オープン

超絶ミントコンディション!!「デイ1」状態を再現した極上なC2コンバーチブル!

1965y CHEVROLET CORVETTE、1965y シボレーコルベット、C2コルベット

1965y CHEVROLET CORVETTE

1965y CHEVROLET CORVETTE、1965y シボレーコルベット、C2コルベット

EXCITING60’s

“DAY 1”(工場出荷時)状態を再現するトップレベルのレストアが施された65年型C2コンバーチブル。ルックスはもちろんのこと、マニュアルシフト車でスポーツカーとしてのパフォーマンスも100%満喫できるベストコンディションな1台を紹介しよう。

「デイ1」状態を再現した極上なC2コンバーチブル!

スティングレイのネーミングに見合ったエイを連想させる独特のフォルムの美しさが何よりも魅力。黒の車体色によって陰影が強調され、クロームパーツとのコントラストも際立ち、実に魅力的。純正オプションのサイドマフラーは、ロッカーパネルよりも低く位置するため、全体的に重心が低く見えるうえに、後方排気車では穴が開けられるテールパネルがスムースだったり、視覚的メリットも大きい。フェンダーのスリットは、それまでの横向き2段式から縦3列となった。

アメリカ製2シータースポーツカーとしてアメ車を代表するコルベットは、1953年にデビューし、2014年には7世代目に突入。当初は欧州製のスポーツカーに感化されて企画されたものの、パワフルなV8によるFR駆動を現在でも貫くアメリカらしさが魅力のスポーツカーだ。技術の進歩に伴って、近年ではいわゆるスーパーカーと肩を並べるほどのポテンシャルを確保しながらもコストパフォーマンスにも優れている点でも高い評価を得ている。近年はとくに、コルベット歴代モデルの中でもスタイリング、ポテンシャル共にバランスが取れていて完成度の高いモデルとしてC2が再評価されている。「スティングレイ」のネーミングが与えられた通り、エイを思わせるその独特なスタイリングは、現在でもモダンに映るほど先鋭的で美しい。

メカニズム的にも完成度が高く、エンジン出力は365hpと、現代でも十分に通用するポテンシャルの高さ。その運動性能の高さは現代車を基準にしても、実際にドライブして十分満足できるものである。

ここで紹介する65年型からは、4輪ディスク・ブレーキが標準となり、ドアパネルは樹脂製でよりモダンなデザインとなった。価値のあるモデルなだけに、奇麗にレストアされた個体は珍しくないが、この個体は、本国のコルベットマニアによって、工場出荷状態である、いわゆる「デイ1(初日)」状態を再現しているのが最大のポイントだ。

1965y CHEVROLET CORVETTE、1965y シボレーコルベット、C2コルベット

65年型の327ciエンジンには、250~375hpまで様々な仕様違いで10種類以上が設定された。この個体は、マニュアルミッションに限定して設定された365hp仕様のL76を搭載。11.0:1の高圧縮比ならではの切れの良いレスポンスの良さは、マニュアルシフトでこそ100%満喫できる。配線やホース類を始め、小さなボルト類も含めて、全てオリジナル状態でクリーンにレストアされている。オイルのにじみなども一切なく、正に工場出荷時の状態なのである。

ノックオフスタイルのホイールは純正オプションのアルミ製。シャープなキャスティングがいかにもな、様々な名車にOEM供給するケルシーヘイズ社製。ちなみに、スピンナーは逆ネジを採用しているため、左右で異なる別パーツ。ホワイトリボンのタイヤは、サイズ(205/75-15)も含めてストックに近いHankook製を採用。この65年からブレーキは4輪共にディスが初採用されている。ボルト類も含め基本的に全てオリジナルでレストされている中、唯一の変更点はリーフスプリングのみ。ストックのマルチ式に対し、このではファイバー製の一枚物を採用。ただでさえ低いバネ下荷重がほぼゼロになるメリットの大きいでアップグレード。

毎年何かしらのデザイン変更を受ける中で、それまで段ボールをベースにビニールを貼り付けいていたドアパネルが、65年からは樹脂製となる。モダンなデザインも魅力だが、なによりも質感の良さが◎。ゲージ類では、それまでテーパーだった文字盤がフラットで統一。トランクがない設計ながら、シート後のラゲッジスペースは十分。

シャシーや足回りなど、覗き込まなければ見えないエリアまですべてオリジナルの状態を確保しているのがポイント。組立工場でチェックのために行なわれたペンキによるマーキングまでもが再現されている辺りに、相当なこだわりが感じられる。オイル滲みなども一切なく、仕上がったばかりのようにクリーンな状態がキープされている素晴らしいクルマだ。

新車からビンテージまで対応するBUBUでは、B.C.D(BUBU CALIFORNIA DIRECT)という自社のシステムによって、現地での現車確認から輸入から登録までを一貫して自社で行なっている。コンディションの良い物にこだわった50~70年代の名車達が、BUBU横浜のショールーム内に展示されている。

BUBU横浜

■取材協力:BUBU 横浜 (http://www.bubu.co.jp)

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. 2017年 シボレーカマロLT1、2017y CHEVROLET CAMARO LT1 カスタム次第でこれほど見違える 現行カマロ×プロスピード
  2. 1967y CHEVROLET CORVETTE 憧れのC2コルベットをアップグレードして乗る喜び
  3. IMG_2148 四半世紀以上前にアメリカより輸入した 37年型のスラントバック・…
  4. _HMP2477 X5ファイナルでトップに輝いたシボレーK-10のこだわり【グレイ…
  5. CA4R0183 クルマとしての本質を持つクラシック・アメリカン 1970y シボ…
  6. Chevy Nova Wagon、シェビーノヴァワゴン 選んだ相棒は64年型ノバワゴン。快適装備は何もないけど走るのがと…
  7. _HMP3492 ヴィンテージトラックだけの贅沢で幸せな満足感を堪能 フォードピッ…
  8. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP