ヒッチキャリアで何をする?何を積む?どう遊ぶ?あると便利なヒッチメンバー!

SUV

コラム

アメマガ2021年12月号

EVERYDAY with GMC JIMMY

ジミー

仕事にプライベートに毎日フル稼働するGMC・ジミー!

EVERYDAY with GMC JIMMY


仕事にプライベートに毎日フル稼働するGMC・ジミー!

ボンネットも無事に綺麗になったし、この夏は再びジミーがフル稼働!で、何気に今まで撮った写真を振り返ってみると、丸目を強調するあまり前アングルばっかり掲載していて、ほとんどリアアングルを載せてこなかった。長年愛用するヒッチキャリアの話も…既に旬ではないが、アウトドアブームに乗っかってヒッチメンバーと愉快なアイデアたちについてお伝えしていこう。


ウシオオートモービルに入庫して大幅に進化した令和版フェイススワップを敢行!

タイヤ直径約1m!ダンプトラックとほぼ同等のサイズ感でワイルドライドを堪能


キャンプ道具からバイクまで積載能力を格段に向上!

今からざっと10年ほど前、バランスの水島氏が「アキラくん、これは絶対ジミーに似合う!!いっとくべきやで!!」と、まだCURTってブランドすら日本人に馴染みが薄かった時代に、半ば強引な押し売り状態で取り付けてもらったヒッチメンバー&キャリア。

 

大き過ぎたキャリアは折り畳むとゲートパネル上まで来て少々オーバースペックだったので後に少し小ぶりなサイズ感に変更したものの、あの時CURTのヒッチメンバーを付けていなかったら、今こうしてキャンプやバイクのツーリングで重宝していなかったと思うと改めて感謝!

DSC_0589

で、今回紹介したいのは定番のヒッチキャリアを筆頭に、ヒッチメンバーが折角付いているのに活用できてない方向けに、自分なりの活用法、そして楽しみ方を紹介したいなと。

 

ジミーで愛用しているのは、駐車時もほとんど邪魔にならない折り畳み式のヒッチキャリア。これがまたリフトアップした車高だと、ちょうど良い高さ加減で便利。

 

パラソルをたてて休憩スペースにするも、ゴープロを取り付けて動画撮影するもよし。キャンプの際は家族4人乗車で限界のあるラゲッジスペース不足を補い、波乗りに行った際はワックスを塗りこむ際のボードラックとしても有効。 そのほか、バイクラックやネットサーフィンをしていて見つけたユニークなアイテムもあったのでサクッと紹介して行こう。

IMG_3338_Original

仕事柄、炎天下で日陰すらないスポットで撮影することも多く、年中こんがり小麦肌がトレードマークではあるが、自分は良くても撮影機材が熱でやられてしまっては困る。

 

車内に仕舞い込むも漆黒ボディはサウナ状態のため、ベストはなんだかんだいってパラソルだ。ヒッチキャリアはちょうどストロボスタンドや三脚とカメラバックを置けるサイズ感で、キャリアの外側に強力クリップ二つでビーチパラソルを止めれば良い具合の日陰ができ上がる。

IMG_9696IMG_0928_Original IMG_3331_OriginalIMG_9685

また、ローアングルはキャリアを倒して、ハイアングルは折り畳んでと自在にアングルを調整できるゴープロ用の台座としても有効。とはいっても、動画は最近滅多に撮っていないんだけど…。

IMG_9368

今回折り畳み式キャリア以外で初めて使用したのが、前から気になっていたバイク用キャリア。220kgまでOKとカタログには記載されているのだが果たして…と疑問を抱きつつも、近所に住むシルバーのラムトラック乗りの友人に借りて初積載。

 

ラッシングでショックがガッツリ縮む位しっかりと固定して、日頃愛用するガタツキストッパー(ゴープロ写真横の銀色のアイテム)で不安定なガタツキを抑えてやれば、多少ケツ下がりのシルエットは否めないが大阪から淡路島まで終始安心して走ることができた。だけど車高が高すぎて付属のスロープの傾斜がかなり厳しくなり、一人での積み下ろしはさすがにキツイ。

DSC_1822IMG_9602

この前は原付ツーリングの愉快な仲間たちが手伝ってくれたおかげで行きも帰りも実現できたけど、頻繁に積載する方はスロープの延長加工か、なるべくリフトアップはマイルドに抑えた方が無難かもしれない。


遊び心溢れるアレンジからフル稼働する達人まで。ヒッチのコアな楽しみ方!

DSC_0994

写真はモンスター級スクエアボディのサバーバンでお馴染みの山口さんが2020年のTVWでエントリーしていた赤いチェロキー。初めてお話しさせてもらい「コレ面白いでしょ!」と見せてもらったのが1985y ATC-V70と、専用の自作ヒッチキャリア。

DSC_1026 DSC_0990

3輪がしっかり固定される様に台座を組み、左右のデッドスペースにはボックスを積めるように工夫。ファットなタイヤがギリギリ収まるジャストフィット加減にウットリ。 ヒッチからの一本フレームを軸に両サイドに補強を入れて強度やガタツキ対策を行なっているところもナイス!

kennel-gear-receiver-hit_102-2 o0600045812616367599 RIGd-UltraSwing-Hitch-Carrieryakima-image-1603553840

海外サイトを見ているとユニークなアイデアが満載。中でも個人的にツボったのがドッグフード&ウォータートレイ。 律儀にしっかりアイアンで製作して溶接で取り付けている本気具合が堪らない。後は度々紹介されるハンモックも遊び心があって好印象。残りの二つはルーフキャリアとヒッチキャリアの2段活用に留まらず、サイクルキャリアまで駆使した強者。

 

そして一時期本気で検討していたヒッチ固定式の背面タイヤキャリア。背面タイヤってリアゲート部分に穴をあけて装着するイメージだけに、穴あけ不要で背面タイヤがヒッチピンによるイージーステップな脱着式となれば、意外と需要がありそうだ。


一筋縄ではいかないリフトアップ計画が一歩前進!GMC・ジミー!

自粛期間中の「おうち時間」を利用してリフレッシュ!GMCジミー


Photo &Text:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 12月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

×