意味スーパーカー

ピックアップトラック

ジープ

JLラングラーが空前のヒットを続けており、それに続けとばかりに日本で正規発売されるJTグラディエイター。ただボディを伸ばしただけはない本気度が感じられるモデルだ。

ランキング


2023/09/21

ひと手間加えて防音・猛暑対策も!たるんだ天井を自らの手で張り替える!

メンテナンス

最近、愛車の天井がたるんできた。そんな悩みを持つオーナーは多いのでは?でも張り替えって、お願いすると高いんでしょ? だったら自分でやってみる?生地もネットで買えるし専門工具も不要。やろうと思えば、なんだってできる!

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2023/09/20

【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!

2023/09/18

アメ車(シボレーC1500)でサーフィン行かないです、潮風に晒して錆びるのが嫌なんで!

ピックアップトラック

シボレー

初めて自分のお金で買った愛車C1500。てっきりサーフィンに夢中の彼が、その足として選んだのかと思えば、話を聞くと「波乗りはハイエース!」と断言。その真意を訪ねると生粋のクルマ好きであることが判明。