デュランゴ総集編第2弾! 購入後からカスタムに至るまで【デュランゴの挑戦】

コラム

ジャパンレーストラックトレンド

エレガントデザイン

アメマガ2021年4月号

デュランゴの挑戦

デュランゴ総集編第2弾!


DURANGO CHALLENGE【デュランゴの挑戦】

PLAYBACK

手に入れたデュランゴは時々カスタム、ほぼメンテの繰り返し…の巻

旧マスクアストロとデュランゴをトレードし、あれから10年ちょっと。少し前に総集編をやりましたけど、今回はその第2弾。購入後からメンテナンスの日々が続き、ようやくカスタムに着手した部分を振り返りましょう!


気がつけば10年経っていたので総集編やっちゃいます!【デュランゴの挑戦】


過去を振り返るとメンテ企画ばかり…

「デュランゴの総集編第二弾やらないの?」と編集長から言われたものの、何気に過去のデータを漁ってページを作るのって大変なんですよね。なにせ10年分のデータがあるから…。第一弾はアストロが懐かしくて頑張ったけど、デュランゴ購入後から続くストーリーは、ハッキリ言ってメンテナンスの日々ですよ。間違いなく。それを一個一個載せていったら、デュランゴの整備書が作れるんじゃないの? なのでメンテの部分はバッサリと省きました(笑)。

ほぼ毎月掲載していたデュランゴ企画の全メンテと多くのカスタムは、初代デュランゴの第一人者であり、アメマガ創刊からメンテ指南役として協力してくれている東京都のレーストラックで実施。代表の高橋さんは「オーナーに寄り添うカタチで、リアルを紹介しよう」と、要交換の部分を一気にまとめてメンテするのではなく、一個一個修復した部分を紹介することにして、基本的に作業は撮影と同時進行。やることが多い分、それだけ掲載ページはメンテで埋まっていくことになったというワケですな。

カスタムが動き出したのは購入から約3年後。コンセプトが「マッスルSUV」に決まり、速くて力強いスタイルを目指し、コンセプトカラーもオレンジにして、インテリアも徐々にオレンジを取り入れて改装。そしてレーストラックオリジナルのデュランゴ用ボディキット・SP360を装着して、基本スタイルが完成したのであります。

何はともあれメンテナンスする日々これが本当に長かった…

購入当時はウキウキしたけど修復することが一杯でほとんど乗ってなかったなぁ

テレビもねぇ、ラジオもねぇ、あるのは配線ブ~ラブラ♪こんなデュランゴいやだぁ、おらこんなデュランゴいやだぁ…。見た目はキレイなようで、自家用車にするには色んな部分を手を加えなければならず、メンテしながら、快適装備も充実させていくことに。オーディオなんてすっからかんですからね。この頃を思えば、今は快適になったなぁ。

IMG_8493

過去に行なったメンテナンスを掲載すると、ページが膨大になる可能性があったので割愛します(笑)デュランゴが手に渡ってレーストラックの高橋さんに状態を確認してもらった際、足回り、エンジン、ミッション、デフなどなど「要注意」と言われた部分は、やはりと言うべきか、後に異常な症状が起きて交換整備をする羽目に。

ありとあらゆる警告灯も点灯し、最終的には走行中にエンジンがストップするという超絶危険なことも経験。メンテナンスの重要性は痛いほど分かり、そうした経験を繰り返すことで、症状が現れても「動じない」精神力も付きました(笑)。現時点では、ややアイドリングが不安定なときもあるけど、1年車検のたびに整備をお願いしているおかげで概ね良好。本当に主治医の存在はありがたい!

メンテナンスしながらリニューアルした部分も沢山あり!

IMG_8493

フロントブレーキの鳴きが大きく悩んでいたら、98~99年型はそういった症状が起こり、00年型以降に装着されてるキャリパーに交換すれば改善されるということで移植し、ついでにレッドに塗装。合わせてローターも研磨され、ブレーキの不安は解消された。

マフラー

純正マフラーにフローマスターのタイコが装着されていたが、いずれもサビで腐食しボロボロ。そのため上級グレードのR/T のマフラーを移植。下向きのマフラーエンドをストレートに加工して、エンドにはバサーニを付け加えた。

エンジンルーム

レーストラックオリジナルラムエアを装着。ラムエアフィルターに交換し、空気の流動性を上げるためにパイプに溝が入ったワンオフパイプに断熱材を巻いて装着。スロットルカバーはオレンジにペイント。これが最初にオレンジになった部分だ。

DJMローダウンキットを使い、2インチのローダウンを実施。リーフとリアアスクルの間にブロックを挟み、ブロックの厚さ分リーフを押し下げてダウンさせる。ショックを確認したところスカスカで、完全に死んでいたので即交換。


JAPAN RACETRUCK TRENDS

住所:東京都江戸川区東小松川4-37-10
HP:http://www.racetruck-trends.co.jp
TEL:03-5661-3836

CW0C0297


コンセプトカラーがオレンジに決まり本格的にカスタムがスタート!

IMG_4586

IMG_4586

ベース部分となるブラックは、新しい素材であるブラックカーボンレザーを使用。座面から背もたれにかけて広がるオレンジは、アルカンターラのような肌触りを持つオレンジラムース素材。

張り替えで見どころの一つとなるステッチは、太めの糸をチョイスしてダブルステッチに。シート裏側はブラックレザーでまとめている。そして何よりポイントが高いのが、純正を引き継ぎダッジのロゴが背もたれに入ることろ。ドアの肘掛周辺も同様に張り替えがされているのだ。

シートのbefore

IMG_4586

シートのafter

IMG_4586

インテリアのプロ達によって劇的に変化!

ナビ周りのパネルが切断されたまま簡易的にインストールしていたけど、オーディオのプロによってパネル成形&ナビインストール。さらにパール入りのマットオレンジに塗装し、ブラック部分はピアノブラックに仕上げたのだ。

IMG_4586

インテリアの色んな部分にオレンジを入れていくなか、まさかメーターパネルをオレンジにする発想はなかったっす。何気にこれ見て感心する人がいまだに多くいる。

シートのカラーリングに合わせて、埼玉県のエレガントデザインにルーフ張替えを依頼。デザインはお任せしたら、見てビックリ。恐ろしくカッコ良くて涙が出た。ブラック生地はアルカンターラ、センターラインのオレンジはスエードを使い、ステッチもそれに沿ってオレンジに。ルーフコンソール部分にダッジロゴが入り、サンバイザーには警告の刺繍も入れてくれた。出来の悪い後付サンルーフが装着されていたため、作業は苦戦したらしく「二度とやりたくない笑」と言われたなぁ。

内装の天井before

IMG_4586

内装の天井after

IMG_4586


ELEGANT DESIGN

住所:埼玉県行田市大字持田2810-3
HP:https://elegant-design.co.jp/
TEL:048-556-9855


外装も一気に変更! エアロも装着!

IMG_4586

レーストラックオリジナル・デュランゴ専用ボディキット・SP360

フロント、リア、サイドエアロ、ロングノーズグリルで構成される、レーストラックオリジナル・デュランゴ専用ボディキット・SP360を装着。デュランゴが登場した98年に、いち早く発売した伝説のアイテムだ。見た目重視ではなく、走行時の空気の流れを計算し高速での走行安定度を高めるために設計されたチューニングパーツ。もちろん保安基準に適したタイプ。装着時はメッキバンパーをどうするかで悩んだなぁ。

丸目4灯ヘッドライト

レーストラック・デュランゴの人気アイテムである丸目4灯ヘッドライト。日本を代表するライトメーカーIPF製がベースで、ステー部分はワンオフだ。車検対応。憧れのパーツだっただけに、装着した際はマジで嬉しかった。フォグライトもラリー用のIPF製を取り入れている。

IMG_4586

表面からチラリと覗くオレンジが超クール。

純正ホイールから、レーストラックオリジナルの18インチホイールに変更。マットブラックにペイントし、ホイールインナー側をコンセプトカラーであるオレンジにペイント。表面からチラリと覗くオレンジが超クール。合わせてリアドラムカバーまでオレンジに。タイヤはヨコハマ・ジオランダーH/T(265/60/18)を選択した。

エクステリアbefore

IMG_4586

エクステリアafter

IMG_4586

エクステリアafter

IMG_4586


たった1度だけだけどデュランゴオンリーミーティングにも参加

皆んな元気にしているかなぁ降りちゃった人もいるようですが…

当時定期的に開催されていたデュランゴオンリーミーティングに招待され、15台のデュランゴが集まったのは壮観だったね。あれから約8年、降りた方もいるみたいですけど、今も頑張って乗っている方いますかね~。


マッスルテイスト溢れる形状のダクト付きボンネット! 【デュランゴの挑戦 Vol.71】

アクセルを踏まなくても加速?アイドリングが不調です。【デュランゴの挑戦 Vol.72】

バックカメラで快適性アップ プロの丁寧な作業に感動!【デュランゴの挑戦 Vol.73】

ダクト付きボンネット装着でオールペン計画が発動!【デュランゴの挑戦 Vol.74】

オールペンの前にやるべきこと、車検+点検整備がありました【デュランゴの挑戦 Vol.75】

最強のガラスコーティングでフロントガラスを防御!【デュランゴの挑戦 Vol.76】

マル秘アイテムも追加で今度こそオールペン作業がスタート!【デュランゴの挑戦 Vol.77】

せっかく色が決まったのに、肝心のクルマのボディが激ヤバです【デュランゴの挑戦 Vol.78】

次から次へと現れるボディのサビ、ペイントの前に完全消滅せよ!【デュランゴの挑戦 Vol.79】

ボディに色が入ったよ~ メチャクチャ派手で格好良いじゃん!【デュランゴの挑戦 Vol.80】

ワガママ言って再びマスキング状態、そして思わぬ部分に問題が…【デュランゴの挑戦 Vol.81】

計画スタートから約2年半、遂に完成したオレンジデュランゴ【デュランゴの挑戦 Vol.82】

ボディに続き今度はホイール塗装色はブロンズになりますよ【デュランゴの挑戦 Vol.83】

マットブロンズにホイールをペイント、話題のカスタムナットも装着!【デュランゴの挑戦 Vol.84】


■写真&文:相馬一丈
アメ車マガジン 2021年 4月号掲載

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]