完全なノーマルではなく「違いのあるノーマル風アストロ」が人気

バン

シボレー

埼玉県

EXTREME AMERICAN

アメマガ2021年10月号

ピットインアクツ

アストロ

2000 CHEVROLET ASTRO

EXTREME AMERICAN


2000 CHEVROLET ASTRO

アストロの匠の技“らしさ”を残しながら違いを出す

近頃のアストロは、派手なカスタムよりもノーマル派が多い傾向にある。その中でも、完全なノーマルではなく「違いのあるノーマル風アストロ」が人気だ。長年アストロカスタムを行なうピットインアクツが、らしさを残しながら違いのあるアストロを製作した。

アストロを知り尽くすから生まれるカスタム

全盛期にはノーマルよりもカスタム車が一般的だったアストロ。しかし現在はフルカスタムのアストロは少数派で、あえてノーマルのままで乗るオーナーが増えている。そうした「ノーマル派」が増えるなか、長年アストロのオリジナルカスタムに力を入れてきた埼玉県のピットインアクツには、「ノーマルを崩さずに違いを出したい」というオーナーが訪れる。


一般的なショップでは恐らく、ホイールや幾つかの既製パーツを組み合わせて終わりだろう。だがピットインアクツは、アストロを愛し知り尽くす匠。無数のパーツを所有し、無いものは自作、他モデルのパーツを加工流用もする。今回製作したアストロは、まさにピットインアクツだからこその「ノーマル風アストロ」だ。

2000 CHEVROLET ASTRO

フロントバンパーはC/K用のポジーバンパー、ボンネットはマジェスティックでワイパーカウルもセット。ハイルーフ用のフェンダートリムを装着することで肉厚なオールテレーンタイヤの装着も可能にし、アメリカンレーシングの15インチホイールもブラックペイント。リアバンパーはC/K用を短縮加工を施し、リアゲートスイッチ&ワイパースムージング。シボレーのテールエンドバンドもリアゲートに合わせて加工がされている。


オーナーのアクティブな趣味を考慮した仕様をテーマにしつつ、ノーマルを大きく崩さないスタイルを目指すのは簡単そうで難題。それを見事やり遂げるからこそ、ピットインアクツには今もなお多くのアストロが集まるのだ。

_K2A0755 _K2A0737

ボンネットはマジェスティック製で、ワイパーカウルもセット。フロントバンパーはC/K用のポジーバンパーを装着し、ボディサイドパネルに合わせてシルバーペイント。タホ用の牽引フックも追加している。

_K2A0844 _K2A0859

C/K用の純正リアバンパーを車幅に合わせて短縮加工。リアゲートスイッチ、リアワイパーはスムージングされ、車内側のスイッチはギミック(?)としてドライバーが刺さる。

汎用のシボレーのテールエンドバンドは、テールゲートに合わせてカットしているが、違和感は全く無い。アストロオーナーは真似したくなるのでは?テールレンズは装着していたレンズをブラックで縁取りしレッドでペイントを施したもの。ヒッチメンバー装着。車高はノーマルだ。

_K2A0771 _K2A0788 _K2A0815 _K2A0868 _K2A0895 _K2A0910

ロールーフでは装着されていないフェンダーモールは、ハイルーフから移植。これにより、BFグッドリッチ・オールテレーンT/A KO2(235/75R15)の装着も可能になった。ホイールはアメリカンレーシングの15インチをブラックペイント。センターキャップロゴが経年劣化で腐食していたため、カッティングして新たに作成しクリアペイント。


マフラーはオリジナルのサイド2本出し&フローマスター40。四角いフューエルドアはビレットの丸形に変更。車内のウッドパネルやコンソールはハイルーフ用を移植しピアノブラックペイント。 OWNER: 佐々木潤さん


PIT IN AKUTSU【ピットインアクツ】

TEL:048-421-1787
HP:http://www.pitin-akutsu.com/
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2021年 10月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

×