クーペ

さらに睨みを利かせた顔付きのマスタングGTファストバック、ライバルたちの先を行く

2018 FORD MUSTANG GT Fastback

BUBU CALIFORNIA DIRECT BCD
2018 FORD MUSTANG GT Fastback

モダンマッスルの人気は高まる一方と言えるなかで、やはり最初に行動を起こすのはマスタング。モデルチェンジから早くも3年でマイナーチェンジを実施。一見しただけではその変化が分かりにくいかもしれないが、全域に渡ってブラッシュアップされている。2018 FORD MUSTANG GT Fastback

マイナーチェンジでよりアグレッシブに!!

2015年モデルから第6世代へと切り替わったマスタングが、2018年モデルで早くもマイナーチェンジを実施した。今回のマイナーチェンジで変更された点は、よりローフォルムを生み出すためにフードを筆頭にグリル、前後バンパー、リアスポイラーなどのデザインを一新しただけでなく、メインとなるパワートレインにもメスを入れ、これまでは3タイプ(5.0ℓV8/3.7ℓV6/2.3ℓ直4エコブースト)をラインナップしていたエンジンを2タイプ(5.0ℓV8/2.3ℓ直4エコブースト)に絞ったほか、トランスミッションもスタンダードの6速MTに加えて新開発の10速ATが用意されている。ちなみに直4エコブーストはこれまでと変更はないが、V8エンジンは直接噴射とポート噴射を併用する「デュアルフューエルインジェクション」を採用して、これまで435hp/55.3kg‐mだった出力を460hp/58.0kg‐mへと引き上げ、さらに力強く、そして軽快なドライビングを楽しめるような設定とされている。今回紹介するマスタングGTファストバックにはV8エンジンが搭載され、トランスミッションは新開発の10速ATではなく、6速MT仕様。操る楽しさを満喫するには申し分なしだ。

2018年フォードマスタングGTファストバック

2018年モデルからのマイナーチェンジでフロントグリルを大きくするとともにバンパーもデザインを変更。そしてライト類はすべてLEDを採用。リアもバンパーが新設計となっているほか、マフラーはデュアルタイプで4つのモード(ノーマル・スポーツ・トラック・クワイエット)に切り替え可能な「アクティブ・バルブ・パフォーマンス・エギゾースト」を装備。

 

マイナーチェンジした2018年モデルからエンジンは2タイプに絞られ、最大出力460hp/最大トルク58.0kg-mを発生させる5.0ℓV8と、もう一つは最大出力310hp/最大トルク48.4㎏-mを発生させる2.3ℓ直4エコブーストのみとなった。そして、これに組み合わされるトランスミッションだが、6速MTと新型となる10速ATの2タイプを用意(V8、直4ともにセレクト可能)。撮影車両は5.0ℓV8エンジンに6速MTという仕様である。

DSC_1023

 

インテリアのデザインに関してはマイナーチェンジを実施した後でも大きな変更はない。撮影車両のトランスミッションは新型となる10速ATではなく6速MT。やはり「操る」という意味ではマニュアルシフトの方が醍醐味を堪能できるはずだ。


関連記事

  1. 337T5386 乗って楽しんでこそマッスルカーの魅力が分かる【F-PERFORM…
  2. _8MA4317 利用シーンを想定した評判のカスタムパッケージアクティブに使い倒せ…
  3. DSC00781 1950年に発表されたベルエアー、シボレーの名を冠した高級モデル…
  4. 1967 FORD MUSTANG、1967フォードマスタング ビンテージマスタングを乗りこなすステキな生き方
  5. _B0V0464 69年型から、以前はシェビーⅡのサブネームだった「ノバ」に車名統…
  6. DSC_3404_opt その名を歴史に刻んだBOSS302専用チューニングが施されて復活…
  7. IMG_0712 初代チャレンジャーの魂を色濃く反映 MOPARらしさが光る「T/…
  8. _N6I2600 ハイパフォーマンスMOPARもSPORT名古屋でGetできる!【…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP