個性的すぎるフロントマスクは多くの人が間違いなく振り返る【ポンティアック グランビル】

オープン

ポンティアック

アメマガ2023年11月号

グランビル

グレイスキャブ

愛知県

TEH VINTAGE

ポンティアックの絶頂期であった1970年初頭、上質さとパワフルさを備えてデビューしたグランビル。後に到来するオイルショックに翻弄されてしまうが、フルサイズ&大排気量の輝きは、今も決して色褪せない。

THE VINTAGE


オイルショックの直後だから実現できたクルマと言える!

'71 PONTIAC GRAND VILLE CONVERTIBLE × Grace Cab

ガソリン価格の上昇は、我々ドライバーにとって大きな悩みの1つではある。もちろん自動車メーカーも燃費を改善するなど様々な対策を行っているが、今から半世紀ほど前に発生したオイルショックは、クルマの性能だけでなくサイズにも大きな影響を与えたと言えるだろう。

 

オイルショック以前は当たり前の様にフルサイズのクルマや様々なマッスルカーが各社からリリースされていた。BIG3はもちろんだが、GMの1ブランドであったポンティアックも70年代という新たな時代を意識させる意味を込めグランビルを投入。それまでの巨大なテールフィンは完全に消えたわけではないが、かなりコンパクトなスタイルへと変貌を遂げる。丸みを帯びたそれまでのクルマたちとは対照的に、非常にシャープで、定規で描いたかの様なスタイリングを採用。その中でもフロントマスクはバンパーがグリルを回避する様な大胆なデザインとなっており、当時のユーザーたちには新時代の「新しさ」を感じたに違いない。

多種多様なアメ車を取り扱う愛知のグレイスキャブでは、新たに最初期型のグランビル・コンバーチブルが入荷。鮮やかなボディカラーに各部のメッキパーツが映え、まさに70年代の華やかなアメリカを想起させられる。

比較的オリジナルをキープしたスタイルだが、ETCやブルートゥースオーディオなど快適性も追求。14インチのホワイトリボンを組み合わせるが、ラジアルタイヤをチョイスするところが、安全性を疎かにしないグレイスキャブの姿勢が伝わってくる様だ。

真っ赤なボディにメックの輝きが非常に美しく、いかにも往年のアメ車らしい雰囲気を醸し出す。とくに前期型は大きなグリルを実現するためにバンパーを下げるなど、コストを度外視したデザインを採用。かなり小ぶりになったが、一応テールフィンは健在と言える。

オリジナルには7.5ℓと6.6ℓの2種類のエンジンを設定しているが、この個体には6.6ℓが搭載されている。

ドライバーを包み込む様なラウンドしたインパネを採用。コラムATを採用するため、乗車定員は6名。油温/水温/電圧の3連メーターは、ビンテージカーの必須アイテム。ちなみにドアパネルの内側にはスピーカーが埋め込まれており、お気に入りのサウンドと共にクルーズできる。


THANKS:Grace Cab
TEL:0568-35-7790
HP:http://gracecab.jp/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


関連記事

RELATED


インターミディエイトとなった最初期のコロネット440

アメリカから上質な車両のみを選別して日本へとインポートしているBUBU。それは最新モデルだけでなく、ビンテージモデルも然り。紹介する1965年型ダッジ・コロネット440コンバーチブルもまた同社が吟味して輸入した極上モデルである。

大排気量のマッスルカーよりも、唯一無二の存在というべきカスタムカーの方が好きだった

クライスラー300を皮切りに、V8 チャレンジャー、そしてこのマスタングと乗り継いできたオーナー氏。誰もが一度は大排気量のマッスルカーに乗りたいと思うが、いざ乗ってみて分かったことは「マッスルよりもカスタムカーが好き」という事実だった。

レアなビンテージアメリカンだが東海カーズなら選んで購入可能!

アメ車の中でも、とくにビンテージモデルを数多く取り揃える東海カーズ。屋内保管された在庫車は、常時始動できることをモットーとしている。今回はノーマル然としたカマロとチャージャーを採り上げてみよう。

コンバーチブルこそアメ車らしいモデル!

レッドアイをさらにチューンし史上最強807hpを発揮

2023年イヤーモデルで生産が中止となるチャレンジャー&チャージャー。限定のラストコールに注目が集まるなか、ダッジは公道走行最速となる807hpを発揮するレッドアイ・ジェイルブレイクを登場させた。愛知県のカーズスパークに、話題のジェイルブレイクが続々入庫しているぞ!

 

最新記事


2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

ランキング


2020/08/26

ポンティアックとプリマス、キャラの濃い「P」にズームイン!

ポンティアック

プリマス

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger