SUV

新たに迎え入れた愛車はジープレネゲード トレイルホーク MASAMI ☆ アメマガガール

DSC_7543

PT クルーザーに別れを告げレネゲードを新たに迎え入れた

DSC_7555

気に入っているのであればわざわざ乗り換える必要はない。それでも仕方ない時はある。前車PTクルーザーのエンジントラブルによって必要に迫られた彼女が新たに迎え入れた愛車はレネゲード。

デザインが良くて友人から羨ましがられる

DSC_7543

「PTクルーザーが大好きで、ずっと乗っていたかったんですけど…」というマサミさん。聞けば13年という長い時間を共にしてきたそうで、ブラウンのボディカラー(トープフロストメタリック)もお気に入りだった。しかし、そのPTクルーザーはエンジンブローというトラブルに見舞われ、やむなく乗り換えを決意。とはいってもPTクルーザー一筋だっただけに、ほかに乗りたいと思うクルマの当てもなく…。そんな時に丁度いいタイミングで販売を開始したのがレネゲードだったのだ。早速旦那さんとジープディーラーを訪れて実車を見てみると、ジープと言ってもいかにも力強そうなオフローダーといった印象を抱かせない、愛くるしい表情をしていたレネゲードに心惹かれ、乗り心地もOK、大きさもOKという確認だけして、グレードを何にするかとかは旦那さんにお任せしてマサミさんの元へとやってきたレネゲード。グレードは最上級のトレイルホーク。それでもPTクルーザーの時もそうであったように、ボディカラーは好きな色を選びたいということで、発売当初はブラック、アルパインホワイト、コマンド、コロラドレッドの4⾊に加え、トレイルホーク専用色のソーラーイエローの5色からボディカラーを選択できた中からチョイスしたのはコマンド。ちなみに現在の販売モデルにはコマンドは設定されておらず、代わりにアンヴィルを用意。レネゲードのエクステリアデザインは、1941年に誕⽣した初代のジープ・ウィリスからインスピレーションを受けて、ジープ伝統の丸いヘッドライトや7スロットグリルを採用するとともに、ヘッドライトやテールランプなどには1940年代に⽶軍がガソリン運搬⽤に使⽤したジェリ缶の表⾯に描かれたXマークがデザインされているということもあり、そのイメージに一番近い色がコマンドなのもを選んだ理由の一つ。さらにそのテイストを強くするために北米仕様純正のフロントトーフックとヒッチメンバーを装着するとともに、足もとにはブロンズカラーのワーク・XSA04CにBFグッドリッチのマッドタイヤを装着しているが、これらのチョイスは旦那さんによるもの。

ボディカラーはコマンド。ジープらしい響きの呼び方に惹かれる気持ちは分かる。オーバーフェンダ-はJAOS製ピアスボルトを配したポケットスタイルのtypeX。ブロンズカラーが調和しているワーク・XSA 04CにBFグッドリッチM/T KO2(225/65R17)を組み合わせて足もとを演出。

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE

アメ車マガジン 2017年10月号掲載


関連記事

  1. _N6I2805 スタイリッシュに 「SUV」を乗りこなせ【グッドスピードインター…
  2. DSC_8443 参加したアメ車ミーティングでダッジチャージャーに一目惚れ! YU…
  3. _N6I6561 タヌキみたいな丸目がジープらしくて大好き ジープ レネゲード R…
  4. DSC_5915 DIYで仕上げたハイリフトに14.0Jの刺激的なボトムスで攻める…
  5. DSC_7472 彼女の愛車はジープレネゲード、通常のラインナップにはないグレード…
  6. DSC_6396 絶妙なクビレを持つシボレーコルベットC5のグラマラスボディ SA…
  7. _N6I5767 魅力溢れる80~90年代のアメ車たち【C3 Corvette/C…
  8. 2018 Jeep Wrangler Unlimited Sahara 2018年モデルで次世代JLへ 最新技術を搭載したオフロード王 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP