セダン

700hpオーバーのエンジン搭載 世界最強の4ドアセダン!! ダッジチャージャー

2016 Dodge Charger SRT Hellcat

American Cars Best 20
DODGE CHARGER(ダッジチャージャー)
1966-78y, 81-87, 2006y-

かつてのチャージャーファンからすると、「4ドアセダン」は違うんじゃないかとか、チョット丸っこくなりすぎじゃないかとか、言いたいことがあるかもしれないが、今のチャージャーもチャレンジャーと並ぶ立派なマッスルカーであることに違いはない。

「ダッジ・チャージャー」というクルマは、これまでに3つのまったく異なるスタイルでリリースされてきた。最初は1966年からの2ドアインターミディエイトファストバックマッスルカーの時代、次は1981年からのサブコンパクトスポーティカーの時代、そして現在の4ドアフルサイズセダンマッスルカーである。このうち、2番目のサブコンパクトチャージャーは、現在の日本ではまず目にする機会がない。というか、ひょっとすると1台も実車が無い可能性もあるのではないか。でも最初のインターミディエイトマッスルのチャージャーはたくさんあるし、いわゆるモパーマッスルとして、インターミディエイトクラスという独自の存在であることもあって、熱烈なファンが多い。そのチャージャーと現在のチャージャーは、実はまったくつながりがない。実際のところ同じなのは名前だけだ。しかし、現在の4ドアセダンマッスルカーとしてのチャージャーは好評である。最初の4ドアチャージャーは2006年モデルでのデビュー。ダッジブランドのアイデンティティであるクロスヘアグリルを大きくフィーチャーしたスタイリングだった。その後、2011年モデルでモデルチェンジ。スタイリングは一見キープコンセプトに見えたが、シャシーは一新され、新たなLXプラットフォームをベースとしたものだった。その後、2015年モデルでスタイリングを一新、この時はシャシー関係はキャリーオーバーであり、実はモデルチェンジではない。そのへんのモデルレンジはあくまでも同じLXプラットフォームを使用しているクライスラー300と同じ流れに従っているので注意が必要。そしてそのフェイスリフトが行なわれた2015年モデルで、世界最強の搭載エンジンを獲得する。707hpを発揮するヘルキャットエンジンを搭載したSRTヘルキャットである。ヘルキャットはチャレンジャーの方が先に発表されたが、どちらも同じ2015年モデルでの発売となった。このへんを見ると、チャージャーを単なるフルサイズ4ドアセダンではなく、チャレンジャーの4ドア版マッスルカーとして位置づけているダッジの戦略が理解できる。そうした考え方は、現在のチャージャーにデイトナ392やR/Tスキャットパックなどのバリエーションがあることにも表れている。チャージャーの最新のエンジンラインナップは、先ほどのヘルキャット6.2ℓV8HEMIスーパーチャージャー(707hp/89.8kg-m)、6.4ℓV8HEMI(485hp/65.7kg-m)、5.7ℓV8HEMI(370hp/54.6kg-m)、3.6ℓV6(300hp/36.5kg-m)という4種類で、これはチャレンジャー・デーモンをドラッグレース専用車という特別な存在として除外すると、チャレンジャーとまったく同じものである。かつてのゴリゴリのマッスルカーと違って今のクルマはインジェクションなので、アクセルを踏み込めばエンジンが唸りを上げて加速するが、街中で大人しく走っている分には大パワーエンジンであることを意識する必要がない。日常の足として普通に使える高性能車なのである。だから、チャージャーが4ドアセダンであることに意味がある。家族を乗せて走れるマッスルカーなのである。

2016 Dodge Charger SRT Hellcat Specifications
全長 5100㎜
全幅 1905㎜
全高 1478㎜
ホイールベース 3058㎜
トレッド 前 1610㎜/後 1617㎜
重量 2075kg
エンジンタイプ V8 OHV スーパーチャージャー
総排気量 6.2ℓ
内径×行程 104.1㎜× 91.4㎜
圧縮比 9.5 : 1
最高出力 707hp / 6000rpm
最大トルク 89.8kg-m / 4800rpm
燃料供給装置 電子式燃料噴射( 筒内直接噴射)
変速機 8AT
EPA燃費 市街地5.5㎞ /ℓ/高速9.4㎞ /ℓ
サスペンション前 ショートロングアーム・コイルスプリング
サスペンション後 マルチリンク・コイルスプリング
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク・6ピストン
ブレーキ後 ベンチレーテッドディスク・4ピストン
タイヤサイズ前後 P275/40VR20

1st Generation
1966-67

1966

1964年4月に一般公開された最初のフォードマスタングの一人勝ち状態にくさびを打ち込むべく企画された初代チャージャー。マスタングのガチンコのライバルではなく、少しずらしたインターミディエイトクラスとして新たなマーケットの開拓を狙った。

2nd Generation
1968-70

1968

パーソナル・ラグジュアリーカーとしての初代モデルの販売が思うように伸びなかったのを受けて、第二世代はマッスルカーとしての性格を前面に出したデザインとされた。より強力でATとの組みあわせも可能な440エンジンも好評だった。

3rd Generation
1971-74

1972

マスキー法による排ガス規制やオイルショックなど、マッスルカーにとっては真っ向からの向い風と言える状況の中でパワーダウンを余儀なくされた第三世代。状況の急変の中で有効な手を打てずにチャージャーの販売台数も急激に減っていった。

4th Generation
1975-78

1975

もはやマッスルカーではなくなってしまったチャージャー。それでも魅力を付加するべく、豪華な装備を施してパーソナル・ラグジュアリーカー路線へと舵を切ったが、結果的にチャージャーとしての存続を諦めることになった。

5th Generation
1981-87

1985

以前のチャージャーとはまったく違うサブコンパクトスポーツとしてチャージャーの名前を復活させた第五世代。他メーカーも似たような車種を用意したものの、どれも決定打になることはなく、一時のつなぎ的な存在として認識されるにとどまっている。

6th Generation
2006-10

2006

4ドア?という反応も一部にあったものの、2005年モデルからの5thマスタングがヒットモデルになっており、チャージャーもあわせて「リバイバルマッスルカー」などと呼ばれ、ブームの兆しが見える。ここからチャレンジャーの企画も進んでいくのだ。

CUSTOMIZED MODELS

最速のファミリーカー

日本に入ってきたチャージャーのヘルキャットを早速カスタム。とはいえ最初の1台に既存のパーツはない。コルベットやマスタング用のパーツを加工して取り付けたり、欧州車用のパーツを3車種から集めて切ってつないでひとつのパーツを造ったり、ということを繰り広げた結果として仕上がったのがこれ。まさに唯一無二。

http://www.revolver-customs.com

AM3I024666_

現行モデルのチャージャーへと連なる流れは、最初から4ドアセダンとしてのものだった。当時はGMがカマロ/ファイアーバードの廃止を決断するほどだったので、そもそも新たなクーペモデルの企画が進むはずがない。クライスラー社が独ダイムラーに吸収されて翌1999年のデトロイトショーに「ダッジ・チャージャーR/Tコンセプト」という名のコンセプトカーが出展された。この時点でチャージャーのデザインコンセプトはすでに固まっていて、クーペスタイルであるのは間違いないが4ドアであることは明確にアピールされていた。ただし当時のクライスラー社にはチャージャーに使用する適当なFRシャシーが無く、メルセデスベンツの設計を使用したLXをプラットフォームによって実現されることになった。その段階でマグナムやクライスラー300との関係も構築されていったのである。

1999 Dodge Charger R/T Concept

https://www.dodge.com

■Text|アメ車MAGAZINE

2018年 アメ車マガジン 3月号掲載


関連記事

  1. AM3I0150 高校時代に一目惚れ、300に対する愛は深い クライスラー300 …
  2. IMG_0712 初代チャレンジャーの魂を色濃く反映 MOPARらしさが光る「T/…
  3. 01_GC_Main2_opt カスタムも視野に入る 59年型シボレーインパラ【グレイスキャブ】…
  4. _8MA2237 オリジナルの良さを伸ばしカスタム魂を刺激させる!ダッジチャージャ…
  5. N6I5519 V6で何が悪い?! スポーティに走れるダッジ【グッドスピードイン…
  6. _N6I9096 ファッションのような気分でクルマをチョイス クライスラー300C…
  7. DSC_8263 惹かれた一番の要因はフロントフェイス クライスラー300C MA…
  8. DSC_4517 ハイインパクトカラーに身を包んだダッジブラザー【BUBU横浜】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP