イベントフォトギャラリー

Jネイション マイクパフォーマンス × レッドカーペットでライドアウトまで終始大盛況!

CT5W2736_opt

アフターパーツ業界の活性化、クルマやバイク好きのオーナーの輪を広げ、カスタムシーン全体を盛り上げるべく企画したJネイション。定番のドレスアップコンテストに爆音コンテスト、チャリティーオークションなどコンテンツも充実しており、普段交流のない他ジャンルとも親交を深める絶好の機会に! これだけの異種カスタムが同じ会場で同じ時を過ごすなんて本当に稀。最初で最後かもしれない。

CT5W2841_opt

CHRYSLER 300C

ホワイトボディにブロンズのボトムス、ブラックグリルとエレガントさの中にスポーティーさを兼ね備えるカラーセンスの高さは見事! なんと06y300Cと2台所有!

CHEVROLET CAMARO

ホイールからグリル、内装の刺繍までフォージアートで統一されたカマロ。真っ赤なインテリアにこのワイドフォルムは会場でも注目の的。赤で統一しながらもクロコダイル柄など素材の変化を駆使するインテリアメイクも特筆物。

CADILLAC ESCALADE

アズールモータリングのゼロデザインカスタムもエントリー。現行エスカレードの威風堂々たるフェイス回りにより一層の風格を与えるボディキットとして、新車をゼロデザインでフルコンプリートして乗りたいと指名するオーナーも急増中。

CHEVROLET CHEVELLE

別冊ムック本のアメリカンヴィンテージカーマガジンでも誌面を飾った70yシェベル。コルベットC5に搭載されるLS1エンジンへ換装しており、JLオーディオのカスタムオーディオ、オーストリッチ素材のインテリアカスタムなど見所満載!

JEEP WRANGLER UNLIMITED

マットブラックのオールペイント、赤に総張り替えしたカスタムインテリアのラングラー。ミリタリーな雰囲気を醸し出すデカールのアクセントや定番のミッキートンプソン×MTタイヤのボトムスも黒で統一。クォリティーの高いカスタムと言える。

CHRYSLER 300C

本誌登場歴のある女性オーナー。300Cが好き過ぎて2台乗り継ぎ、300C歴は通算8年と300C愛の強さもさることながら、フェンダー被りで履きこなすフォージアートも特筆物。カスタム意欲はあまりないけど…って、そ~だったの?(笑)。

CHRYSLER 300C

クルマもオーナーも爽やか系をモットーにカスタムに磨きをかける300C。フォージアートのグリルにホイールと確かに上品で好感度の高いカスタムが際立つ。「リバティーウォーク最高!」とコメントをくれた。

DODGE CHALLENGER

2013年型SRT392が愛車の石谷さん。初めてのアメ車はチャージャーのSXTだったが「やっぱアメ車はV8!」と思うようになり現愛車へ。ATが多い中で、走りをダイレクトに楽しみたいからとマニュアルミッションにこだわるところに男気を感じます♡

DODGE CHALLENGER

LBワークスのオーバーフェンダーでワイドフォルムと化した純白ボディに、SKY FORGEDキャンディーブルーのボトムスによるコントラストが絶妙な一台。一番気になるアメ車はデーモンと。デーモンのLBワークスなんて最高じゃない!?

DODGE CHARGER

インサートリムにマッチペイントを施すディアブロホイールを程よいローダウンで履きこなすチャージャー。デカールの張り方もサイドのパネルラインを効果的に惹き出す手法を取り入れるなど、ポイントを押さえたカスタムは好感度高し!

FORD MUSTANG

21歳の若きオーナー、ディーンさん所有のマスタングGT。ボンネット、バンパー、リップスポイラーにエンブレムなどSHELBY GT500仕様にカスタム。ホワイト×ブルーのストライプがお気に入り。

CHEVROLET ASTRO

本誌でも度々登場しているアストロ。各地イベントミーティングで一度は目をした方も多いハズ。何度見てもフルスムージングと大きく張り出したリアフェンダーの造形美は圧巻!

DODGE CHALLENGER

LBワークスのオーバーフェンダー装着のチャレンジャー率高し! 同じフォルムでもボディカラーやリムチョイスで個性が際立つから面白い。

DODGE RAM

TMオートサービスの代表作も参戦。カスタムカーを製作するのも大変だけど長年コンディションを維持するのはもっと大変。尊敬の意を表したい。

CHEVROLET CAMARO

立体的な視覚効果を最大限生かしたカスタムが際立つカマロ。レクサーニのティファニーブルーなリムの差し色もワンポイントアクセントとなって個性的なボトムスを演出。膨張色を上手く引き締める黒の使いこなしはぜひとも参考にしたい。

DODGE CHALLENGER

リバティーウォークが製作するLBワークスチャレンジャーに惚れ込んで購入。往年のダッジといえばこのカラー! リバティーウォークのチャレンジャーと言えばコレ! とばかりに注目を集めるメジャーな一台。愛犬特集の際はぜひ!! とコメント。

DODGE CHALLENGER

5.7ℓHEMIをスーパーチャージドしたSMS570。ボンネットサイドに設けられたアクセルに連動してバタフライが開閉するエアファンネルから奏でる独特の音は病みつき。低速から高速まで終始気持ちの良いアクセルレスポンスが魅力。

FORD MUSTANG

レクサーニ履きのシェルビーGT500E。往年のマッスルカーらしさと現行のテクノロジーが融合するこの手のネオマッスルは人気を誇っており、最近では当時のボディに最新のエンジンを搭載するのもトレンド。マッスルカーは今もっとも旬と言える。

FORD EXPLOLER

エッジカスタムのエクスプローラーは黒で統一したワイルドなルックスが魅力を博していた。ジオバンナ22インチ履きやクローム部のブラッククローム加工、レンズ類のスモーク加工など、トータルコーディネートして仕立て上げている。

DODGE CHALLENGER

広島のジェットシティからはファントムグリルにイエローのヘッドライトがポイントの高いスラムドチャレンジャーがエントリー。オリジナルのフェンダーでリムまで覆う低さにこだわったトラッキンカスタム的なボトムスは一見の価値有り!

●主催
LIBERTY WALK(http://libertywalk.co.jp)

●運営協力
EXE(https://www.01executive.com)
AZZURREMOTORING(http://azzurre-motoring.com)
NEWING(http://www.newing-inc.com)
VALENTI(http://valentijapan.com)

■撮影:竹内公憲
■原稿:石井秋良

アメ車マガジン 2018年1月号掲載


関連記事

  1. IMG_0839_opt.jpeg 天気も上々!気分も爽快!アメ車イベントのパイオニア【アメフェス2…
  2. KOGA0187 アメマガミーティング in としまえんが、7年ぶりに「アメマガミ…
  3. 12190964_10207380671502387_2476752657234105866_n アメマガキャラバン
  4. IMGM2175 アストロ&サファリで繋がる楽しい仲間たち シェビーストリーム全国…
  5. DSC_1069_opt 情緒溢れる滋賀県の近江、大石の郷山にチャージャーが集結!【ダッジ…
  6. _MG_4572 新作パーツ展示とオーナー撮影会開催!2016.5.14[sat]…
  7. DSC_19676_opt 新旧マスタングが千里浜に大集結!!!【MOCJ MUSTANG …
  8. FLY_9685___opt SEMA SHOW 2017 at ラスベガス コンベンションセ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP