GMC

ボディを傷めることなくラットスタイルが可能なエイジング塗装。

3M7A1146-1

技術とセンスが光る
高品質なエイジング塗装
GMC SAFARI RUSTY

ボディを傷めることなくラットスタイルが可能なエイジング塗装。本物のラットスタイルと比べても、全く見劣りしない見事な仕上がりを見せるエイジングカスタムがここにある。

3M7A1146-1 のコピー

塗って演出するのではなく、落として醸し出す手法

ボディのサビをカスタムと捉えたラットスタイル。アメリカで流行したこのカスタムスタイルは、キャンディ塗装やラッピングなどとは一線を画したワイルドな見た目が印象的であり、破滅的でもあった。その迫力ある見た目とは裏腹に、ボディが朽ち果てるという危うさも持ち合わせる部分は弱点でもある。そこで次に登場したのがエイジングペイントだ。まるでサビが発生しているかのごとく塗装を施すというアプローチのため、ボディがサビで劣化するという心配はない。ただし、これはまさしく職人技が必要なカスタムであり、ペインターの力量とセンス次第で仕上がりは大きく変わる。見事にサビを再現しているものもあれば、クオリティが低いものがあるというのも実情だ。

そしてここに登場するGMC・サファリもエイジング塗装が施された1台。元々はフォードライブクロスフィールドのデモカーとして製作された車両で、シルバーカラーのボディの各部には、忠実にサビが再現されている。このエイジング塗装だが、まずはボディ全体をサビ色の基となる茶系で塗装し、それを落としながらサビ色を演出するという工程を辿っている。言葉にすると簡単ではあるが、かなり手間暇の掛かる作業を実施しているのだ。サビ色をボディの上から塗る手法とは異なり、その仕上がりはお見事と言うにふさわしいものとなっている。

3M7A1182-1

3M7A1166-1

1996年型のGMC・サファリ(新並)をベースに、エイジング塗装を実施した車両。

ボンネットやルーフといった鉄板部分のエイジング塗装が見事であることに加え、サイドミラーやバンパーなど、樹脂部に再現された“サビ具合”も見とれてしまうほどの仕上がりだ!

Fourdrive crossfield【フォードライブクロスフィールド】
ADDRESS:茨城県ひたちなか市高野1777-20
TEL:029-202-0909 FAX:029-202-0200
OPEN:9:00 ~ 19:00
CLOSED:毎週木曜日
URL:http://www.fourdrive.jp/cf/

3M7A1214-1

■Photo:清野央 ■Text:マーク清原

アメ車マガジン 2018年 10月号掲載


関連記事

  1. _N6I5767 魅力溢れる80~90年代のアメ車たち【C3 Corvette/C…
  2. GMC Yukon Denali、GMCユーコンデナリ カジュアルにも使える豪華装備充実のデナリ
  3. 日本で一番売れたアメ車はこれ!? 今も大切に乗る人たちがいる シ…
  4. DSC_5361 ミニバン大国の日本市場 本場流で差別化を図る クライスラーパシフ…
  5. DSC_3204_opt XT5 CROSSOVERデビュー 早速シボレー名岐ならではのア…
  6. IMG_1038 絶対に浮気なんてしませんよ! 嫌いになる理由がないですから!20…
  7. 1991 GMC VANDURA、1991 GMCバンデューラ アルコアホイールと定番スタイルだったバンデューラを大胆リメイク
  8. IMG_2175 ケータリングカーとして活躍するシボレーP10ステップバン。キュー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP