クーペ

人生はマスタング一色 フォードマスタング 50 Years edition / フォードマスタング GT

01

その日々は1997年型マスタング・コブラから始まった

人生はマスタング一色

「マスタングが良いんじゃない!!」というひと言がキッカケで始まったマスタングライフ。今では2台所有するほど、マスタングにゾッコン。

01
02

マスタングでのサーキット走行が病み付き

クルマを複数台所有しているというのは珍しいことではないが、アメ車をとなると話が違う。さらにそれが同じ車種となればレアなケースだろう。2014年型マスタング・GTと2015年型マスタング50イヤーズエディションの2台を所有するasaさん。
アメ車に興味を抱くようになったのは、彼が高校生の時に留学していたホームステイ先のファミリーが所有していたアメ車。ジャンルはSUVだったが、バギーを牽引して遊びに行くのを趣味としているファミリーだったため、一緒に連れて行かれたそうだ。
そんな出来事もあっていずれはという思いはあった。実際、免許を取得して最初に手に入れたクルマは日本車だったが、それでは物足りなくなりアメ車を物色し始めたところ1997年型のマスタング・コブラが手頃な値段かつMTで、V8のサウンドも良かったということで購入。これがマスタング一色となる日々の始まり。それから2000年型のカマロを買い足したり、2010年型マスタングGTを購入したりしたが、この時点まではマスタング・コブラと2台体制。その後GTを残しコブラからエクスプローラーへとスイッチした後でGTを2014年型GTへとコンバート。そして今年50イヤーズエディションを手に入れて現在に至る。ちょっと複雑な過程を辿っているが、必ず手元にはマスタングがあったというか、手放さなかった。その理由が気になって仕方がなくなり聞いてみると「デザインのかっこ良さ!!」というひと言だったが、すべてがここに集約されている。
さらに今回撮影に訪れた場所は千葉県にあるサーキット。何故かというと、asaさんが日々腕を磨いているから。フリーの走行会に誘われ、物は試しと参加したらすっかりハマってしまったそうだが、マスタングを「走らせる」爽快感は病み付きになるらしい。

03
04
05
06

MT車専用の「Gotta Have It Green」カラーを選択したのは、やはりアメ車にはビビットなカラーが似合うと判断してだが、そこからさらにブラック&オレンジのストライプを注入してオリジナリティを高めている。サイドに施したコブラジェットのデカールも雰囲気を高めるのに貢献。いずれはツインターボを搭載か?

07
08
09
10

ボトムスはパフォーマンスパッケージ専用の19インチホイール。その奥にはブレンボのブレーキキットを内蔵。

購入したばかりということもあるが、50Years Editionはオリジナルを維持していく方針。直4のエコブーストエンジン搭載車だけに燃費は良い。

12
13
14

■撮影:相場恒弘


関連記事

  1. 1966年 シボレー・シェベルSS ミドルサイズの大衆車「シボレー・シェベル」。普段乗りもできる! …
  2. _HMP1058 淑女のフリをした魔性の化け物 チャレンジャーその究極形【フェアラ…
  3. 1969y CHEVROLET IMPALA COUPE、1969年シボレー・インパラ クーペ フレームオフレストアにより、美しく生まれ変わったインパラ・クーペ…
  4. 0S7A9376 実は絶滅危惧種のサードIROC-Z【1990 Chevy Cam…
  5. 221 COBB チューン続々増加中 エコマスタングが面白い!フォードマ…
  6. 2018 Dodge Challenger SRT Hellcat Widebody 今、日本のアメ車で一番勢いのある マッスルカー人気の牽引車なのだ…
  7. DSC_4365 驚異のポテンシャルを秘めた ハースト・チャレンジャー【キャンディ…
  8. DSC_9594 丸目四灯モデルとして生産された最終型の1962年式ボンネビル。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP