クーペ

C7を、サーキット走行をターゲットにした仕様にHPPがチューニング

2017y CHEVROLET CORVETTE、C7、2017y シボレーコルベット

2017y CHEVROLET CORVETTE、C7、2017y シボレーコルベット

2017y CHEVROLET CORVETTE

EXCITING CUSTOM
“ 個性”と“ こだわり”がCUSTOM をENJOY させる

車両本来のバランスを崩さず、能力を引き上げるチューニング

走りが楽しいと思えるチューニングを施す!

アメリカンスポーツの伝統モデルであるコルベット。その現行モデルC7をチューニングするとなれば、それ相応の技術と経験が必要となる。むやみに手を加えればデチューンしかねない繊細なC7を、サーキット走行をターゲットにした仕様にHPPがチューニングを施した。

チューナーも興奮するC7のチューニング

チャレンジャーやエコブーストマスタングなどのチューニングで、こだわりのモデルを数々と製作してきた埼玉のHPPが、アメリカンスポーツの王道であるコルベットC7のチューニングを行なった。

車重が1.5トンと軽量で6.2ℓV8のエンジンを持つC7に対し、HPP代表の長池氏が出した答えが「素の状態でも能力が高いので、バランスを考慮したチューニングにすること」だ。車両はあくまでもサーキット走行を見据えており、GTウイング、フロントカナードを装着。ブラックのストライプも、走りのモデルを誇示するためには必需品の部分。

ポイントであるチューニングメニューは、AFEインテークキット、KATECH 103mmスロットル、MSDインテークマニホールド&プラグワイヤー、ブリスクレーシングプラグ、ディアブロスポーツi3プラチナム+現車セッティングが行なわれている。

足回りも合わせて強化するのがチューニングの基本となるが、テスト走行した結果、現状はAFEスウェーバー追加のみでバランスを取った。今後テスト走行を重ね、ホイールの交換、オリジナルサスペンションの追加も検討しているようだ。

車両の状態をじっくり見て、手を加える部分を吟味する。それこそが、本当のチューナーの腕の見せ所なのだ。

2017y CHEVROLET CORVETTE、C7、2017y シボレーコルベット

ショップデモカーがチャレンジャーで、エコブーストマスタングのチューニングが大きく紹介されたことで、HPPのイメージでGM系は薄かったのだが、このC7によってショップにGMブームがやってくるかも? 代表の長池氏は「改めてC7の凄さに惚れました。つくづく車重の軽さは走りに重要だと思いましたね」と語る。

 

今回のC7とは関係無いのだが 、HPPデモカーであるチャレンジャーに、HPPオリジナルワイドフェンダーが登場。純正ホイールアーチのラインを崩さずワイド化し、走行性能を犠牲にしないた仕様となっている。まさにチューニングショップが作り上げたワイドフェンダーだ。

エンジン系はAFEインテークキット、KATECH 103mmスロットル、MSD インテークマニホールド&プラグワイヤー、ブリスク レーシングプ ラグ、ディアブ ロスポーツi3プラチナム+現車セッティングによりチュー ニングが施されている。

ホイールは現在は純正のまま。今後テスト走行を重ねてホイール変更も検討していく。

 

純正ブランドから発売されているフロントカナードを装着。リップなどもキットパーツだ。

 

国産メーカーのサード・GTウイングを追加。サーキット走行仕様ならではのパーツである。

ここに注目!! ”HOT” CUSTOM
むやみなチューニングはせず、バランスをしっかり考える

様々なチューニングパーツを加えていくことで必ず性能が向上するワケではなく、正しいセッティングとパーツの組み合わせが重要となる。今回のC7の場合、足回りのチューニングはAFEスウェイバー (写真オレンジの部分)の追加のみでとどめた。現状の車両の走行性能のバランスを見た上での結論だ。テスト走行を重ねていけば今後変更していく可能性もあるが、むやみにチューニングしないということも、HPPのこだわりでもある。

■Produce:HPP
■TEL:048-577-7341
■URL:https://www.hpp-jpn.com/

■Photo:FUMIO KOGA
■Text:KAZUTAKE SOMA

アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


関連記事

  1. AM3I0151 チャレンジャー愛が溢れる、注目の2人が初対談!!【LUXZ 代表…
  2. DSC_2095 異なる楽しみ方を堪能 シボレーカマロ & GMCユーコ…
  3. DSC_4365 驚異のポテンシャルを秘めた ハースト・チャレンジャー【キャンディ…
  4. main エレノアらしい“走り”を磨き上げた珠玉の一台、シェルビーマスタン…
  5. シボレーサバーバン、シボレーC1500 自分たちより年上のC-1500とサバーバンを相棒にアメ車道楽を追…
  6. 0S7A1337 ラグジュアリーパーソナルカーを象徴する4th 1964 フォード…
  7. Scat Pack 1320 ネーミングの「1320」はドラッグレースのスタートからゴールまで…
  8. フォードマスタング、FORD MUSTANG たまたま見かけた50thアニバーサリーのマスタングに一目惚れ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP