クーペ

新型カマロのデビューすぐにカスタムの理由【ウイングオート】

camaro_01_main

とことんモダンマッスルと戯れる!!
AMERICAN MODERN MUSCLE CARS
シボレー名岐の流儀 “超”正規ディーラー
2018 CHEVROLET CAMARO LT RS

いよいよ正規輸入販売がスタートした新型カマロ。正規ディーラー「シボレー名岐」であるウイングオートでは当然デビューフェア系の催しを開催したのだが、その時点ですでにカスタム済みというスーパーっぷり。

camaro_01_main
camaro_03_rear

カマロ好きの理想が整えられた環境設定

「シボレー名岐」としてGM車を扱うウイングオートは、正規ディーラーでありながら、そのスタンスはユーザー目線にかなり寄っている。待ちに待った新型カマロの日本正規販売。ウイングオートはただ新型を展示するだけではなく「カスタムするなら例えばこんな感じになりますよ」の見本としていち早く試乗車にカスタムを施すことで「こうしたい」「私ならこうする」という検討をしたくなる様な仕掛けをするところがニクい。アメ車ユーザーにはカスタムを当然の選択肢として考えている人も多いため、そうしたニーズへの提案として正規ディーラーの立場でありながら純正にこだわらず、積極的な提案を行なうというのは、同社を知る人ならば「いかにもシボレー名岐(ウイングオート)らしい」と感じるところ。すなわち、今回に限った話ではなく、カスタムも含めクルマの楽しみ方を色々と提案したいというのが、同社の基本的なスタンスなのだ。この試乗車はLT RS 2L直列4気筒ターボエンジン搭載モデル。取材時点でショールーム内には6.2LのV8エンジンを搭載したSSが展示してあり、そちらはノーマルのまま(ボディカラーは有償ペイントのブライトイエロー)。つまり、外観だけなら展示車と試乗車を見比べればカスタムの違いが分かり、気になる2Lターボモデルの乗り味を知りたいのなら、ウイングオートで試乗を打診すれば良いという、気の利いた状態であることにも注目したい。カマロを知りたいなら、理想的な環境が整えられているというワケだ。

RK SPORT
GLASS FIBER BODY KIT FOR CAMARO

RKスポーツの新型カマロ用フルエアロ(フロントリップ、サイドスポイラー、リアディフューザー、トランクスポイラー)を装着し、BCレーシングの車高調でローダウン。下がり具合は取材時点で40mm(約1.5インチ)だった。今後はホイールペイントなど、さらなるカスタム提案を模索中とのこと。気になる今後はウイングオートWebサイトでチェックしよう。

WINGAUTO CUSTOM MENU
エアロ RK SPORT(GF:グラスファイバー)※塗装代は別途

フロントリップ(GF) ¥80,000
サイドスカート(GF) ¥120,000
リアディフューザー(GF) ¥100,000
トランクスポイラー(GF) ¥60,000
※価格は全て税別

■Thanks:WINGAUTO(シボレー名岐)
tel.052-409-5434
http://www.wingauto.co.jp

■Photo & Text:加藤山往

2018年 アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

  1. CA4R0183 クルマとしての本質を持つクラシック・アメリカン 1970y シボ…
  2. 01 青×黒のマッスルドッキング! シボレーカマロ
  3. _N6I5941 インジェクション式の唯一のC3【1982 Chevy C3 Co…
  4. DSC_5840 大胆メイクでヴィンテージマッスルカーの新境地を開拓! その名は「…
  5. _N6I2452 キチンと調教されたように見えつつ、アクセルという鞭で野性が目覚め…
  6. DSC_9882 セミファストバック形状のフォルムへと進化した2代目モデル 197…
  7. 0S7A1216 SHAFTにて、シャシーダイナモメーターでマスタングの状態をチェ…
  8. 000 トランスポーターとして使い倒す!! シボレーアストロ / クルマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP