イベントレポート

カスタムユーザー交流の架け橋 アレスミーティング in オートレジェンド2017

_8MP5601

2017.09.17(SUN)
ALESS MEETING in AUTO LEGEND 2017 ポートメッセなごや

岐阜県で大規模な展開を見せるカスタムショップ、アレスグループ。国産車から輸入車まで、幅広くカスタムを提案する同社がミーティングイベントを開催。今回は「オートレジェンド2017」に参加する形の催しだ。

_8MP5528

カスタムの古今東西みんなでショー出展

岐阜を拠点として展開するアレスグループ。同社は国産車のVIPカスタムで広く知られるグループだが、インターナショナル部門としてアメ車やヨーロッパ車のカスタムも提案しており、VIPスタイルを起点としたそのセンスは、アメ車カスタムの新しい風にもなっている。そのアレスグループが、自社ユーザーや、その友人・知人といった幅広い層に参加を呼びかけたのが今回のアレスミーティング。例年開催されているイベント「オートレジェンド2017」に合わせた形で、みんなで同イベントに出展する形で行なわれた。オートレジェンド自体が、比較的国産車やスーパーカーに寄ったイベントであり、また、アレスグループのユーザーに国産VIP系が多いこともあって、アメ車の台数は控えめ。しかし、カスタムアメ車の面々は、さながら少数精鋭といった様子でオーラをぞんぶんに発揮。国産車目当てに来場した人から見れば「アメ車も良いじゃん」と感じられたはず。きっと、良い機会になっただろう。アメ車オンリーのショーイベントもいくつかあるが、少し趣の異なるショーイベントも見聞きすることにより、カスタムのセンスを磨けるというもの。また、参加者同士で交流する機会が生まれるというのも嬉しい。アレスグループがプロデュースした、最高の1日というわけだ。

赤いH2に乗る青井さん、黒緑のH2はその息子さん、白のH2は友人の真さんファミリー。

_8MP5548

東海地方のオーナーズクラブ「バックスパイダー」のメンバーだ。今回は3家族で参加(青井さんの奥様は残念ながら不参加)。H2の3台並びは国産車が多い会場にあって、独特な雰囲気を醸し出していた。

何から何までホワイトで統一したカマロに乗るワタナベさん(左端)。普段はわりと白メインのファッションをしているらしいが、何故か今日はそうでもなかった(今日こそ着るべきでしょ!)。今回は友人2人と一緒に参加。

ASANTIのホイールとグリルでカスタムした白の2013年型クライスラー・300。オーナーは白石翔さん。ホイールはボディカラーに合わせたペイントを施してあり、全体的なコーディネートを整えてある。

エスカレード・ESVで参加のアレックスさん。今回のイベント参加は急に決まったらしく、前日の夜にせっせとDIYで内装カスタムを施したそうだ。タブレットをオレンジのセンターコンソールに仕込めるよう工夫を施した。

チャージャー・SRT8で参加したやっさんは、アレスグループで販売する中間マフラーを装着するが、見た目だけでは少し分かりにくいのが難点だとか。ボンネットを少し開いて、うちわで飾るあたり、相当のセンスの持ち主だ(笑)。

アレスグループによるステージイベントとして、展示車両のアワードが発表された。アメ車はインターナショナル部門に入り、受賞したのは赤いH2で参加した青井さんだった。

オートレジェンド内で大規模なビンゴ大会が開催された。ビンゴカードはアレスグループのブースで販売しており、出展者も来場者も変わらず参加可能。豪華景品が続々だった。

_8MP5632

取材協力◆アレスインターナショナル
TEL.0581-36-0075 http://www.aless-group.com/

文&写真◆加藤山往(ハチメガプロダクション)

アメ車マガジン 2017年12月号掲載


関連記事

  1. CT5W2479_opt 新旧ジャンルを問わずカスタムカーたちが大集結したJネイションは大…
  2. DSC_1069_opt 情緒溢れる滋賀県の近江、大石の郷山にチャージャーが集結!【ダッジ…
  3. 20171112WAC-050 WAC秋のツーリングは カニ喰いランチミーティング【ウイングオー…
  4. DSC_0954 エスカレードにCTSを加えオーナーたちが全国から集結して最高の休…
  5. IMG_0045 東京オートサロン 2017 フォトギャラリー01
  6. DSC_0505 世界一長い歴史を誇るインドアカーショー「グランドナショナルロード…
  7. Marge005 東京オートサロン 2017 今年の来場者数は!? フォトギャラリ…
  8. 0S7A1215 ニッポンのHotなアメ車カルチャーがここに集結!!【ホットロッド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP