触って楽しいコルベットライフ、C3をリフレッシュメンテナンス

クーペ

愛知県

C3コルベット

アメマガ2020年10月号

コルベット

東海カーズ

バラ色のアメ車人生

1981 CHEVROLET CORVETTE

バラ色のアメ車人生 アメ車に乗れば必ずHAPPYになれる!


1981 CHEVROLET CORVETTE

ビンテージモデルの魅力とは?と聞くと、多くの人は希少価値を真っ先に挙げるだろう。だが、昔のクルマはシンプルな構造で、オーナーが自分で触りやすい。東海カーズでC3を手に入れた山内さんは自分でクルマを触りたい、そんな1人だ。

左ハンドルのMTに乗りたい再びコルベットに舞い戻った

免許を取る前からクルマやバイクの情報誌を愛読し、乗り物に対する興味は非常に旺盛だった山内さん。最初に手に入れたクルマはスカイラインGT‐R。そこからC3コルベットと、走りを追求し始める。その後一旦は大型バイクに進むが、左ハンドルのアメ車のMTに乗りたい!という気持ちが沸き起こり、再びコルベットオーナーに舞い戻った。

_N6I7156

特にこだわったのはサイドマフラーと4MTの2点で、できればミラートップやダブルテールを備えていたらいいな。あとはインジェクションよりキャブの方が触りやすいかな…。そんな軽い気持ちで中古車情報サイトを巡っていたら、まさにドンピシャなC3を発見!しかも、比較的家から近い東海カーズに在庫していたので、他の個体を見る事なく即決!

1981 CHEVROLET CORVETTE

実は山内さん、以前は整備士をしていたので、メンテナンスなどはお手の物。自宅のガレージでショックを交換するが、流石に40年近く前のクルマだけに、各部のブッシュの劣化が目立ってしまう。リヤだけ交換を考えたが、カーズ細井さんに相談したところ「どうせやるなら全部やるべきでしょ」と言われ、各部をリフレッシュ。「購入する時点でコンディションはかなりよかったですが、手を加える事で出かけるのが全く苦にならないレベルになりましたね」と山内さんは語り、非常に満足そう。


クルマを販売するだけでなく、走る楽しさも伝える。山内さんのC3も、東海カーズのポリシーが凝縮された1台と言えるだろう。


C7やC8と比較すると、コンパクトに見えるC3。山内さん的にはカーボンボンネットやワイドフェンダーの装着にも憧れるそうだが、現在はC3らしさが光るこのスタイリングとしている。

1981 CHEVROLET CORVETTE

フロントにはリップスポイラーを装着し、リヤは定番のダブルテールに変更。山内さんが特にこだわったサイド出しマフラーやミラートップがたまたま装着されており、欲しかった仕様がたまたま東海カーズにあったという、ある意味運命的な出会い。もっとも重視したポイントは4MTで、「これだけは絶対に譲れないポイント」と断言していた。

_N6I7110

真っ赤なボディに真っ赤なインテリアで、否応無しに気分がアガるというもの。基本的にオリジナルの状態だが、メーター類のバルブはLEDに変更し見やすさを改善。ちなみに山内さんの奥様もたまに運転するそうで、颯爽と走らせる姿を見て見たいものだ。

_N6I7075

エンジンは5.7ℓの350を搭載。キャブやブレーキのマスターバックを新品に交換し、信頼性をアップ。山内さん的には383やZZ5などへコンバージョンしてみたいそうだが、カーズ細井さんは「まだ早い!」と敢えて制止。

_N6I7196

シャイな山内さんは顔出しせず、中学3年生の翔矢君が代わりに出演。「乗りたいクルマはチャレンジャーです。でも初代モデルですけど!」と、いろいろな意味で将来が有望だ。山内さんにとって、アメ車の魅力を分かってくれる頼もしい仲間でもある。

Owner : 山内洋典さん


Thanks:Tokai Cars【東海カーズ】

TEL:0533-86-8890

Photo:浅井岳男
Text:空野 稜
アメ車マガジン 2020年 10月号掲載

関連記事

RELATED


ジムカーナ仕様のC3コルベット

1982 CHEVY CORVETTE

一体どうした 東海カーズ!クルマがキレイで新しいゾ

「新しいクルマは興味ないし、ノーマル車はビンテージでも好みじゃない! やっぱりクルマは自分の色に染めて走ってナンボでしょ!」と言ってきた東海カーズ細井さん。初めてC5&C6が誌面に登場だ!

アメ車が繋いだ深い親子の絆、親子と言うよりむしろ共通の趣味人

2019 CHEVROLET CAMARO SS STYLING SPORT EDITION
2017 CHEVROLET CORVETTE Z06

夢に見続けたコルベットC2!手に入れた感激を取材

1964年型シボレー・コルベットC2を所有するオーナーを取材。元上司に触発され、自分のC2を手に入れるために奔走したオーナー。周囲のサポートと人脈のおかげで、シボレー・コルベットC2を手に!この記事ではパフォーマンスと快適性を両立させるカスタマイズや、ドライブの楽しさについて語っている。

1964 CHEVROLET CORVETTE C2

レアなビンテージアメリカンだが東海カーズなら選んで購入可能!

アメ車の中でも、とくにビンテージモデルを数多く取り揃える東海カーズ。屋内保管された在庫車は、常時始動できることをモットーとしている。今回はノーマル然としたカマロとチャージャーを採り上げてみよう。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。