ダッジ

マジで「使える」ダッジのミニバン ダッジグランドキャラバン【ファイブスター東都】

DSC_1431_opt

AMEMAG RECOMMEND 「使えるミニバン」インプレッション
走りと使い勝手を両立! グランドキャラバンがイイ!!

Jeepのイメージが強い「ファイブスター東都」だが、こんなクルマも取り扱っている。そう、今や日本でも人気のミニバン。しかも、日本では正規販売されていない『ダッジ』のミニバン。日本車のミニバンに負けない存在感なのだ!

DSC_1394_opt

クライスラー/ジープの正規ディーラーとして、楽しいアメ車ライフを演出してくれる「ファイブスター東都」。独自でキャンプイベントを行なったり、インフォメーション誌「ワン&オンリー」を定期発行したり。ジープに乗れば、こんな充実した生活が待っている! なんてことを教えてくれる、とっても心強い存在なのだ。そんな「ファイブスター東都」が今回、魅力的な1台を紹介してくれた。ブランドはクライスラーでもジープでもなく、ダッジ。しかも車種はミニバンだ。クライスラー&ダッジ…いわゆるMOPAR系のミニバンといえば、日本ではクライスラー・ボイジャー&グランドボイジャーが正規販売されていたことを知っている人も多いだろう。右ハンドル仕様、大き過ぎない日本にもフィットするボディサイズ、プレミアムな装備内容…と、それなりの人気を得たクルマだったが、かのリーマンショック以降、メーカーは右ハンドル車の製造を打ち切り。と同時に、日本への正規輸入も中止されることになってしまった…。しかし、アメリカのミニバンを求める声は根強い! そこでファイブスター東都が白羽の矢を立てたのが、ダッジのミニバン『グランドキャラバン』だったのだ。キャラクターとしては、かつてのグランドボイジャーの進化版といったところ。正規輸入ではなく、ファイブスター東都が独自に輸入する「プレミアムダイレクト」というカタチでデリバリーされる。

2列目・3列目床下収納機能が超絶魅力的なグランドキャラバン

プレミアムダイレクトが販売する『ダッジ・グランドキャラバン』は、もちろん最新の2017年モデル。現行型は’08年に登場しているので、もはや熟成されたモデルといえるだろう。ボディは全長5mオーバー、全幅も約2m、日本車のフルサイズミニバンと比べても大きく、存在感たっぷり。その分室内の広さにも余裕がある。両側スライドドアはオート式で、乗降性も良好だ。パワーユニットは3・6ℓV6ペンタスターエンジンと6速ATの組み合わせ。つまりラングラーやグランドチェロキーと同じ構成だ。ただし駆動系はFFのみ。インテリアは、最高級グレードの「GT」なので、充実の一言。シートは、さすがスポーティなイメージの強いダッジらしく、カチっとカラダをサポートしてくれる。1列目、2列目はキャプテンシート、3列目は3対7に分割のベンチ式となっている。さらに特徴的なのが、2、3列目がすっぽりと床下収納できてしまうところ。アレンジも多彩だし、2、3列目のすべてを収納してしまうと、広大なフラットなラゲッジ空間が現れる。これは日本車はもちろん、他のミニバンにはありえない、グランドキャラバンのアドバンテージだろう。今回のグランドキャラバン、独自の輸入体制「プレミアムダイレクト」で入手することができる。もちろん日本の保安基準に合わせた仕様に改善され、アフター体制もディーラー基準で万全。十分、購入を検討するに値する1台だ。

DSC_1232_opt

最上級グレードの「GT」は左右独立式エアコン、ステアリングヒーター、前席パワーシートなどを採用。シーティングは2+2+3の構成で、1列目・2列目はキャプテンシート。フカフカな乗り心地ではないが、カラダをほどよくホールドしてくれるシートは、スポーティイメージの強いダッジならでは。

グランドキャラバンの何よりの特徴が、2~3列目シートの床下収納機能。2列目は左右それぞれが独立して、3列目は3対7に分割して、床下にすっぽりたたみ込むことができる。たたんでしまうとフロアに障害物は何もなく、まさにフラットだ。荷物の量やカタチ、また乗車人数に合わせ、自由にアレンジできるので、長尺モノや大型の荷物の積載もOK。極上の乗用車でありながら、実用性の高いトランスポーターとしても活用できるのだ。

全長は5mオーバー、全幅も2mに迫るボディだが、スクエアなフォルムは見切りもよく、取り回しに大きさはあまり感じない。全高は国産ミニバンなどと比較して低めだが、低床設計で室内の広さは余裕の一言。居住性に圧迫感もない。2列目以降の乗降は両側スライドドアを採用。オート開閉機能で室内へのアクセスもイージー。日本車のミニバンほど押しの強さはないが、むしろそれが存在感を引き立てる。

タイヤはP225/65R17サイズ、ミシュランのグリーンタイヤ(エコタイヤ)を純正で採用している。ホイールももちろん、オリジナルのアルミ。燃費のいい走りに貢献してくれる。

DSC_1383_opt

エンジンはグランドチェロキーやラングラーにも採用される3.6ℓ V6、トランスミッションはシーケンシャルモード付きの6速ATを組み合わせる。駆動方式はFFだ。スペックは283ps、燃費はJC08モードの報告はないが、同じ仕様のラングラーの場合だと7.5km/ℓ。車重からしても、もう少し良好だろう。

DSC_1379_opt

数値的には日本車のミニバンより大きな全長×全幅だが、前後見切りのよさ、スクエアな車両感覚の取りやすさで、意外なほど取り回しはよく、運転しやすい。エンジンは馬力もあるが、むしろ低速からモリモリ沸き上がるようなトルクが魅力。フル乗車時やフル積載時でも俊敏な走りが得られそう。足腰にもスタビリティがあり、ちょっとペタペタした印象の国産ミニバンの乗り味とは一線を画す。ドライブの安心感なら、アメ車が絶対、上なのだ。

ダッジ・グランドキャラバン主要諸元
ハンドル 左
トランスミッション 6-Speed Automatic 62TE Transmission
外装色 Brilliant Black Crystal Pearl
内装色 Black
車両総重量 2,744㎏ 車両重量 2,050㎏
全長 5,174㎜ 全幅 1,990㎜ 全高 1,753㎜
ホイールベース 3,078㎜
乗車定員 7名
エンジン 3.6ℓ V6 24V VVT Engine (283ps)
ホイール 17×6.5 Aluminum Wheels
タイヤ P225/65R17 BSW All Season Tires
内装 Leather-faced seats

ファイブスター東都
(ジープ府中/ジープ武蔵野/ジープ板橋/ジープ江戸川/ジープ浦和)

住所:東京都府中市西府町2-21-1(本社)
Tel:042-352-3111 URL:http://fivestartoto.com

クライスラー/ジープの正規ディーラーとして東京・埼玉に5店舗を展開する「ファイブスター東都」。毎夏の恒例となった「ネイチャーミーティング」や、情報誌「One&Only」の発行など、充実のJeepライフをバックアップしてくれる! またダッジ車など、日本への正規輸入が打ち切られたクルマも、独自の輸入体制“プレミアムダイレクト”で入手することができる。もちろん日本の保安基準に合わせた仕様に改善され、アフター体制もディーラー基準で万全なのだ。

PHOTO■相場恒弘 TEXT■高坂義信

アメ車マガジン 2018年1月号掲載


関連記事

  1. AL3O0020 突き抜けた存在感を放ち究極進化を遂げる! 2013y DODGE…
  2. Limited to 650 vehicles globally, and available on Grand Sport 3LT and Z06 3LZ trims, the Carbon 65 Edition features visible carbon fiber exterior elements, a new Ceramic Matrix Gray exterior color and special interior appointments, including a new carbon fiber-rimmed steering wheel. シボレー・コルベット生誕65周年を記念したシリアルナンバー入りの…
  3. _HMP536411 ヘルキャット・ワイドボディが、WHAコーポレーションに到着!
  4. IMG_1038 絶対に浮気なんてしませんよ! 嫌いになる理由がないですから!20…
  5. 収容力を求めるならこれしかない大型ペットを乗せるにも便利 シボレ…
  6. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  7. Chevrolet Camaro (11) 日本仕様が遂に発売開始!!CHEVROLET CAMARO
  8. 000 家族の理解は得られなくとも我が道を行く シボレーアストロ / サ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP