SUV

とにかくブレイザーが好きで購入、彼女のスクエアトラックは男勝りなワイルドなフォルム。

DSC_1512

アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!!

AMEMAG GIRL
Beauty Ridez
彼女たち流のアメ車との付き合い方
#アメ車女子のライフスタイル 10
CHEVROLET BLAZER RYOKO

新旧問わず楽しめるのがアメ車の魅力ではあるものの、コアなファンは古い方へと流れる傾向がある。そして最近はスクエアトラックが注目されている。とはいえ、紹介するリョウコさんはそんな事情とは関係なしに、とにかくブレイザーが好きで購入した一人。

DSC_1479

このフォルムが大好きボディカラーもお気に入り

DSC_1436

現行モデルではモダンマッスルの人気が高いのだが、その反面旧型モデルでは60~90年代のスクエアトラックが人気を博している、ここ最近のアメ車業界。とはいっても、スクエアトラックを愛車にしている女性はそう多くないなかで一人の女性と出会った。

父親がアメ車を所有していたことから、自然とアメ車に興味を抱くようになったというリョウコさん。免許を取得した時からずっと欲しかったという82年型ブレイザーを6年前にゲットしたそうなのだが、それにしても愛車はというとボディカラーがマットブラックで男勝りなワイルドなフォルム。

実はこれ、クルマ好きの弟さんに「色を変えてもいい?」と聞かれ、二つ返事でOKと答えたらこうなったらしく、弟さんがDIYでペイントしたそうだ。「アメ車は好きですけど、詳しくはよく分からないので任せちゃってます」ってことだが、渋くてイイと気に入っている。しかし最近は、マットブラックにしてから数年が経過するため「そろそろ塗り替えてもいいかなぁ?」とも思い始めているみたい。でもペイントするのは弟さんなんだけど(笑)。

リョウコさんは2018年4月に開催したアメマガキャラバン山梨にも参加してくれていたんだけど、その際に「乗り換えるかも…?」と言っていたことが気になり、今回改めてその真相を確かめてみると、「そうなんですよ、あの時は乗り換えようかなぁって真剣に考えていたんですけどね。でもいろいろと事情が変わって断念しました」とのこと。乗り換えを検討していたのはVシリーズのサバーバンで、やっぱりスクエアトラックがお気に入りだったりする。だが実は、乗り換えも視野に入れて水面下でゴソゴソと画策していたそうなのだが、諸事情あって断念しました」とのこと。乗り換えを検討していたのはVシリーズのサバーバンで、やっぱりスクエアトラックがお気に入りだったりする。

DSC_1490

センターラインホイールにBFグッドリッチのホワイトレタータイヤの組み合わせも、スタイル形成に一役買う。

 

「ボンネットは開けたことあるけれど、詳しいことはよく分からない(笑)」と言う彼女の愛車には305(5.0ℓ)エンジンが搭載され、エーデルブロックのキャブレターを装着し、マフラーもヘダースから換装しているため図太いサウンドを奏でている。これがマットブラックへとオールペンされたスタイリングともマッチして悪そうな雰囲気を放つ。

 

マットブラックのワイルドなフォルムともマッチして悪そうな雰囲気を放つインテリア。ベージューカラーをベースに構成しつつ、パープルを用いて張り替えられたシートも雰囲気をあおる。

■Photo & Text:編集部

アメ車マガジン 2018年 10月号掲載


関連記事

  1. _8MA5477 すべて呑み込むブラック体躯 完成された洗練の「魅せる技術」シボレ…
  2. DSC_6845 アバランチなのにシエラ!? 究極のスラムドで魅せる シボレーアバ…
  3. IMG_2175 ケータリングカーとして活躍するシボレーP10ステップバン。キュー…
  4. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  5. 1975y CHEVROLET C-20、1975y シボレー・C-20 ’75モデルのシボレーC-20はクラシカルなスタイル…
  6. 0S7A9376 実は絶滅危惧種のサードIROC-Z【1990 Chevy Cam…
  7. 115 コンパクトなジープを求めるならパトリオットに注目だ!【ブーブーワ…
  8. FORD BRONCO、フォードブロンコ 大人の男性をも虜にしてしまうアーリーブロンコの魅力とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP