オープン

シボレー・コルベット生誕65周年を記念したシリアルナンバー入りの限定車【2018 Corvette Carbon 65】

Limited to 650 vehicles globally, and available on Grand Sport 3LT and Z06 3LZ trims, the Carbon 65 Edition features visible carbon fiber exterior elements, a new Ceramic Matrix Gray exterior color and special interior appointments, including a new carbon fiber-rimmed steering wheel.

Limited to 650 vehicles globally, and available on Grand Sport 3LT and Z06 3LZ trims, the Carbon 65 Edition features visible carbon fiber exterior elements, a new Ceramic Matrix Gray exterior color and special interior appointments, including a new carbon fiber-rimmed steering wheel.

シボレーの誇るリアルスポーツカー「コルベット」が、その誕生から65年を迎える。それを記念して、スペシャル仕様の限定車が用意され、日本への正規輸入車としても発売されている。内外装の各所にカーボンを使用したレーシーな1台である。

Limited to 650 vehicles globally, and available on Grand Sport 3LT and Z06 3LZ trims, the Carbon 65 Edition features visible carbon fiber exterior elements, a new Ceramic Matrix Gray exterior color and special interior appointments, including a new carbon fiber-rimmed steering wheel.

1953年6月30日、最初のコルベットがミシガン州フリントの工場からラインオフした。年初に開催された「モトラマ」でコンセプトカーとして初公開された新型スポーツカーが市販車として発売されたのだった。モトラマとは、当時のGMが毎年初にニューヨークで開催していたモーターショーで、さまざまなコンセプトカー=夢のクルマを展示していた。ヨーロッパ産の小型スポーツカーを範として製作されたコルベットは、モトラマの会場で一般に初公開され、大きな反響を生んだのだ。以後、現在に至るまでにコルベットは7世代を数え、2018年には65周年を迎える長い歴史を持つスポーツカーとなった。そのコルベットに65周年を記念してスペシャル仕様の限定車が用意された。限定台数は全世界で650台。そのうちの8台が日本でも正規輸入車として発売された。「カーボン65」と名付けられたこの限定車は、その名のとおり、随所にカーボンパーツを使用してレーシーなイメージを演出したもので、ダッシュボードにはシリアルナンバーの入ったプレートも付いている。カーボン65にはクーペとコンバーチブルの両方が用意されているが、日本に正規輸入されるのはクーペのみ。ベース車としてはグランスポーツとZ06があり、それぞれにカーボン65としての特別仕様が施される。価格は、グランスポーツ・カーボン65エディションの7MTが1349万2440円、8ATが1366万2000円、Z06カーボン65エディションの7MTが1576万440円、8ATが1593万円(すべて税込)となる。エンジンやドライブトレーンなどはそれぞれのベース車と同じ。グランスポーツは466psの6.2ℓV8OHV、Z06は659psの6.2ℓ V8OHVスーパーチャージャーをそれぞれ搭載する。

カーボン65エディションの主な特別装備は以下のとおり。
エクステリアでは専用ボディカラー(セラミックマトリックスグレーメタリック)、専用フェンダーストライプ&ドアグラフィック、ブラックペインテッドマシングルーブアルミニウムホイール、ブルーペインテッド ブレーキキャリパー、カーボンファイバー製のグランドエフェクト、フードインサート、ルーフパネル&ブラックアウトルーフデカール、リアスポイラー&クォーターインテークダクト、ホイールセンターキャップのほか、カーボンフラッシュバッジ、カーボンフラッシュペインテッドドアミラー。インテリアでは限定車シリアルナンバー付プラーク、ジェットブラックスウェードラップドインテリア(ブルーステッチ)、カーボンファイバーステアリングホイールリム&グロスカーボンファイバーインテリアトリム、コンペティションスポーツシート(スウェーデッドマイクロファイバーインサート付)、専用シルプレート。
また、ベース車同様のオプションパーツも装着可能だ。

フロントフェンダー、ドアパネル、ダッシュボード、サイドシルのそれぞれに「CARBON 65」のロゴが明記されており、65周年の記念モデルであることをアピールしている。ダッシュボードには限定数650台のうちの何台目であるかがシリアルナンバーで分かるようになっている。

「カーボン65」という名前のとおり、各所にカーボンパーツが使われている。グランドエフェクト、フードインサート、ルーフパネル&ブラックアウトルーフデカール、リアスポイラー&クォーターインテークダクト、ホイールセンターキャップなどのほか、インテリアでもステアリングホイールリム、シートの一部にも使用されている。

1954年 モデル

1954 Chevrolet Corvette Convertible -- the first generation of the Corvette was produced from 1953 to 1962 and established the car's reputation as leader in technology, design and performance

1966年 モデル

1966 Chevrolet Corvette Sting Ray Coupe -- the second generation of the Corvette was produced from 1963 to 1967 and introduced the landmark “split rear window Estyling

1972年 モデル

1972 Chevrolet Corvette Stingray Coupe -- the third generation of the Corvette was produced from 1968 to 1982 and are referred to as “shark Emodels by enthusiasts, for their aggressive styling. They are instantly identifiable by their prominent “blistered Efender design and long dash-to-axle proportion, which gives them an exaggerated suggestion of motion

1987年 モデル

1987 Chevrolet Corvette Convertible -- the fourth generation of the Corvette was produced from 1983 to 1996 and  featured a new sleeker body design, achieving a 0.34 coefficient of drag that was nearly 25 percent less than the previous generation

2001年 モデル

2001 Chevrolet Corvette Coupe -- the fifth generation of the Corvette was produced from 1997 to 2004 and made advancements in lightweight materials, weighing a 100 pounds less than the previous generation

2013年 モデル

2013 Chevrolet Corvette Coupe -- the sixth generation of the Corvette was produced from 2005 to 2013 and featured fixed headlamps for the first time since the 1962 model.  The Z06 and ZR1 models raised the bar on total performance

■GMジャパン・カスタマーセンター フリーダイヤル 0120-711-276(9:00~18:00 年中無休)

■Text|アメ車MAGAZINE

2018年アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

  1. _B0V49044 ニュースタイルローライダー シボレーカマロ /カスタムは実用性重…
  2. CA4R0004 C7カスタムのトレンドREVORIX集結!シボレーコルベット C…
  3. 337T5934 カマロRSの未来はここから始まる
  4. 0S7A9376 実は絶滅危惧種のサードIROC-Z【1990 Chevy Cam…
  5. 239 男子にも負けたくないから,最先端カスタムを取り入れる!【アズール…
  6. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  7. DSC_5840 大胆メイクでヴィンテージマッスルカーの新境地を開拓! その名は「…
  8. DSC_2164_opt 二桁万円から狙える本格派アメリカンSUVを1ナンバー登録でお得に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP