かつては大統領の専用車として採用されたこともあるコンチネンタル。

セダン

ビンテージ

リンカーン

グリース

1960-1970

アメリカンビンテージvol.04

コンチネンタル

歴史的名車でもある、6人乗れるフルサイズセダン.
クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

AMERICAN DAILY VINTAGE CAR
気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー


1960-1970年代

_N6I2050

レース活動が活発になり、ハイパフォーマンスカーが次々に登場。大排気量エンジンなどメカニズムにおいても大きな進化を遂げ、後年の「マッスルカーブーム」を作るきっかけとなった時代でもある。

1965y LINCOLN CONTINENTAL 【リンカーン・コンチネンタル】

_N6I1950

長い歴史と独創的なスタイルが個性を放つ

100年以上の歴史を持つリンカーンブランド。最近ではライバルのキャデラックに押されている印象が拭えないが、かつては大統領の専用車として採用されたこともあるコンチネンタル。エッジの利いた独創的なスタイルに、観音開きドアを組み合わせるなど個性的なビンテージカーである。

歴史的名車でもある 6人乗れるフルサイズセダン

_N6I1992

アメリカではそれなりの台数が生き残っているそうだが、日本にはあまり輸入されていない、リンカーン・コンチネンタル。そんなレアなクルマをグリースが導入したのは、2017年の秋頃。50年以上経過したクルマではあるが、日本で未登録の車両なので、今なら3年の車検が付けられる。

ボディサイズはゆうに5mを超えるものの、ステアリングは軽く小回りが利くので、日常で困るような場面はほとんどないと、グリースの野澤社長は語る。 ちなみにこちらのコンチネンタルは、367万円(税込)で絶賛販売中! 価格にはある程度の整備費用も含まれているので、安心して乗ることができる。

_N6I2016

ちなみにブレーキもしっかり利くので、意外と思うかもしれないが、現代的な感覚で乗れるそうだ。 フェンダーの張り出しがそのままテールレンズへと繋がるラインは、50年代に一世風靡したテールフィンの名残とも言える。

最近のクルマに見慣れてしまうと、観音開きという構造に新鮮さを感じる人もいるのでは?横基調のインパネデザインを採用。スピードメーターやラジオ、時計が上段に並び、その下に各種計器類を配置。エアコンももちろん標準装備。 

_N6I2002

エンジンは430を搭載。落ち着いた外観とは裏腹に、7.0?というパワフルなユニットをボンネットフードの下に潜めている。そのため、半世紀以上前のクルマではあるが、意外なほど快適な高速クルーズが楽しめる。

_N6I2010 _N6I2033

基本的にナンバーズマッチだが、細かな部分でカスタムを実施。エーデルブロックのキャブに変更し、水温計を追加している。

_N6I2112 _N6I2082

2011年にオープンしたグリースは、車両の販売も行うが、基本的には修理がメイン。初めてビンテージに乗る人から、何台も乗り継ぐベテランまでが集う、頼もしいショップ。

見る人を釘付けにする 堂々としたサイズとルックス

_N6I1964

1961年型で新時代を見据えた新しいクリーンなデザインを得たリンカーン・コンチネンタルは、1964年型でマイナーチェンジを実施、さらに1965年型ではクライスラー・ニューヨーカーやインペリアル・クラウンを意識したエッジを利かせたデザインを得ることとなった。

実は1961年型のリンカーン・コンチネンタルと、1965年型からのクライスラーとインペリアルは共にエルウッド・エンジェルという同じ人物がデザインしたものであり、どことなく似ていたのにはそんな理由があった。

1965年型のリンカーン・コンチネンタルにおいてその当初のコンセプトに変化はなく、特徴的な観音開きのドアもクロームトリムを可能な限り廃し、面の張りの美しさを強調したサイドビューなども健在だった。

なおホイールベースは123インチから126インチに伸ばされていたこともあり一段と堂々としたものとなっていたが、翌1966年型では同じシャシーのままでさらにボディが大型化することとなる。 ビンテージカーには、やはり当時の面影を感じさせるホワイトリボンタイヤがベストマッチ。むやみに速度を出さないならバイアスで十分とも。


■取材協力:グリース

_N6I2091
所在地:静岡県浜松市中区高丘北3-37-53
TEL:053-522-9860
http://greasemotor.jp/


■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン
アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


関連記事

RELATED


大統領専用車に採用されたリンカーン・コンチネンタルの4代目モデル

重厚な観音開きドアのクラシックセダン

ビュイック・リビエラは、コンベンショナルなFRモデル

コンベンショナルなFRモデル、GMの中でも保守的なクルマ
1966y Buick Riviera

充実した装備を持つビュイック リビエラは、FR駆動のスペシャリティカー

1966y Buick Riviera
他にはない個性を身につける。ビンテージの新しい楽しみ方。

漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生まれたNEW STYLE。

アメリカン・ヴィンテージカーの金字塔、シボレー・シェベルについてご紹介。1970年にカスタムされたシボレー・シェベルSSに焦点を当て、その特徴やアップグレードを詳細に解説する。深みのあるブラックボディ、モダンなカスタム、LS1エンジン、大型ホイール、強化ブレーキ、高度なサスペンションなど見どころ満載。

フラッグシップセダンのネーミングとして「コンチネンタル」が復活!! 2017 Lincoln Continental

リンカーン伝統のネーミングが帰ってきた。14年ぶりに「コンチネンタル」がフラッグシップセダンのラインナップに戻ったのである。中味はもちろん最新の最高級車にふさわしいものになっている。MKXに続いて秋には発売予定だ。

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】