イベントレポート

C/K乗りによるキャンプミーティング 今回は九州に上陸!!

C/K CAMP Vol.4 in KYUSYU

C/K Parts Shop Presents
C/K CAMP Vol.4 in KYUSYU

2018 7/28(sat)~ 29(sun)
at 大分県・久住高原ボイボイキャンプ場

C/K CAMP Vol.4 in KYUSYU

天気良好! 視界良好!! 気分も良好!!! オーナーならマストなシボレーC/Kの宴【C/Kキャンプ Vol.3 in 柏崎】

台風が近づいていてもC/K乗りの絆は固い

C/K CAMP Vol.4 in KYUSYU

久住連山と阿蘇を一望する開放的な牧草地が広がる、大分県久住高原ボイボイキャンプ場にて開催されたC/Kキャンプ。台風の進路が心配される中、嵐の前の静けさかキャンプ場は見事な青空で、さらに標高も高く過ごしやすい気温。しかし、日差しが強いので急いでタープを張る参加者たち。この日集まったのはサバーバン、タホ、ユーコン、C‐1500×3、シエラ、センチュリー(リーガル)、ラムバンの合計9台。

ラムバン

C‐1500

C‐1500

シエラ

センチュリー(リーガル)

ユーコン

サバーバン

タホ

 

主催者である森谷さんは新潟県から駆け付けているだけに、現地大分の美味しい物を食べようと来る途中に「とり天」を仕入れ、ライスクッカーで炊いたご飯で「鳥めし」を作り、肉はもちろん九州鹿児島産黒毛和牛。参加人数が少ないからこそできた贅沢と満足気。それに新潟から持参したという「とちおのあぶらげ」も参加者たちに大好評でニンマリ。お酒は新潟のビールと日本酒、そして九州といえば焼酎! しかし、九州勢は飲めない方が多く、九州男児のイメージは完全に崩壊。九州といえばみんなお酒強いイメージなんだけど(笑)。それでも、宿泊組は遅くまで宴を楽しんだ様子。

DSC_5801

DSC_5796

夜になると台風の影響で風が強くなり、タープなどは夜のうちに撤収。さらに朝5時にはすべてのキャンプ道具の片づけを終え、7時頃には解散するといった状況のため、残念ながら日曜の部は台風のため中止。

日曜だけ参加するといった人も多かったのだが、こればっかりは仕方がない。土曜日だけでも無事に開催できたのは本当に良かった。

■主催/C/K Parts Shop
HP:http://store.shopping.yahoo.co.jp/ck-parts

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE

アメ車マガジン 2018年 12月号


関連記事

  1. IMGM2175 アストロ&サファリで繋がる楽しい仲間たち シェビーストリーム全国…
  2. ネイチャーミーティング2019 ジープとともに家族全員で自然を満喫する2日間
  3. DSC_3329_opt 二週連続で台風上陸の最中に敢行した大阪秋の名物イベント!【OSA…
  4. ホットロッドカスタムショー2018 益々人気 沸騰のホットロッドカスタムショー 日本最高峰のアメ車カ…
  5. DSC_6320 2017 CROSS FIVE JAPAN TOUR FINAL…
  6. DSC_0505 世界一長い歴史を誇るインドアカーショー「グランドナショナルロード…
  7. _DSC5409 ジェットのオーナーの輪を広げよう計画 まずはナイトミーティングだ…
  8. _8MP4849 ウイングオートが、年に1度のユーザー参加大規模イベント、ウイング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP