ビンテージ

1951y FORD TRUCK フルサイズ・ピックのルーツもGMパーツでメンテ性がアップ!1956y CHEVY BEL AIR CONV アメ車がもっとも華やかだった…そんなころの、代表的モデル【フルスロットル】

_B0V1947-1

1951y FORD TRUCK

_B0V1947-1

フルサイズのピックアップトラック、といえば、最もアメ車らしいクルマの1つ。ビッグス リーはそれぞれラインナップを持ち、それは現在も確固たるマーケットを築いているが、そのうち、フォードFシリーズの初代モデルが、このクルマだ。デビューは1948年となるが、こちらは’51年型。その愛らしいルックスから。「パンプキン」などという愛称で呼ばれたりする。ボリュームたっぷりのフォルムにシングルキャブ、デッキまわりは後のステップサイドの源となった。こんなパンプキンにも、今どきのクルマとして楽しく乗れるカスタムを加えるのが、『フルスロットル』流だ。メーカーはフォードだが、なんとパワートレーンにはGMを移植。エンジンは350(5.7ℓ)、ミッションもそれ用のものに変更している。さらにそれに伴って、デスビ、ブレーキ、そしてサスペンションまでGM製に。GMのほうがパーツデリバリーがよくメンテナンスしやすい。ちなみにこのパンプキン、FOR SALEだそう。

まさに’50’sそのものの、乾いた中西部の風を連想させるエクステリアデザイン。丸みを帯びたボディは意外なほど大きく、フルサイズ・ピックのルーツを感じる。フロントグリルなどは、アフターパーツに変更。カスタムベースとしても、にわかに人気を集めているのである。

インテリアは天井部の張り替えも含め、フルカスタム。シートは換装し、 今どきのローバックタイプに。インパネは、 はっきり言ってトラックそのものだったのだが、 パッセンジャーカーライクな快適仕様になっている。

パワートレーンは大々的に手が加えられていて、 フォードでなくGM製に変更されている。350 V8エンジン、 ミッションなど、 パーツが手に入りやすく、 メンテナンスしやすいのがポイント。ちなみにノーマルは216 ・ 直6から、 337 ・ V8までラインナップ。

1956y CHEVY BEL AIR CONV

_B0V2155

1950年に登場以来、’50sのシボレーの黄金 期を支えたモデルがベルエアだ。流線型のイカしたスタイルは、当時としても最先端のカッコよさ。もちろん、今見てもアメ車らしい、華やかな雰囲気がある。『フルスロットル』から紹介してもらったこのベルエアは’56年型、2代目モデルのコンバーチブル仕様。ほぼオリジナルのコンディションで、フルレストアが行なわれている。当時は2ドア&4ドアハードトップや4ドアセダン、2ドア&4ドアのステーションワゴンも存在していたが、やっぱりコンバチはバツグンのカッコ良さだ! エンジンは、当時は存在しなかった350を搭載。しかしフルサイズのボディ、そして最上級のインテリアには、このくらいのエンジンがちょうど良い。ボディ同色にまとめられたインテリアカラー、前後ベンチシート、2トーンのシートカラー、すべてが乗る者のテンションをアップさせてしまう。フルオープンで街を流すだけで、アメリカングラフィティの世界に浸り切れてしまう。

アメ車が一番元気だった’50年代。シボレーも隆盛を極めたが、その中心的な人気車がベルエアーだった。豊富なラインナップ、スタイリッシュなボディフォルム、そしてゴージャスな装備群。その雰囲気は、今のユーザーが見ても、テンションが上がる。

ボディと同色のカラーコーディネイトで統一されたインテリア。デザインの先進性、 装備の豪華さも当時を彷彿とさせる。シートはホワイト×レッドの2トーンと、 ヴィンテージ ・アメリカンでないとありえないカラーリング。これがまたシブい!

エンジンは当時、 直6と265、 283、 2つのV8エンジンが用意された。ただし今回のモデルは350 (5 ・ 7ℓ) にスワップ。シボレーのエンジンでは標準的な排気量で、 もっとも多く採用されるユニット。メンテナンスの点でも安心だ。

■取材協力:フルスロットル(http://www.fullthrottleinc.jp/)

■Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine


関連記事

  1. _B0V1330 無骨に味わうベストヒット・ピックアップトラック 1969y Ch…
  2. 0062 ’57モデルのベルエア―最大の特徴は、大型のテールフ…
  3. _DX_1219 絶妙なクビレがSEXYなC3 1976y シボレーコルベット ス…
  4. メイン パッと見た感じはビンテージ。しかし実際は個性的なカスタムを施した…
  5. 1960-1970_tobira 数々のハイパフォーマンスカーが誕生、後年にはマッスルカーとして有…
  6. _B0V0464 69年型から、以前はシェビーⅡのサブネームだった「ノバ」に車名統…
  7. CA4R0021 純血を残すアメリカン・レーシング【i corporation】
  8. 3M7A0367-1 空前のヒット作であるマスタング、最終型の1966年型は熟成の極み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP