リフトアップされたタホを一気にローダウン!

SUV

シボレー

EXTREME AMERICAN

ジェットシティ

広島県

タホ

アメマガ2019年9月号

ローダウン

EXTREME AMERICAN
1998 CHEVROLET TAHOE

EXTREME AMERICAN


1998 CHEVROLET TAHOE

小学生の頃からの友人は、親友でありライバル。友人がアメ車デビューを果たしたことで、自分もアメ車デビューを決意した上森さん。一目惚れした タホ はリフトアップされていたものの、大好きな ローダウン 化に向けて大手術。ライバルの親友に負けないスタイルを目指し、カスタムがスタートする。

生粋のローダウン思考を持って、初のアメ車SUVも当然サゲサゲ!

カマロチャレンジャー など、クーペモデルのカスタムが得意のイメージがある広島の ジェットシティ だが、SUVやフルサイズバンといったモデルも扱い、オーナーの幅広い要望に答えている。紹介する98年型タホは、それまでUSトヨタのプロナードをベースにエアサス、オールペンなどフルカスタムを施していた上森さんの、初めてとなるアメ車。

小学生の頃からの親友だった彼の友人が、国産車から16年型マスタングに乗り換えた姿を見て、「素直にカッコよくて羨ましい気持ちと、ちょっと悔しい気持ちがあった」との思いから、自分もアメ車デビューを目指したのが購入のキッカケだ。


友人がクーペの マスタング だけに、同じボディタイプでは面白くないと悩んでいるさなか、 ジェットシティ に置かれているリフトアップされた タホ に一目惚れ。ただし上森さんの目には、リフトアップした状態から「ローダウンに変更した姿」が見えて惚れたのだった。それぐらい、上森さんは圧倒的ローダウン派なのだ。
1998 CHEVROLET TAHOE、1998 シボレー タホ
絶対に ローダウン というポリシーを貫く上森さんだが、実はこのタホは四駆。エアサスを入れて納得の行くロースタイルを出すために、フロントドライブシャフトを外しFR化し、さらにトーションバーも外しショック&エアバッグを追加して、アッパー&ロアアームを変更するという大手術が施された。
上森さんにとって、 ローダウン はカスタムの第一歩。今後は内外装を大幅に変更する予定だという。



1998 CHEVROLET TAHOE、1998 シボレー タホ
元々はリフトアップされたタホであったが、上森さんの理想はローダウン。その要望に答えるべくジェットシティがローダウン化に着手。フロントドライブシャフト、トーションバーを外し、ショック&エアバッグを追加。それに合わせてアッパー&ロアアームは変更。エアサスはKRZ・EZ・VALVE。


ホイールはGRID GD2の20×10J(MATTEBLACK+MILLED)
ホイールはGRID GD2の20×10J(MATTEBLACK+MILLED)。


生で見たチャレンジャーに釘付け、カスタム街道を突き進む!
チャージャーを選んだ理由は「周りにクーペが多いから被りたくない」から
ノーマルからわずか1年足らずで仕立て上げたスラムドチャージャー
すべて面倒を見てくれる救世主の存在が、想像以上のカマロを生み出すことになる
ライバルである兄にはコルベットの購入をずっと秘密にしていた


Produe:JET CITY
TEL:082-820-0377
HP:http://www.carshop-jetcity.com


写真:高原義卓
文:相馬一丈
アメ車マガジン 2019年 9月号掲載


最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】