ローダウンもリフトアップも理想のカタチを仕上げる匠 シボレーシルバラード&GMCシエラ【カープロデューサーK&G】

ピックアップトラック

シボレー

岐阜県

シエラ

シルバラードZ71

グリッド

Car Producer K&G

CHEVROLET

FUEL

シボレー

ハニーD

GMC

Silverado

カープロデューサー K&G

シルバラード

シエラSLT

SIERRA

ラフカントリー

岐阜県各務原市にある「カープロデューサーK&G」は、アメリカントラック全般を専門とするカスタムショップ。旧車から最新型まであらゆるスタイルを実現する注目店だ。


[vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="もっとアメ車で遊べ! 情熱のTRUCK 今注目のHOT MODELが大集結 2018年はトラックに乗る! 2014 CHEVROLET SILVERADO Z71 2014 GMC SIERRA SLT"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]アメリカントラック専門店の自由自在 岐阜県各務原市にある「カープロデューサーK&G」は、アメリカントラック全般を専門とするカスタムショップ。旧車から最新型まであらゆるスタイルを実現する注目店だ。 _HMP2462[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="ワイルドだからこそ繊細なテクニックで"][vc_column_text]アメリカントラックのカスタムでは、大きく2つの選択肢がある。リフトアップかローダウンか。つまり「上げるか下げるか」(無論、上げ下げしないという選択肢もあるが)。リフトアップすればトラックの迫力は強調され、悪路走破性も強化されるだろう。一方ローダウンすれば迫力は別次元へシフトし、都会的なイメージを両立することもできる。どちらについても「どれぐらい上げるか・下げるか」に左右されるポイントだが、仮に思い切ってドーンとやったところで問題ない。アメリカントラックのフトコロは深く、どんなシルエットでもしっかりサマになる。どちらにしても合わせて考えたいポイントに、オーバーフェンダーの存在がある。車高を変更したら、それに伴ってホイール&タイヤを変更することが通例。それだけでも十分にカッコイイのだが、オーバーフェンダーを追加するとさらに迫力が増す。トラックが持つ独自の存在感は、大きさや無骨なデザインによるところが大きいのだが、ワイドな印象をプラスするオーバーフェンダーとの相性がバツグンに良いのだ。もちろん、これも程度の問題だ。今回の2台を例に挙げれば、シルバラードのラフカントリー・オーバーフェンダーが控えめに見えるのは、隣に並んだハニーDがモーレツだからである。しかしながらタイヤがハミ出ることで、リフトアップならではの迫力が強調され、アシも引き立つ。一方、シエラに装着されたハニーDのオーバーフェンダーは、計測したところ幅が160mmもあった。数値の上でもワイドなわけだが、ローダウンとの相乗効果もかなり高い。ところで、アメリカントラックはそもそも「働くクルマ」としての側面もあるため、大概は頑丈にできている。タフでワイルド。だからこそ我々を夢中にさせる。しかしながら愛車として迎えるのであれば、国境を超えてきたクルマなりに、正しく愛でたいもの。すると必然、アメリカントラックに精通したショップのチカラを借りなければならない。その点を考慮すると、岐阜県各務原市にある「カープロデューサーK&G」は非常に頼れる存在である。同店に足を運べば分かることだが、敷地には旧車から最新型まで幅広いアメリカントラックが並び、修理やカスタムの作業が次々に行なわれている。しかも整備に特化しており、あらゆる作業を自社で完結できるノウハウとパフォーマンスを持っている。もちろんカスタムの作業も然り。タフ&ワイルドがウリのトラックであっても、やはり「しっかり理解している人」が扱わなければ、本来持っているパフォーマンスを発揮することは難しい。この2台を見れば実力は明らかだ。アメリカントラックとの生活を始めたいという人になら、このショップは必ず強い味方になってくれるだろう。 [/vc_column_text][vc_custom_heading text="Which do you like better? LOW & HIGH"][vc_column_text]2014 GMC SIERRA SLT

2014 GMC SIERRA SLT

2014 CHEVROLET SILVERADO Z71

2014 CHEVROLET SILVERADO Z71

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="2014 CHEVROLET SILVERADO Z71"][vc_column_text]ラフカントリーのオーバーフェンダーに、FUELの20インチホイールをインストール。しかも12Jという深いリムが特徴だ。リフトアップは7.5インチ(約19.05cm)となる。フロントリップを装着し、サイドステップも装着。ショックもラフカントリーだ。 _HMP2377 _HMP2381 _HMP2389 _HMP2410 _HMP2407 _HMP2383 _HMP2401[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="2014 GMC SIERRA SLT"][vc_column_text]SEMA SHOWにて「HONEY-D(ハニーD)」のデモカーとして出展された実車がコレ。同ブランドのド迫力オーバーフェンダーを装着し、GRIDの22インチAWをインストール。ワイドなシルエットを強調するかのようなローダウン、トノカバーでコーディネートされる。 _HMP2424 _HMP2429 _HMP2450 _HMP2443 _HMP2431 _HMP2439 _HMP2438[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]SHOP INFO Car Producer K&G【カープロデューサーK&G】 ●所在地/岐阜県各務原市前渡東町3-193-1 ●TEL/058-386-8453[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]■Photo&Text:加藤山往[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2018年 4月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連記事

RELATED


ホイールはRPBの22インチで、オフセットがマイナス70という圧巻スタイル。シボレーシルバラード CHOSU ☆ アメマガガール

どう見てもこのハイリフトの07年型シルバラードは、筋骨隆々の男子が乗るスタイルだ。にも関わらず、運転席から飛び降りるように出てきたのは、超ミニのワンピースを着るアメマガガール。

美しいボディだけが美学ではない傷や汚れも本物の証 シボレーC10【ホットスポット】

日本でもヴィンテージ・トラックに対する評価が高まり、価格も年々上昇傾向にある。中でもシボレー・C10は人気のモデルで、アメリカでも価格は日本以上に急騰中。

強烈なインパクトを放つシエラとシルバラードをロックオン!

2020 GMC SIERRA
2019 CHEVROLET SILVERADO

異なる楽しみ方を堪能 シボレーカマロ & GMCユーコン

幼き頃に見た映画に触発されてアメ車が好きになり、そしてアメ車の購入を目標にコツコツと貯金をして、人生初となるクルマとしてカマロを購入した若者が、つい最近さらにユーコンを増車して、複数所有というアメ車ライフを謳歌している。

GMブランドに登場したオフロード特化グレード・オールテレーン GMCシエラ【ファントム】

フォードやラムトラックスに、オフロードに特化したスペシャルモデルが次々と登場する中、唯一後れを取っていたのがGMだ。そうした状況の中、遂に登場したのが紹介するシエラ・オールテレーン。

 

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×