ダッジのフルサイズクーペであるポラーラ。もはやその存在自体が希有なモデル。

クーペ

ビンテージ

ダッジ

1960-1970

ポラーラ

アメリカンビンテージvol.04

BUBU横浜

堂々としたボディを持つ、豊かなアメリカを象徴する1台


AMERICAN DAILY VINTAGE CAR

気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー

3M7A0443-1

クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

1960-1970年代

レース活動が活発になり、ハイパフォーマンスカーが次々に登場。大排気量エンジンなどメカニズムにおいても大きな進化を遂げ、後年の「マッスルカーブーム」を作るきっかけとなった時代でもある。

その存在自体が希有な“ポラーラ”がここに 1966y Dodge Polara 【ダッジ・ポラーラ】

ダッジのフルサイズクーペであるポラーラ。もはやその存在自体が希有なモデルだが、それらの輸入・販売を得意としているBUBU 横浜には、極上の1台が在庫車両として存在している。そのコンディンションは素晴らしく、このままイベントへ出向けば間違いなく注目の1台になるはずだ。

First Impression 良質かつ338万円という プライスが魅力的な1台

3M7A0439-1

カリフォルニアにて、オーナーから直接仕入れたというのが、ここで紹介する1966年型のダッジ・ポラーラハードトップ。ブラウンとホワイトのツートンカラーは見事なまでの輝きを放ち、各メッキパーツの状態も良好だ。 元々、極上だったポラーラを仕入れ、それが極力劣化しないよう、室内保管としていることで良好な状態を現在も維持し続けている。

外観は若干リアが上がったホットロッドスタイルで、巨大なエアスクープ(ダミーだが)の存在もあり、迫力あるスタイルとなっている。内装はホワイトのレザーシートとなり、フロントはバケットタイプとなる。デニムで座るのを躊躇するほどシートの状態も極上。実物を見るだけでも価値ある極上のポラーラだが、338万円という手頃な車両本体価格も魅力的な1台だと言える。

3M7A0509-1

フロントに負けず劣らず個性的なリアビュー。マフラーは角形パイプの左右2本出しとなる。

3M7A0486-1

6300ccのV8エンジンは4バレルのHoleyキャブレターが燃料をマネージメントしている。見た目がキレイなこのエンジン、始動すれば野太いV8サウンドを味わうことができる。

3M7A0463-1

ほかの何にも似ていない個性的なデザインのインパネ。ミッションはコラムの3速ATで、インパネ下側には社外の3連追加メーターが収まっている。

3M7A0477-1

ホワイトレザーとなる前後のシート。フロントはファクトリーバケットシートである。

3M7A0488-1 3M7A0491-1

メッキパーツとメッシュホースが数多く奢られたカスタマイズドエンジン。Moparのインマニやバルブカバーも付いている。  

3M7A0482-1 3M7A0523-1

ダッシュボードとインパネは割れなどもなくキレイな状態。ホイールはWeld Racingの15インチで、タイヤはフロントが245/60R15、リアが275/60R15を履く。

Profile of the car 堂々としたボディを持つ 豊かなアメリカを象徴する1台

クライスラーが展開していたブランドの中で、ダッジが担っていたのはミドルレンジでありコンパクトからフルサイズまであらゆるカテゴリーのクルマが網羅されていた。ポラーラはフルサイズの中のミドルグレードである。

1966年というとダッジの中でスポーティーイメージを主に担っていたのはインターミディエイトのコロネットだった一方で、重厚な乗り心地と堂々としたサイズを愛する層も少なくなかったことから、ポラーラにも魅力的なハードトップがラインナップされていた。 メインモデルのエンジンは383のビッグブロックだったがオプションで440も用意されており、外観から受ける印象よりは速いクルマだった。

1966年モデルはホイールベースが122インチと歴代最長になったこともあり、アメリカ車が最も豊かだった時代を象徴する1台として認識されている。 また4ドアセダンはポリスカーやタクシーなどにも多用されるという、当時のアメリカではおなじみの1台でもあった。

3M7A0524-1

フェンダー後部にはPolaraのロゴと383キュービック・インチ(6300cc)を示すエンブレムが付く。これ自体もキレイな状態である。


■取材協力:BUBU YOKOHAMA

_F8A0149
所在地:神奈川県横浜市霧が丘5-1-5
TEL:045-923-0077
http://www.bubu.co.jp/


■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン
アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]