インパラのニュースタンダードに着目せよ!/シェベルSSのバッチは付かずとも、SSを上回る

クーペ

ビンテージ

シボレー

インパラ

シェベル

THE VINTAGE

アメマガ2021年1月号

ナオキモータービルド

1965 Chevrolet Impala
1970 Chevrolet Chevelle

THE VINTAGE ビンテージアメリカンの魅力


1965 Chevrolet Impala / 1970 Chevrolet Chevelle

フロント18インチ、リア20インチのビレットスペシャリティーズを、絶妙なロワード具合で履きこなす65年型インパラ。リアフェンダーが大きくビレットに被るシルエットは、その筋のショーでも注目の的。しかし、見た目とは裏腹に非常に乗りやすいところがこの車両の魅力。ZZ4エンジンにTH350ATの組み合わせで3速ではあるが、トルクフルでストレスフリーに街中からハイウェイまでを制覇。クラシックオートエアーの恩恵を受けて真夏でも寒いくらい冷えるエアコンや、前後ウィルウッド14インチローター&フロント6ポッド、リア4ポッドブレーキキャリパーのお蔭でブレーキのタッチはもはや欧州車レベルだ。

 

そしてもう一方は、350エンジンにヘッドチューンを施し、3速ATから強化700R4ATへ変更。ノンスリデフに強化アクスルシャフト、550hpに対応するアルミ強化プロペラシャフトを導入。デトロイトスピードアーム、スピンドル、スウェイバーのフロントに対してリアにライドテックアームを採用しハイパフォーマンス化によって伴う不安要素を見事払拭する70年型シェベル。14インチウィルウッドブレーキローターや6ポッドキャリパーもインストール済みで、走る、止まる、曲がるのすべてにおいて一切の妥協を辞さない姿勢が肝となる。ブループリント社の455hp、383エンジンへは、近日中に積み替え予定とのこと。

1965 Chevrolet Impala
魅惑のロワードフォルム、終始安定した走りの理想形

1965 Chevrolet Impala 1965 Chevrolet Impala

古いクルマゆえに何かと不安が付きまとうイメージが強いヴィンテージカー。しかしそんな不安や緊張感を払拭し、終始快適仕様に徹した欲張りな仕様が、ここで紹介するインパラだ。

フルオリジナルでもローライダーでもないインパラのニュースタンダードに着目せよ

1958年にベルエアの上級グレードとして誕生したインパラ。1965年型はボディサイドモールディングやリアカバートリム、3連ユニットテールが装着され、モダンで斬新なデザインへと変更を受けており、年間販売台数記録80万台を超えたベストセラーモデル。また同年から4ドアのカプリスパッケージが登場し、大きな転換期を迎えている。翌年66年にはカプリスクーペが登場したことでフルサイズクーペの選択肢が増した。現在でも根強いファンが多いアメリカンビンテージカーである。

ZZ4エンジンを搭載しTH350のオートマティックトランスミッションで駆動するインパラ

ZZ4エンジンを搭載しTH350のオートマティックトランスミッションで駆動するインパラ。ヴィンテージエアーではなく、クラシックオートエアーのエアコンシステムを搭載しており、撮影時の炎天下でも寒いくらい良く冷える快適な空調システムへとアップデート。

DSC_9972 DSC_9965

トレンドに左右されないトラディッショナルな5スポークデザインのビレットスペシャリティーホイールはフロント18インチ、リア20インチ。リアフェンダーがホイールを覆う勢いで潔くロワードフォルムに徹することで65インパラのフォルム造型美を際立たせる。走りに特化した姿勢は制動力強化も抜かりなく、ウィルウッドのブレーキシステムを導入済み。

DSC_9977 DSC_9984

ステアリングはバドニックを採用。ブラックレザーのベンチはフカフカで柔らかい当時らしい座り心地で硬めの足を良い意味で補う。ビレットスペシャリティーズトゥルートラックやアルミラジエターなど、見た目にも美しい。

1970 Chevrolet Chevelle
アウトローでワイルドなシェベル丸目4灯の最終モデル

1970 Chevrolet Chevelle 1970 Chevrolet Chevelle

「いつかはシェベル!」を掲げるビンテージフリークは多く、マッスルカーシーンにおいては王道的存在感を放つシェベル。その中でも丸目4灯最終モデルの70年型は格別の味わいを持つ。

SSのバッチは付かずとも、SSを上回るハイパフォーマンスで魅了するスパルタン仕様

1963年に64年モデルとして誕生したシェベル。以降67年型まで初代モデルがリリースされ68年型から第二世代へ。70年型よりリアウィンドーとピラー形状の変更を受けて後方視界を改善。その後71年型にはアイコンだった丸目4灯から丸目2灯となる。劇中車としても度々登場しており、アウトローではトム・クルーズが、そしてワイルドスピードのドミニクが愛用していたことも記憶に新しく、それぞれ70年型の丸目4灯を起用しており、いかに70年型が特別な存在だったかを物語る。

DSC_0044

350エンジンをベースにヘッドチューンを施してホーリーキャブレターへ換装、強化700R4ATを導入するシェベル。ビンテージエアーフロントランナーにビークールアルミラジエターなどクーリング対策も万全となり、ヘダースからサイド出しのワンオフマフラーが奏でるド迫力サウンドが唸る。現在マフラーは少し控え目な物へと作り変えているとか。

DSC_0042 DSC_0222

デトロイトスピードアーム、スピンドル、スウェイバー、リアのライドテックアーム、アルミ強化プロペラシャフトに強化アクスルシャフト、ノンスリデフなど走りに徹した足回り。リムエンドのみクロームを残したビレットスペシャリティーズ18インチによる赤×黒とクロームのアクセントによるコントラストも刺激的。

DSC_0049 DSC_0060 DSC_0058

スパルコのバケットシートやB&Mシフター、ビレットスペシャリティーズのステアリングなどインテリアの造りこみもスパルタンに徹する。キッカーオーディオをスマートにインストールしている点も特筆物だ。


取材協力:ナオキモータービルド

HP:http://www.naoki-mb.co.jp/
PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2021年 1月号掲載

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!