クーペ

オートギャラリー東京が手掛けたカマロSSはショーカー。圧倒的な存在感の高さが魅力的な1台。

01

「魅せる」ことにとにかくこだわって全面武装、強烈なインパクトこそ最大の武器

CHEVROLET CAMARO SS

オートギャラリー東京が手掛けたカマロSSはショーカーらしさが光る、圧倒的な存在感の高さが魅力的な1台。もちろんカスタムの内容も盛りだくさん。

01

毎年11月初旬にアメリカ・ラスベガスで開催されている、世界最大級の自動車アフターマーケットパーツショーであるセマショーを筆頭に、全米各地ではさまざまなカーショーが開催されている。その中でも、ラグジュアリースタイルをクローズアップした「DUB」が展開するDUBショーも人気の高いカーショーの一つ。

実はこのカマロも、2012年のDUBショーにホイールメーカーのMPCフォージド・ホイールズが出展し、会場を賑わせたモデルなのだ。それをオートギャラリー東京が日本へとインポート。ベースは2012年型カマロSSで、当時のボディカラーはホワイトだったものをハウスオブカラーのキャンディオレンジへと全面的にリニューアルして強烈なインパクトを稼ぐ。だがそれだけに止まらず、もちろんボトムスにはMPCフォージドの最新ホイールであるMPC-5 TOKA22インチをインストール。メインは8本としながらも、さらにリムに向かって分岐させた細身のスポークは、中心部からラウンドしているため曲線美が光る一品。

そして極低車高を生み出す土台は、高性能なシステムとして注目を集めているアキュエアー。その操作は車内に用意されたスイッチで基本的にはコントロールするが、アイフォンでも操作が可能なため、車外から一瞬で着地状態へとシルエットを変化させられる。そんな見た目のインパクトに目を奪われがちだが、マッスルカーらしくスポーティな仕立ても忘れてはいない。吸気にはINJEN製エアインテークキット、排気にはへダースからテールまでSLP製のフルシステムへと換装し、ボンネット&トランクフードはSEIBON製のカーボン仕様へと交換。このカマロを表現するなら「ラグジュアリー・マッスル」が相応しい。

02

 

ハウスオブカラーのキャンディオレンジへと身を染めたフォルムはとにかく強烈な存在感を放っているが、SEIBON製カーボンボンネット&トランクフードがこれまたアクセントとなって、単に派手なだけではない一面を覗かせる。エンジンカバーなどもボディと同色にペイントして「魅せる」演出は抜かりない。さらにINJEN製エアインテークキットによって吸気の、SLP製マフラーをへダースからエンドまでフルに交換することで排気のパフォーマンス向上が図られている。

 

極低車高をもたらすエアサスにはアキュエアーをチョイス。一瞬にして上下動を可能とする高性能タイプがインストールされている。

09

10

 

基本は8本スポークデザインだが、さらにリムに向かって2本に分岐させる細身のスポークはエレガントさを演出しながらも、スポークにわずかなラウンドを付けた曲線美が秀逸なMPCフォージドのMPC-5 TOKA。サイズは22インチ。タイヤサイズはフロントが265/30ZR22、リアは315/25ZR22。さらにその裏には、ボディカラーと同色にペイントしたブレーキキャリパーが顔を覗かせる。

08

11

 

■取材協力:AUTOGALLERY TOKYO
TEL.042-799-5222 www.autogallery.co.jp
■撮影:相場恒弘


関連記事

  1. 0S7A9711_opt.jpeg 426HEMIならではのシャープなフィーリングが最高!プリマスバ…
  2. IMG_0712 初代チャレンジャーの魂を色濃く反映 MOPARらしさが光る「T/…
  3. _8MP0108 最新型カマロを入手するすこぶるスマートな方法【ラインハート】
  4. DSC_1493_opt フォードのセダンピックアップ「ランチェロ」という選択 フォードラ…
  5. IMG_1176___ Giovannaホイールシリーズのこれが売れてるぞ!! 人気ラン…
  6. 337T5386 乗って楽しんでこそマッスルカーの魅力が分かる【F-PERFORM…
  7. 1968y CHEVROLET El Camino、1968年シボレー・エルカミーノ ボディサイズの割に乗車定員は3名と、ある意味贅沢なクルマと言える…
  8. 3M7A1237-1 ベルエアの中でも非常に希少な4ドアスポーツセダン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP