シボレー

人気上昇中の旧マスク・アストロを レトロポップに乗りこなす!【ピットインアクツ】

IMG_0861

1994 CHEVROLET ASTRO
by PIT IN AKUTSU

アストロがとにかく大好きな埼玉県のピットインアクツが、またしても個性的なアストロを製作。人気上昇中の旧マスクをベースにポップなカラーリングを施して、どこか愛くるしいスタイルに変化させた。旧マスクファン必見です!

Wエンジン搭載で走りも軽快

何年ぶりに旧マスク・アストロを運転しただろうか。筆者の現在の愛車であるデュランゴに乗る前に所有していたのが、93年型アストロだ。操作性、乗り心地などすべてが懐かしい。大きく違うのが、今回のモデルは94年型で、アストロ史上もっともパワーのある200hpを発揮するWエンジン搭載車ということだ。とにかくレスポンスが良く、キビキビと走る。アストロってこんなに軽快だったけ? マジ感動。そんなWエンジンを搭載する貴重な旧マスクを、アイボリーとオレンジの2トーンでオールペンし、ムーンアイズのサイド出しマフラーを両サイドにダミーで装着。通常マフラーはギブソンで、低音サウンドが迫力感あり。レトロなミラーは「そんなモデル用がアストロに装着できるの?」と驚く、旧式の国産車用から流用。さすがアストロを長年愛し続けるピットインアクツ。メーカーを問わず、様々なジャンルのクルマからパーツを流用させる「目利き」には恐れ入る。このボディカラーも、今時のクルマには到底着こなせない色合いで、レトロな域に到達したモデルではないと似合わない。アストロでいえば旧マスクだからこそ。

IMG_0861

IMG_0939

ボディはアイボリーとオレンジのソリッド2トーンでオールペン。そのため、94年型とは思えない美しい状態だ。このカラーリングは、旧型のアメ車しか着こなせない独特のもの。AWDという部分もポイントが高い。

レトロな印象を与えるミラーは、旧式の国産車用から流用。ボディサイドにあるムーンアイズのサイド出しマフラーはダミー。生きているマフラーはキブソンで重厚なサウンドを奏でる。ホイールはデイトナの16インチ。こだわりのオーナーが多い旧マスクは、ピットインアクツの中古パーツ販売でも人気。旧マスクは根強い人気なのだ。

IMG_0894

旧マスクでは貴重な200hpを発揮するWエンジンモデル。走りはかなり軽快だ。1ナンバーなので4人乗り。広々使える車内がアストロの一番のウリ。ETC・HDナビ・モニターといった快適装備も設置されている。

PIT IN AKUTSU【ピットインアクツ】

埼玉県戸田市美女木6-7-8
TEL:048-421-1787 FAX:048-421-1865
URL:http://www.pitin-akutsu.com

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE

アメ車マガジン 2018年 5月号掲載


関連記事

  1. 01_AZR_MainA2_opt アメリカンの匠が提案する2つの幸せな選択肢 1969年型 シボレ…
  2. IMG_8993 GROOVY70’s ニッチでレアな過渡期にあった「…
  3. IMG_1038 絶対に浮気なんてしませんよ! 嫌いになる理由がないですから!20…
  4. DSC00781 1950年に発表されたベルエアー、シボレーの名を冠した高級モデル…
  5. _N6I5941 インジェクション式の唯一のC3【1982 Chevy C3 Co…
  6. 2 漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生…
  7. 3M7A1146-1 ボディを傷めることなくラットスタイルが可能なエイジング塗装。
  8. 1968y CHEVROLET El Camino、1968年シボレー・エルカミーノ ボディサイズの割に乗車定員は3名と、ある意味贅沢なクルマと言える…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP