【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

チャレンジャー

ダッジ

Let's Enjoy CHALLENGER

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!


ダッジ・チャレンジャーはどうしてこんなに魅力的?

オーナーたちが沼ったきっかけ

ダッジ・チャレンジャーといえば、映画『ワイルドスピード』を思い浮かべる人々も多いだろう。そう、その影響は絶大!あのデザイン、スピード、カッコよさ、手に入れたい!と思った人も多いはず。気持ちを揺さぶられたオーナーも多いことだろう。

そのパワフルなエンジンとアイコニックなデザインは世代を超えて愛され、不動の地位を築き上げてきた。さらに、ダッジ・チャレンジャーは知れば知るほど、カスタムの無限の可能性にも気づかされる。そこで魅せられ、沼ってしまう人が多いという、魔性のクルマってワケだ!では、早速さまざまなチャレンジャーオーナーたちをご紹介していこう。

チャレンジャーオーナー①:先輩からの影響!まさかの大胆購入

【このチャレンジャー記事の概要】

先輩の影響でアメ車の世界に飛び込んだオーナー。先輩の赤いアメ車をきっかけに、国産のSUVで満足していたオーナーが2012年型ダッジ・チャレンジャー392HEMIイエロージャケットに乗り換え。この記事ではカスタマイズ計画や、アメ車を所有する興奮などの魅力を語っている。

チャレンジャーオーナー②:クルマを買うときは映画や漫画が引き金!

【このチャレンジャー記事の概要】

映画や漫画に影響を受けて買ったオーナーの最初の愛車は漫画の "頭文字D "からホンダのS2000。現在の愛車は映画 "ワイルド・スピード "に影響を受け、ダッジ・チャレンジャーR/Tクラシックだ。カマロやマスタングなど他のアメリカンマッスルカーも検討していたが、チャレンジャーに決めた理由をご紹介する!

チャレンジャーオーナー③:レアモデルに即決!【愛車とアメリカンなライフスタイル】

【このチャレンジャー記事の概要】

2008年型チャレンジャーSRT8コンバーチブルを所有するサーフボードビルダーのオーナー。
彼が所有するチャレンジャーはアメリカの会社によってコンバーチブルに改造され、日本では初のSRT8コンバーチブルとして2019年に登録。記事ではオーナーのアメリカンスタイルの生活とこのクルマのライフスタイルについてもご紹介。

チャレンジャーオーナー④:物足りなくてチャレンジャー・ヘルキャットに乗り換え!

【このチャレンジャー記事の概要】

ダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャットのオーナーが、クラスリートの次世代エアサスペンションを装着した体験談をご紹介。さまざまなパフォーマンスアップパーツが装着されたヘルキャット。徹底的にテストして選んだハイパフォーマンスなカスタマイズについてアツく語る。

ダッジ・チャレンジャー、実はアメ車の中でも安心感がある?

チャレンジャーオーナーを考えるならメンテにも詳しくなろう!

【このチャレンジャー記事の概要】

ダッジ・チャレンジャー、特に3代目モデルのメンテナンスとよくある問題に注目。アメリカ車は故障が多いというイメージがあるが、適切な手入れをすれば、チャレンジャーは長持ちするクルマである事を力説!やるべき事、やってはいけない事などをぜひ学ぼう!

ダッジ・チャレンジャーに興味があるなら一読必至!

アメ車初心者・上級者にもためになる専門店のメンテ・カスタム話

【このチャレンジャー記事の概要】

ダッジ・チャレンジャーを専門に扱うLUXZ代表の島澤 典詳氏へのインタビューを掲載。V6エンジンとV8エンジンの選択から、メンテナンス、カスタムまで、チャレンジャーを所有する上での様々な側面について島澤氏が語る!

ダッジ・チャレンジャーまとめ

いかがだったろうか?影響されて沼った人から、カスタムや走行性、機能性に惚れん込んだ様々なオーナーたちが登場した。チャレンジャーへのこだわりや、カーライフはまさに十人十色。これからチャレンジャーオーナーを目指す方、乗り換えをご検討の方、どんなカスタムをしているのか、エクステリアやチャレンジャーの種類、ショップ、などなど参考にしてもらえたら幸いだ♪


関連記事

RELATED


ダッジ・チャレンジャーカスタム実例&カスタム時の確認ポイント!【カスタム総まとめ】

ダッジ・チャレンジャーの人気カスタム&要望をはじめ、カスタムをする際の確認すべき点を紹介。さらに、参考にしたい個性あふれるオーナーたちのカスタムをピックアップ。エクステリアからエンジン回り、足回りと気になるカスタムがきっと見つかる!

ワイルドスピードを見て初のアメ車となるダッジ・チャレンジャーを購入

頭文字Dに影響を受けて初めての愛車はホンダ・S2000。そして今度は、ワイルドスピードを見て初のアメ車となるダッジ・チャレンジャーを購入した青木さん。漫画や映画に出てくるクルマを、実際に乗ることが青木さん流の楽しみ方だ。

話題のワークスモデルを“ 百式” 強化武装!2009y ダッジ チャレンジャーR/T【ライオンハート】

本国アメリカでも話題なっているLBワークスをベースにし、ライオンハートがさらに強化武装したチャレンジャーに大注目! イエローボディとなったこのスタイルは、まさにあの「百式」的。ガンダム世代にはグッとくるスタイリング!?

家族と共にアメ車を楽しむそれが理解を得る近道かも

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

 

最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。