エレノアらしい“走り”を磨き上げた珠玉の一台、シェルビーマスタング

クーペ

ビンテージ

フォード

シェルビーGT500

アズールモータリング

マスタング

1960-1970

シェルビー

アメリカンビンテージvol.04

クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

AMERICAN DAILY VINTAGE CAR
気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー


フルカスタムで実現した、究極的なビンテージ・エレノア

世代によって異なる0ビンテージの世界を凝縮

1960-1970年代
レース活動が活発になり、ハイパフォーマンスカーが次々に登場。大排気量エンジンなどメカニズムにおいても大きな進化を遂げ、後年の「マッスルカーブーム」を作るきっかけとなった時代でもある。

1968y フォード・シェルビー マスタング GT500 Eleanor

02_1

エレノアらしい“走り”を磨き上げた珠玉の1台

AZRことアズールモータリングが持つビンテージカーは、目と心を奪われるものばかりだ。希少なエレノアが持つスポーティな個性を生かしつつ、さらに洗練させたような掘り出し物。飾り物ではない、乗って楽しめるビンテージアメリカンを究極的に追求すればきっとこうなる。

フルカスタムで実現した 究極的なビンテージ・エレノア

ビンテージカーの楽しみ方は様々あるが、とくにエレノアのような走りに特化したスペシャリティモデルの場合、乗ったときの快感を追求したいというのが本能だろう。 佇まいや雰囲気を残しつつ、カリカリにチューニングされたこの1台は、AZRがある顧客から入手したものだという。

カスタムの詳細などは前オーナーの判断によるものだろうが、しかしそれを把握したAZRがサポートするという事実は極めて頼もしい。 このエレノアは、エーデルブロックやMSDといった、信頼性の高いアフターパーツを多数採用している。

ボディは全塗装が施され、エンジンルームの隅々に至るまでヤレは見当たらない。いわば「非の打ち所のないクルマ」である。販売されていること自体が奇跡とも表現できる掘り出し物である。 足回りはKONIのショック。ブレーキはハイパフォーマンスなBAER。エキマニ、マフラーも社外品でバージョンアップ。

03_1

4.9Lの302エンジンを搭載。エーデルブロックのインマニ、アルミシリンダーヘッド、キャブレター、MSD点火システム一式、アルミのエアクリ、ラジエター、バルブカバーなど現代の技術で整えられた逸品。

04_1

足回りはKONIのショック。ブレーキはハイパフォーマンスなBAER。エキマニ、マフラーも社外品でバージョンアップ。

06

タコ、スピード、油圧、水温、フューエルの各メーターはAutometerで視認性に優れる。

09 11

MTのように見えるシフトレバーだが実は3AT。キッカーのスピーカーをドアにインストール。ロールバーがあり剛性を高めてある。

08 07

17インチのアルミに、245/45ZR17のRAPTORタイヤをインストール。車内後方にはキッカーのスピーカーが仕込んである。ETC、ナビ、エアコンシステムなど快適系も充実。

フォード自社内で開発された ハイパフォーマンスカー

シェルビー・アメリカンは1967年度中にその「コブラ」という商標をフォードに売却、市販モデルの生産からは1967年型を最後に手を引くこととなった。すなわち翌1968年型からのシェルビーGTはフォード自社内に新しく設けられた部署において、開発からデザイン、スペシャルパーツの製作まで行われるようになったということである。

とはいえスモールブロックエンジンを搭載したGT350、ビッグブロックエンジンを搭載したGT500というラインナップ自体に変化はなく、スペシャルパーツの量産体制が強化されたこともあり、ほぼ街中で見掛けることなど不可能だった初代GT350と比較すると、より身近なハイパフォーマンスカーになったことは間違いない。

1968年型は前年からのモデルに対して内外装共に一新されており、GT500にKR(キング・オブ・ザ・ロードの略)というレアモデルもあった。シェルビーGTは翌1969年に大きなモデルチェンジを実施し1970年まで生産された。

12

取材車はショールームでなく別の場所に保管される日が多いため、実車を見たい場合は事前に連絡してから行きたい。必見の完成度を持つ注目の1台だ。


■取材協力:アズールモータリング

SHOP-02
所在地:愛知県豊明市沓掛町小廻間16-422
TEL:0562-95-0678
http://azzurre-motoring.com/


■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン
アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。