クーペ

赤い目のヘルキャットは797hp。最強のマッルスカー『レッドアイ』。

2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye Widebody - fender badge

話題の「ヘルキャット」「デーモン」をラインナップして、日本国内でも人気絶頂のダッヂ・チャレンジャーだが、今年の後半にリリースされる2019年モデルには、ヘルキャットのパワーアップや新ラインナップの追加など、注目すべき話題が盛りだくさんだ。

最強のマッスルカー「レッドアイ」

2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye

2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye Widebody

2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye Widebody - fender badge

モダンマッスルカーによるパワーウォーズが繰り広げられる中、現状で頭ひとつ抜け出しているのがダッジ・チャレンジャーだ。言うまでもなくヘルキャットとデーモンの成果である。パワーウォーズの頂点に立ったチャレンジャーであるが、2019年モデルでもその歩みを休める気配を見せていない。

2019年モデルでは、ヘルキャットを707hp→717hpとパワーアップ。さらにヘルキャットの上位モデルとして「ヘルキャット・レッドアイ」を新設、こちらは797hpエンジンを搭載しての登場となった。デーモンは2018年モデル限りの限定車だったので、現状では、最強のマッスルカーはこの「レッドアイ」ということになる。

パワーアップしたヘルキャットもヘルキャット・レッドアイも、エンジン自体は6.2ℓ V8 HEMIのスーパーチャージャー付きで、トランスミッションは8AT。ピークパワーの差は、スーパーチャージャー容量、ブースト圧、最大許容エンジン回転数、フューエルポンプの違いなどによるもの。

ヘルキャット・レッドアイの場合、フルスロットル状態を11分間続けると燃料タンクが空になるほど燃料充てん効率が高いという。もちろん通常の高速走行では22mpg(9.35km/ℓ)という燃費性能を持っているので極端な浪費家というわけではない。

これら、チャレンジャー2019年モデルのラインナップがディーラーのショールームに到着するのは2018年の10月以降になる。

2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye Widebody

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE

アメ車マガジン 2018年 10月号掲載


関連記事

  1. 01 人生はマスタング一色 フォードマスタング 50 Years ed…
  2. 1975y Mercury Marquis、1975年マーキュリー・マーキー フォードとリンカーンの間に位置するマーキュリーブランド。
  3. _DSC8390 LBワークスボディキットをまとい、広島で一番のチャレンジャーに乗…
  4. 01 青×黒のマッスルドッキング! シボレーカマロ
  5. _HMP4681 貴重なコルベットC1とC7がライオンハートに集結!【ライオンハー…
  6. _DSC1721 優美なルックスを持つマッスルカーのパイオニア 1967y ポンテ…
  7. _MG_1470-1 本物の輝き。1969y FORD MUSTANG【マッドネスモー…
  8. _DSC7910 特注エアサスを組み込み 広島カープの本拠地で完全着地【ジェットシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP