クーペ

ラグジのコンプリートモデル、チャレンジャーSのボディラインを見よ!

LUXZ EDGE CUSTOMS CHALLENGER S、2015y DODGE CHALLENGER R/T PLUS SHAKER

LUXZ EDGE CUSTOMS CHALLENGER S、2015y DODGE CHALLENGER R/T PLUS SHAKER

EDGE CUSTOMS CHALLENGER S

MODERN MUSCLECARS
TO THE LIMIT!! 過激さへの挑戦に終わりはない

LUXZ初のコンプリートモデル、斬新のボディラインを見よ!

日本はもとより、本国USAでも高い認知度を誇るLUXZのEDGE CUSTOMS。これまでM LINEとR LINEの2つのプロダクツを提案してきたが、新たなシリーズ「チャレンジャーS」をプロデュースし、コンプリートモデルが発売開始される。

既成概念に囚われない、全く新しい形状を実現

チャレンジャーの持つ力強さをさらに強調した、筋肉美のような美しさを実現したMライン。また、無駄を削ぎ落とした独特なスタイルで、カスタムの新たな扉を切り開いたRライン。異なる2つの方向性を提案することで、チャレンジャーカスタムを牽引し続けるのが、エッジカスタムズというブランンドを展開するラグジだ。

日本国内はもとより、世界中でその名を知らしめており、メーカーよりも先にワイドバージョンのヘルキャットを実現披露するなど、自動車メーカーの先をゆくカスタムは、ユーザーのハートを魅了し続けている。

そのラグジが、新たにパーツ単体ではなくコンプリートカー専用パッケージとして「チャレンジャーS」という新たなスタイルを、東京オートサロン2019の会場で発表した。

東京オートサロン2019
カスタムカーコンテスト インポートカー部門優秀賞受賞

ラグジ、東京オートサロン2019 カスタムカーコンテスト インポートカー部門優秀賞受賞

2019年のカスタムの幕開けと言える、東京オートサロン。そのインポートカー部門で、このチャレンジャーSが見事優秀賞を受賞! だが、頂点だけを目指していた島澤社長の表情に笑みはなく、明らかに悔しさが滲み出ていた。この想いが、また新たなカスタムの原動力となることを期待したい!

全身をカーボンラッピングすることで、レーシーなテイストを際立たせる!

コンプリートで楽しむ、新しいカスタム方法

今回発表されたチャレンジャーSの最大のポイントは、その独創的なオーバーフェンダーのラインに尽きる。一般的なオーバーフェンダーは、タイヤを包み込むようなアーチを採用しており、横からみると円を描くような形状が多い。それに対しこのチャレンジャーSは、アーチを描きつつも、敢えてトップ部分をフラットにすることでそのワイドさを強調。また複雑なラインが絡み合うことで、見る角度によって全く異なる印象を与えてくれる。

LUXZ EDGE CUSTOMS CHALLENGER S、2015y DODGE CHALLENGER R/T PLUS SHAKER

オーバーフェンダーの素材はFRPとなっており、ノーマルボディよりも片側でフロントが80mm、リヤも120mmワイド化されており、さながらドラッグマシンのようなシルエットを実現している。

今回ベースとなったのはR/Tのプラスシェイカー。フロントスプリッターや前後カナード、トランクスポイラー、リヤディフューザーなどがセットになったフルコンプリートパッケージのプライスは、150万円。加えてデモカーはカーボンラッピングを施す事で、独特な世界観を実現。

新車、もしくはベース車両をラグジで購入する際に「チャレンジャーS」へとカスタムを実施することとなるので、ベース車両のグレードやエンジンは自由にチョイス可能。完成されたスタイリングのコンプリートカーを手に入れるというのは、新しいカスタムの楽しみ方と言えるだろう。


BASE MODEL 2015y DODGE CHALLENGER R/T PLUS SHAKER

_

フロントバンパーには大型のスプリッターを装着。フルコンプリート仕様にのみ装着されるカナードは、オーバーフェンダーとラインが繋がるようにデザインされている。オーバーフェンダーのトップ部分をフラットにすることで、独自のスタイリングを実現。デモカーはエアサスをセットするが、車高調でもキットは装着可能となる。

タイヤはNITTO INVOで、フロント285/30R20/リヤ345/25R20をチョイス。ホイールはWORK・エモーションCR3Pを組み合わせ

タイヤはNITTO INVOで、フロント285/30R20/リヤ345/25R20をチョイス。ホイールはWORK・エモーションCR3Pを組み合わせ

タイヤはNITTO INVOで、フロント285/30R20/リヤ345/25R20をチョイス。ホイールはWORK・エモーションCR3Pを組み合わせ、リヤは13Jという極太サイズのリムとなる。マジョーラのペイントを施すことで、見る角度によって様々な表情を見せる。

サイドスカートはプロトタイプモデルを装着。

トランクスポイラーのエンド部分には、クリアなガーニーフラップを追加

サイドスカートはプロトタイプモデルを装着。実際の製品に向けて、若干形状が変更される予定だ。トランクスポイラーのエンド部分には、クリアなガーニーフラップを追加。視界を確保しながらも、スタイリングと空力性能を向上させている。


Produce:LUXZ

TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp/


Photo&Text:浅井岳男

アメ車マガジン 2019年 4月号掲載


関連記事

  1. 1978 Pontiac Firebird Trans Am、1978 ポンティアック ファイアーバードトランザム 映画の劇中車として人気に火が付いたイーグルマスクのファイーバード…
  2. 2010 DODGE CHALLENGER チャレンジャーをシャドーブラックルーフとディープコンケイブのボト…
  3. 1973 Pontiac Firebird Trans-Am、1973 ポンティアックファイアーバードトランザム 入手困難になりつつあるポンティアック ファイアーバード トランザ…
  4. 0S7A0134_opt ファースト後期型マスタングはダックテールを取り入れた独創的なフォ…
  5. 2014 FORD MUSTANG ボディとレンズのカタチで、6代目後期型マスタングにロックオン
  6. 2012 DODGE CHARGER 青い差し色と多車種エアロ流用の造形美で魅せるチャージャー
  7. 1965 Ford Mustang マスタングのもっともベーシックな仕様である、直6エンジン搭載の第…
  8. DSC_0951 ストレートなボディシルエットのセカンドジェネレーションカマロ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×