SNSで見つけた赤いスクエアボディのサバーバンに惚れて即決!

SUV

ビンテージ

シボレー

アメマガ2022年4月号

THE VINTAGE

サバーバン

クルマとの出会いは一期一会。何気ないスマホの画面からでも〝ビビッ〟と来たらそれも運命。直感と個性を大切にするオーナーの意外な職業とクルマのギャップ! こうあるべきといったイメージを押し付けること自体がナンセンスだ。

SNSで見つけた赤いスクエアボディに惚れて即決!

THE VINTAGE


1988 Chevrolet Suburban

7年のアメリカ生活で得た自己責任のカーライフ

現役のバレエダンサーとして活躍する傍ら、演出家、振付師、指導者としても活動する山本さん。アメリカのミネソタやカリフォルニアで計7年ほど生活してきた彼にとってアメ車は比較的身近な存在で、現地ではマーキュリー・マウンテニアを愛用していた。

 

車検のないアメリカでは、オイル交換やブレーキパッドの残量チェックなど、多少整備に詳しい友人と一緒に作業するのがセオリー。エンジンのチェックランプが点いた位で怯むこともなく、古いクルマであればあるほどにソレを楽しみながら向き合うことこそ、醍醐味といったスタンスだ。

そんな彼の期待を良い意味で裏切るかのごとく、家族や愛犬を乗せて遠方までドライブすることの多い山本さんのために、エンジンを積み替えてセンサー類やATを含むフルリビルトで安心快適に乗れるように納車整備を施したのが大阪のナオキモータービルド。お店との出会いは、SNSで何気なく「#アメ車」で検索したこと。

 

それまで赤いJKラングラーを愛用してきた山本さんだったが、ここ数年のラングラー人気に拍車がかかって街でラングラーと出くわす機会も多く、個性を求めて乗っていたはずがいつの間にか珍しさが薄れてきたなと感じる様になり、誰も乗っていなさそうなレアなアメ車を探している中で目に留まったのが、このサバーバンだった。

 

バレエの先生が乗りそうもない異色のコラボではあるが、むしろそのギャップこそ個性。教え子にも個性を活かせるように指導しており、個性を伸ばしていくことこそ彼のスタンス。自己主張を抑え込み過ぎるのも良くない。やることはちゃんとやりつつも、個性は大切にして欲しい。そんなメッセージがこのクルマを好んで乗る彼のライフスタイルから汲み取れる気がした。

遠目に見ると単色の赤に見えて、光の強弱で浮き立つカスタムペイントも個性的でお気に入り。ホイールはアメリカンレーシングの22インチで265/30ZR22と低扁平タイヤでコーディネートしてあり、絶妙なフェンダーの被り具合もポイント高し!

入庫時に搭載していたTBIエンジンの調子が優れなかったため、リビルトTBIエンジンに換装。その際センサー類やAT など一通り手を入れているのでコンディションは抜群!

ダッシュから内張りまでフルツイードのインテリアだったが、愛犬の毛が付いてしまうのでシートのみレザーへと変更。ボイドのステアリングも雰囲気にマッチしてクール! メーター周りには家紋をお守り代わりにセットする。広大なラゲッジスペースに息子たちも大喜び!

OWNER:Yosuke yamamoto

Y.S BALLET COMPANY(www.ysbc.jp) に所属。アメリカや日本で数多くの主演を務める現役ダンサーとして活躍する傍らで、講師、演出家、振付師としても活動。写真はアメリカの舞台で友人(©David Eck)が撮影してくれたものだ。


PHOTO&TEXT:石井秋良

アメ車マガジン 2022年4月号掲載


関連記事

RELATED


追い求めて辿り着いた集大成こそ、紹介する67年型シェベルSS

より高年式、マイナーチェンジ前よりも最新モデルを好むのが一般的な日本のクルマ事情ではあるが、その逆を行くのもアメ車乗りたちの醍醐味。紹介するジョージさんが追い求めて辿り着いた集大成こそ、紹介する67年型シェベルSSである。

ベルエアを手に入れて10年、50’Sの魔法にかかったきっかけとは?

クルマを通じてその年代の音楽やファッションに興味を持つことは割と多い。だけど何もかもがその年代色に染まるなんてことはかなりレア。紹介するオーナーは夫婦揃ってロカビリー!ファッションからカルチャーまでフィフティーズの虜に!

オーナーのシボレー210はわざと錆を誇張したり、壊れていないところに手を加えたりしない

クルマとファッション、音楽は切っても切り離せない存在だ。音楽からクルマへ入る人もいれば、ファッションからクルマへ辿り着く人も。カーカルチャーはライフスタイルを映し出す鏡として大きな役割を担い、逆もまた然りである。

可愛さと信頼性を両立した61年物のサバーバン

1961 Chevrolet Suburban

1997年の新車購入から四半世紀を経てフルリメイクを敢行!【1997 シボレー サバーバン】

OBSを語る上で新車からずっと乗り続けているオーナーは非常に興味深い。それがスラムドサバーバン界の重鎮且つ、ショーカーで普段使いまでこなす強者となればなおさらだ。そこで濱田さんに登場頂いた次第だ。

 

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2